オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
シドニーグルメ情報

今月のレストラン紹介!


時代を超えて クレセントに登場した

25/06/2014


 

 

大正12年、銀座に初めて暖簾を出して90年。創業以来、関東炊き(かんとだき)を守り続け今にその味を伝えている『お多幸』という老舗のおでん専門店がある。銀座の夜を楽しむ人間にとってはあまりにも有名な同店。暖簾をくぐれば創業以来、継ぎ足しで受け継がれた鍋で煮しめたおでんのいい匂いが漂い、ほのかに甘い香りが胃袋を刺激する。お多幸ならではの真っ黒い汁に煮しめられ、鍋の中でぐつぐつ身を揺らす厳選された種物のひとつ一つに、いまなお匠の技と伝統が継承されている。

初代『お多幸』の男兄弟の末っ子は、その破天荒な性格からか、20年以上勤めた父親の敷いたレールからはずれて独立。まだ見ぬ海外に自分の可能性を求めた。1990年に渡りついた先がオーストラリア。先代の家業だけは絶対にするまいと心に誓い、職を求めた。いくつかの縁からナイトクラブの仕事にたどり着くまではそう時間はかからなかったという。しかし、銀座の野田=『お多幸』と、その看板は遠く離れた南半球にも響いていた。お客におでんが食べたいと頼まれ断りきれず、期限付きでおでんを出すと、瞬く間に日本を恋しく思う駐在者の間で反響を生んだ。こうしてポッツポイントで生まれ、不動の地位を築き上げたナイトクラブは、20年という歳月を経て、その節目に息子の世代へと引き継がれ、同業が次々に店をたたむほどの逆境のなかシティに移転。『クラブ・クレセント』の看板をタウンホールの一等地に掲げることとなった。現在でも昔と変わらず、駐在者や永住者の憩いの場所となっている。

シティに移転後、昨年から復活しているクレセントの冬季限定(7月31日木曜日までを予定)おでん。今年は3世代目となる野田雷太シェフが腕を振るい、その兄のクレセント現オーナー野田嘉宏氏がお客様へおでんをサーブする。雷太シェフと言えば、シドニーポート改築工事のため惜しまれつつ幕を閉じたオーシャンルームの総料理長ということはあまりにも有名。そんな雷太氏の気になる味付けはお多幸とは一味違った、どちらかと言うとダシの味を楽しむ関西煮に近い。お多幸とは一線を引いた路線で勝負することとなる。あれこれ入れすぎず、鰹といりこ、昆布の純粋な美味しさでダシをとり、絶妙な加減の醤油で仕上げたことが分かる。そしておでんだねは、日本人の農家さんから仕入れた大根や骨ごと刷り上げたいわしのつみれ、海老しんじょう、かに飛龍頭(がんもどき)など自家製の練り物、関西で見られるようなたこ足、完熟とまとといった変わりだねをそれぞれ別々で炊き、最後に合わせてもう一度全体で味を直すという手間をかけて仕上げている。『子供の頃からおでんを食べて育ってきた』という雷太シェフ。『原点に戻り、練り物などおでんだねひとつ一つを手作りで提供したい。完全なレストランじゃなく、おでんに集中できるこの環境だからこそ、こだわりたい』とその思いは深い。なお雷太シェフが腕を振るって食材を吟味して用意する日替わりのおつまみも、彼ならではのセンスが光る一品として十分に堪能して頂きたい。

熱々で食べてほしいからという気持ちから、2~3品ずつのペースでおでんをサーブする嘉宏氏。最高でも1日13人くらいまでが限界であろう当店のカウンターで、先代の背中を思い出すかのごとく汗を流している。おでんの共には山崎のハイボールやプレミアムモルツが非常に相性よく、また錫製のちろりで熱したお燗もぜひ試してみてほしい。燗上がりした神亀ひこ孫を楽しみながら突くおでんは格別だ。お腹が満たされたあとは、茶めしにおでん汁をかけ、わさびと刻み糊で仕上げたうずめ飯〝ぶっかけ〟で〆る。

