「大阪の串揚げ」が味わえる日本の大衆居酒屋 MyZakaya | 今月のレストラン紹介!
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  •   

     

     

     

    アートの空気が漂うおしゃれな街として知られるサリーヒルズを散策していると、突如、大きな赤提灯がふたつ灯っているのが目に入る。開け放たれたドアから昭和の歌謡曲が聞こえ、引き寄せられるようにして店内へ足を踏み入れると、甚平姿のスタッフがお出迎え。壁には東京下町の居酒屋を思わせるような板書きのメニューがぶら下がり、棚には焼酎や日本酒の瓶がぎっしりと並んでいる。

     

    「お洒落な店が多いオーストラリアだからこそ、気楽に入れる日本の大衆居酒屋のような〝安くて美味しい〟店を作りたい」と、10月中旬にオープンした『My Zakaya』。そのヘッドシェフは、同じくサリーヒルズで人気を集める『Jazushi』で4年間ヘッドシェフを務めていた高島理(おさむ)氏だ。もともと設計事務所に勤めていたという彼は、高校時代にすし屋で3年間働いていた経験から「やっぱり俺は料理が好きだ」との思いを固めて26歳で会社を辞め、創作料理レストランで働き始めた。すぐに頭角を現し店長に抜擢され、二年間その店をとりしきった後、「料理だけではお客さんの気持ちが分からない」と、自らイタリアンレストランのフロアとして働き、ワーキングホリデーでシドニーへ。その一週間後には『Jazushi』で働き始め、ヘッドシェフとなった。大阪生まれの理シェフが自信を持って提供する「本場の串揚げ」は、研究しつくされた手法による油っこくない仕上がりで、明らかに他の店のフライとは一線を画する。その他にもバジルペーストに西京味噌を合わせたソースや、手作りの皿にずらりと一列で並べた寿司セットなど、調味料の合わせ方や盛り付け方に創作料理の経験が生かされ、「おっ」と思う新しい美味しさに出会える。

     

    「お客様に好まれるようなお酒を仕入れようと調べてますよ」と理シェフ。オープン以降、宣伝は一切していないという取材当時も、ローカルのグループが立て続けに訪れていた。少し足を伸ばしてでも行く価値のある確かな味だと、自信をもってお勧めしたい。

     

     

     

    左:Seasonal Vegetable Sticks($7.50)


    旬の野菜を、西京味噌、くるみ、鰹節で仕立てた焼き味噌にディップしていただく野菜スティック。たかが野菜スティックとあなどるなかれ。鰹の風味が効いた甘みのある焼き味噌は、くるみの歯ごたえも楽しく、香ばしく新鮮な味わいでついつい手が伸びる。

     

    右:Home-made Pan-fried 'Gyoza' Dumpling -6pcs ($8.50)


    「おかんの餃子がめちゃめちゃ美味しくて。その味に近づくのにすごい時間がかかりました」と理シェフが語る自慢の餃子。表面はパリッと、側面はもちもちの餃子をひと口かじれば、ふわっと香るにんにくとニラの香りに豚肉の旨み、キャベツのシャキシャキ感が無敵の美味しさ。

     

     


     

    左:Kingfish Carpaccio ($16)


    薄切りにしたキングフィッシュに、約200度まで熱した油をかけ、ソースの中のにんにく、しょうが、ライムの香りがフワァッとあがる個性的なカルパッチョ。食欲を誘うゴマ油の香りとともに口に運べば、ほどよく脂がのったキングフィッシュがとろける絶品。

     

    右:Salmon Tataki ($11.50)


    直火で炙ったサーモンを甘辛いソースで仕上げた一品。脂の多すぎない部位を使用しあっさりと食べられるサーモンは、載せられたアボカドのクリーミーさと、甘めのソース、さらに粒胡椒のピリッとした後味とよくマッチし、ついつい箸が進む。

     



     

    左:Grilled Salmon Belly 'Harasu-Yaki' ($12.50)


    一匹から二本しかとれないという鮭ハラスは、売り切れ御免の限定品。絶妙な焼き加減で、口に含めばとろりととろける身から脂のやさしい甘みが広がり、思わずうなってしまうほど。さりげなく添えられたレモンと大根おろしでさっぱりさをプラスして。

     

    右:Grilled 'Cha-shu'  Pork Belly ($13.50)


    仕込みに二日間をかけているというチャーシュー。脂が多い豪州の豚肉を、米のとぎ汁を使って丁寧に脂抜きしており、やわらかでありながらくどさはなく、しっかりと肉の旨みが味わえる。オレンジジュース仕立ての自家製ポン酢で爽やかに。

     

     

     

    左:'Daikon' White Radish Salad ($8.50)


    薄くスライスした大根をメインに、鰹節、海苔をたっぷりと盛り付け、梅肉ソースで仕上げたサラダ。シャキシャキの大根が梅肉と鰹にそれはよく合い、単なる"大根サラダ"の概念を覆されるような感動を覚える一品。

     

    右:Assorted 'Kushi-Age' Set ($18.50)


    フリッターを思わせるほど繊細な衣をまとった串揚げは、細かく砕いたパン粉が余分な油を入り込ませず、各素材の旨みをギュッっと閉じ込める。サクッとほおばれば驚くほど軽く、肉や野菜のジューシーさがたまらない。赤ワイン、醤油、ざらめを使ったソース、自家製ポン酢、抹茶塩からお好みの味付けで。

     

     

     

     

    Sashimi Set - Chef's Selection Large-18pcs($24)


    フィッシュマーケットで理シェフ自ら目利きをして選んでくるという旬の魚を使用した刺身の盛り合わせ。ダイナミックな盛り付けは、目で見ても喜びがある。プリプリと身の締まった刺身は舌のうえでも新鮮が感じられるほど。サイズは他にRegular-12pcs($18)もある。

     

     

     

    左:Sushi Set - Chef's Selection Deluxe - 18pcs of Sushi +Roll ($38)


    拍手喝采を送らずにはいられない、ずらりと一列に盛り付けられた寿司セットは、刺身同様シェフの目利きによる新鮮なネタを日替わりで提供。8+ロールのセット($19)12+ロールのセット($27)と、人数に応じて選べる。特注かと思える皿は、なんとヘッドシェフによる手作り。

     

    右:Mixed Cheese Spring Roll Stick 4pcs ($9.50)


    バジルの葉とカマンベール、パルメザン、チェダーのチーズ3種を包んでパリッと揚げた春巻きは、同じ日に同じ客からリピート注文されることもあるという人気メニュー。バジルペーストと西京味噌を合わせた、コクのあるオリジナルソースとともに。

     

     


     

    MyZakaya

    316 Bourke Street, Surry Hills

    Tel:(02) 8354 0901OPEN 7 DAYS:18:0023:00

    BYO (Corkage $3 P.P.)

    ※徒歩ではタウンホール駅から約20分、セントラル駅から約15分。タウンホール近辺からはM10M40301333373377380392394396397399L94など多くのバスが利用できる。

    ※テイクアウェイメニューも展開中

     

     

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