翁さんのらーめん道はまだまだ続く サセックスフードコートに移転 | 今月のレストラン紹介!

翁さんのらーめん道はまだまだ続く サセックスフードコートに移転 | 今月のレストラン紹介!

 

 

翁さんのらーめん道はまだまだ続く

 

サセックスフードコートに移転

 

 

「味に関して一生納得することはない」と、常に味の極みを求める翁さんの『翁さんらーめん』が2月19日、ついに新天地でグランドオープンをする。


北九州で産声を上げた翁さんのらーめん道。振り返れば、初代『ちゅるるちゅーら』が『九州ラーメン総選挙2008』で3位に選ばれた後、自分の腕を信じて東京へと渡った翁さん。板橋、新宿、そして早稲田と出店が続くなかで、板橋の店『自家製麺 CONCEPT』ではラーメンデータベースで全国1位に選ばれた。日本で10年頑張ったら海外で出店することを夢見ていた翁さんは2014年、ついにカンボジアへと渡る。プノンペンで2店をオープンした後に、シドニーでの出店へとたどり着いたのだ。チャイナタウンのディクソン・ハウス・フードコートにて暖簾を掲げた翁さんらーめん。とんこつを代表に、鶏醤油、和風ダシ、濃厚ソースベースのスープで、次郎系の相撲らーめんや背油らーめんなど、バラエティに富んだ品揃えが客を魅了したことは記憶に新しい。リースの関係で2016年末に移転を余儀なくされたが、チャイナタウン内のサセックス・フードコート内に無事に新天地を見つけた。もともと『麺一究』のあった場所と言えばわかりやすいだろうか。


新店舗ではとことん豚骨にこだわった内容で勝負する。また今回は自家製麺が可能なため、以前は不定期にて提供していた日本一の称号を持つ翁さんの豚骨つけ麺も、常時オーダーできるから嬉しい。そのほか目新しいメニューとしては、10ドルで食すことのできる元祖・久留米とんこつラーメンや翁さん讃岐うどんなどが実に気になるところだ。四六時中試行錯誤を繰り返し、紆余曲折しながら進んでいく翁さんのらーめん道。その最先端となる当店の気合いの入ったラーメンの数々を堪能あれ。

 

 

 

元祖・久留米豚骨らーめん
10ドル/L13ドル

 

 

 

左:横浜家系豚骨らーめん
12・50ドル/L15・50ドル

 

右:翁さん讃岐うどん
13ドル

 

 

 

 

左:背脂醤油豚骨らーめん
13ドル/L16ドル

 

右:翁さん豚骨つけ麺
S15ドル/M17ドル/L19ドル

 

 

 

翁和輝経歴
2004年7月 超激戦区の北九州市でとんこつラーメン店ちゅるるちゅーらをオープン
2008年7月 東京都板橋にて自家製麺コンセプトをオープン 
2009年9月 東京都新宿区にて自家製麺ワンズワンズをオープン
2009年9月 東京都板橋にて自家製麺ワンズワンズをオープン
2012年10月 東京都早稲田にて自家製麺オールドマンをオープン
2014年7月 カンボジア、プノンペンに翁さんラーメンをオープン
2015年2月 オーストラリア、シドニーに翁さんラーメンをオープン
2017年2月 翁さんラーメンがサセックスフードコートに移転

  

 

翁さんらーめん
Shop F1A, 401 Sussex St., Sussex Centre Food Court Sydney
Tel: 0439 945 245
営業時間:12:00〜20:30 Open 7days
FB:https://m.facebook.com/osanramensydney


ページトップへ