当店は男性のお客様のみならず、女性のお客様も楽しめるので、一段と寒くなってきたシドニーで、時にはほっこりと日本の懐かしい味に触れてみてはいかがだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

左:味がよくしみこんだホクホクの大根は、在豪している日本人の農家から直接仕入れた、こだわりの食材を使用。

右:口の中でとろける変りだねの完熟とまとは、かつお節の風味と非常によくあう。

 

  

 

 

左:おでん開始初日には、息子たちを遠くからだまって眺める父、野田嘉隆氏の姿があった。

中央:ガラスドームでスモークしたいわしのオリーブオイル焼きは、風味が凝縮され骨まで柔らかく仕上がっている。($10)

右:氷水で冷却されながら登場したのはさっぱりヘルシーな鶏わさ。大根のツマやにんじん、刻みネギと合わせて食す。($6)

 

 

 

 

 

 

 

Club Crescent
Basement, 468-472 George Street Sydney
Tel:(02) 9261-1877
Web:www.club-crescent.com.au
おでん営業時間: 19:00 - 21:30過ぎまで
月曜日金曜日のみ (土曜日は必ず事前ご予約ください)
期間:7月31日(木)まで
通常営業時間: 21:00 - 25:00
月曜日土曜日 (日曜、祝祭日休み)

 

   

 


関連記事

昨年5月、本格派の和食をリーズナブルな値段で楽しむことのできるダイニング『心屋』がマルーブラにオープン。

この記事を詳しく見る

2月下旬、ニュータウンに待望の居酒屋『iiza』がオープン。大衆的な憩いの場であるiizaは、日本人の生活や心と深く結びついた文化とも言える〝居酒屋〟をシドニーに紹介したいという志によりできた。

この記事を詳しく見る

昨年12月、クロウズ・ネストに庶民派という言葉の似合う、利用しやすさが特徴の焼肉レストラン『柏』が開店。

この記事を詳しく見る

ほっと息をつくことのできる小料理屋と、落ち着いた空気の流れるバーの要素を併せ持つ『美花』は、ビジネスマンを中心に多くの人が足繁く通う、大人たちの心の拠り所。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

今月のレストラン紹介!

