ニュータウンに本格居酒屋 iiza -いーざ- | 今月のレストラン紹介!

2月下旬、ニュータウンに待望の居酒屋『iiza』がオープンした。大衆的な憩いの場であるiizaは、日本人の生活や心と深く結びついた文化とも言える〝居酒屋〟をシドニーに紹介したいという志によりできた。当店の信念は、料理をローカルの人々の嗜好に合わせるのではなく、むしろそういった人々に本物の日本食の魅力を伝えていきたい、というもの。それゆえに当店が提案する品々は、細部に至るまで日本人の味覚に沿って作られている。
10ドル未満に設定された〝前菜〟は、ナス田楽、揚げ出し豆腐、マグロユッケなどの居酒屋定番メニューが一品物として数多く揃い、お酒の絶好の当てとしてテーブルを彩ってくれる。シドニーではまだ見る機会の少ない〝煮込み〟は、牛スジ煮込み、和風ポトフ、三平汁など、広いレンジで、手の込んだ品を味わえる。旬の素材にこだわった寿司、刺身から焼き物、サラダまでがずらりと並ぶ、そのメニューの充実ぶりは飽くなき食の好奇心を誘うものだ。非常に高いクオリティながら、6ドルという価格で統一された各種デザートは、当店からの素敵なプレゼントと言えるだろう。
リーズナブルな値段設定ながら、一品一品のプレゼンテーションの質は非常に高い。ジャパニーズ・レストランの少ないニュータウンで今後、当店が大きな話題になることは間違いないだろう。そんなiizaを日々における、くだけた社交場として気軽に利用していってほしい。〝気軽に立ち寄っていただく〟、それこそ当店が最も望んでいることであり、何よりも嬉しいことなのだ。

焼き鳥盛り合わせ($17.50)

あっさり風味のもも肉のたれ、山椒の効いた自家製つくね、チーズ、アンチョビバジルソースと合わせたむね肉、西京味噌ドレッシングでいただく野菜の串焼き。それぞれ実に手の込んだ焼き鳥は数量限定で、売り切れ次第終了となる人気の品だ。

寿司盛り合わせ($26)、いーざロール($10.80)

サーモンとキングフィッシュの炙り、カツオの漬けなど、当店自慢の寿司を幅広く、一挙に味わえてしまう盛り合わせ。ゆず胡椒、梅肉など、それぞれのネタに合わせた薬味も心憎い。数種のネタが詰め込まれた、オリジナル「いーざロール」の贅沢な味わいも見逃せない。

 

刺身盛り合わせ(Deluxe、$24)

日々マーケットに通い、旬の素材を見定めて仕入れるという魚は、鮮やかなツヤからその活きの良さが伝わってくる。マグロ、サーモンといった定番の刺身のほか、アジやキンキなど通好みのものまで楽しめる。

ナス田楽($7.80)

鶏肉、ザーサイ、タケノコと、三種類の味噌(八丁味噌、白味噌、甜麺醤)を合わせて創った肉味噌は、複雑で豊かな旨みをたっぷりと含み、オーストラリア特有の甘く、みずみずしいナスの魅力をぐっと引き立てる。

牛スジ煮込み($13)

数種類の味噌とブレンドした八丁味噌のスープとともに、丸2日かけ、とろける寸前まで煮込まれた和牛スジは絶品。赤ワインのまろやかな香りが深いコクと軽い後味を同時に演出している。味噌とバターの相性の良さに着眼して添えられた、ガーリックトーストと一緒に味わう。

 

きなこのチーズケーキ($6)

しっとりとしたチーズケーキに、きなこが和のやわらかい甘みを加える。

黒糖ブリュレ($6)

濃厚なカスタードと、黒糖カラメルの素朴な甘みが絶妙に混ざり合う。

杏仁豆腐($6)

とろとろの滑らかな舌触りとともに、クリーミーな風味がやさしく香る。

 

ページトップへ