お子様を連れてゆっくり過ごす KOKOROYA ニュータウンに本格居酒屋 iiza -いーざ- 常識破りの量と値段で味わう 柏 忘新年会をふるさと気分で過ごす 美花 魚や 魚の旨い店 懐かしいぬくもりを感じさせる居酒屋 暖暖 フレンチ・ジャパニーズビストロ『blancharu』 豪州における和食の形 Yoshii Restaurant あたたかい陽射しが入りこむ場所 たんぽぽ シドニーのアイコン的レストラン、Ocean Room Shochu Bar & Lounge『TOKONOMA』 KASHIWA 柏 常に進化し続ける日本食を Yukis at the Quay 老舗焼肉店 『KOH-YA』 華・樹林 会 Kai Japanese Restaurant Ichimaru 16-Sixteen 東北の銘酒を楽しめる 隠れ家BAR 美花 ボンダイで出会う東京ジャズ珈琲店 Tokyo Jazz Cafe ほっこり癒される、大人の酒BAR 美花 ヘルシー美女が霞の鍋を選ぶ理由 居酒屋 霞 Oiden おいでん YUKIS AT THE QUAY シェフお勧め 春の新作コースがスタート 2年目を迎え、地元からも愛される日本の焼肉店 YAKINIKU 柏 「大阪の串揚げ」が味わえる日本の大衆居酒屋、 サリーヒルズにオープン My Zakaya パーティプラッター&おせち特集 シドニー初の梅酒バーで酔いしれる 美花 日本の大衆居酒屋、ココにあり 居酒屋 ヱビス 博多ラーメン新登場! めんや CHINATOWN 2周年&オーナーチェンジ記念 いちまるラーメン 祝10周年! しゃぶしゃぶ10ドル 酒半額 あの話題のシェフたちが提供する バレンタインデー厳選コース 居心地のよいラグジュアリーなジャズレストラン Jazushi 行列の焼肉店が3年目を迎える YAKINIKU 柏 日々進化し続ける豚骨ラーメン!いちまる リーズナブルでプチ贅沢! にく蔵 お得なスペシャルディナーが登場!Kai Sydney ニュートラルベイの陽だまり たんぽぽ 東北の酒と肴を楽しむ 美花 本物の北京ダックに会える! Dan'shouse セルフ式のうどん屋 ふじやま製麺 普段使いしたくなるカジュアルダイニン Sushi teikitchen ウィロビーで 本物を味わう 㐂介 KISUKE シドニーで暮らす日本人の「心の拠り所」 だるま 「大阪の串揚げ」が味わえる日本の大衆居酒屋 MyZakaya 地元からも愛される“日本の焼肉” YAKINIKU 柏 外は寒いが、ラーメンは熱い! フレンチ暦25年の実力を活かす 一究 本場博多とんこつラーメン専門店 博多ん丸 祝10周年! しゃぶしゃぶ10ドル 酒半額 今月のレストラン紹介!:麺処まんぷく 女性に嬉しいショートサイズが選べるお店 どっくどっくじゃぽん 「手作り」「できたて」へのこだわり! 本格讃岐うどんをシドニーで食す! 丸亀製麺 妥協を許さない和の最高峰 ROSAN Japanese Cuisine ダブルベイでシーンに合わせて魚を楽しむ 時代を超えて クレセントに登場した 地元民、ウィークエンダーが愛するミッタゴンの老舗 ジャパニーズパスタ&オムライスの専門店が リバプール・ストリートに登場! クローズネストの焼肉・柏が5周年を迎える 2015年は待望の7デイズオープン! グリーン・スクエアに本格日本食店が登場! チャッツウッドに待望の2号店が登場! 8席カウンターのみの贅沢な空間 50年の歳月を経て世界で根付く ランチは激安! 夜は宴で盛り上がる! 寒い冬はほっこりしながらビールと焼肉で決まり! この冬イチオシのメニュー しゃぶしゃぶは食べなきゃ損! 8月3日から定食メニューが続々登場! ランドウィックに日本人シェフによる本格派ハンバーグ店が出現! 7・50ドルから楽しめる新商品が登場! バレンタインデーに訪れたいレストラン 25年間ワーキングホリデー&学生を支える食のデパート オーストラリアのラーメンブーム火付け役 媚びない照り焼きチキンが好感度大! エグゼクティブシェフを独り占めする贅沢空間 グリーブに待望のラーメン店が登場 翁さんのらーめん道はまだまだ続く ヱビス2号店がチャイナタウンに登場! シドニーと山陰を繋ぐ架け橋 隠れ家バー美花がニュートラルベイに移転 青森の地酒に酔いしれよう 大阪の焼鳥カルチャーが ハバーフィールドに登場 新ランチメニューが続々登場! ディナーにはレディースコースもスタート! 日本とオーストラリアの架け橋で楽しむ創作和食 グリーンスクエアで楽しむ本格和食 特集:いまシドニーを騒がせるCafe & Restaurant5選 特集:いまシドニーを騒がせる Cafe & Restaurant 5選 特集:いまシドニーを騒がせる Cafe & Restaurant5選 特集:いまシドニーを騒がせるCafe & Restaurant5選 特集:いまシドニーを騒がせるCafe & Restaurant5選 日本酒、焼酎が20パーセントオフ! 8名に50ドル分バウチャーのお年玉!

CATEGORY

シドニーグルメ情報

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

1234
卓袱台(ちゃぶだい)をひっくり返す言葉 
1235
ブルックベールの隠れ家イタリアン
1236
シドニーでの 年越しプランは もう決まってる?

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase