マレーシアの本場ホーカーを感じよう Malaysian Kopitiam Sedap | Cheers Tasting Notes

 

 

 

マレーシアの本場ホーカーを感じよう

Malaysian Kopitiam

 

居酒屋ヱビス、テンコモリ、チャノマカフェが店を連ねる、タウンホールのリージェントプレイス内飲食店通りに、マレーシアの屋台「ホーカー」を感じさせてくれるお店があるという。しかもこの立地なのに、学生、ワーキングホリデーに優しいお値打ち価格での提供というから信じがたい。早速チアーズ食べ歩き隊が調査へと向かった。

 

店名の「Sedap」とはマレー語で美味しい、「Kopi」はコーヒー、「Tiam」はお店の意味。店名が示すものは「美味しいマレーシアのコーヒーショップ」ということで、早速コンデンスミルクに注がれたマレーシアンコーヒーの香りに誘われて店内へと入る。壁にはマレーシアの子供たちのグラフィティやペナン州の州都ジョージタウンの標識が施され、天井の連なった電球が確かに異国の屋台を思わせる。テーブルや椅子はあえて不ぞろいの物を用意して演出するという徹底振りだ。自身でカウンターへと向かいオーダーをするスタイルを採用している当店。レジの隣では、東南アジアやインドでよく見られるクレープのような軽食「ロティ・チャナイ」の生地を薄く伸ばすためのパフォーマンスや、ドリンクのテータリックをあわ立てるためのパフォーマンスが楽しめる。



2012年にチャッツウッドに第一号店が登場し、その翌年に2店舗目となる当店がリージェントプレイスに登場した。マレーシアから呼び寄せた各店舗のヘッドシェフにより、チャッツウッド店ではマレーシアン&タイフードが、そして当店ではマレーシアンのリアルホーカー(屋台)フードがそれぞれ堪能できる。

 

 

Nasi Lemak ($12.00)
ココナッツライスにサンバルソース、エッグ、ピーナッツ&アンチョビのレギュラーメニューに加え、カレーチキン、ビーフレンダン、サンバルプロウンなどお好みのトッピングが楽しめるマレーシアの家庭的な定食。今回はカレーチキンをチョイス。

 

 

 

 

Roti Canai ($5.50)
オーダーが入ってから生地を空中でスピンして極薄に仕上げ、鉄板で焼き上げるフレッシュなロティカナイ。バターの風味たっぷりでモチモチした生地と、シュリンプペーストの風味溢れるホームメイドカレーソースのピリ辛の相性がよい。

 

 

 

Char Kway Teow ($12.00)
フラットライスヌードルを、チリ、エビ、フィッシュケーキ、ラプチョン(中華腸詰)、もやしなどとともに薄口と濃口醤油、ポークラードで炒めたマレーシアのホーカーフード。野菜はシャキシャキとフレッシュで、フィッシュケーキはフワフワ。さまざまな食感が楽しめ、ラプチョンの風味が全体の味をまとめている。

 

 

Crispy Duck ($24.00)
ディープフライでカリッと揚げたダックを酸味の効いたホームメイドソースで仕上げた逸品。ジューシーなダックの旨みがしっかり閉じ込められている。

 

 

Curry Fish ($17.00)
ティラピアが丸ごと一匹、オクラ、トマト、玉ねぎなどとともに煮込まれた、シグニチャーメニューからの逸品。フィッシュストックと野菜の旨みがスープによくしみこんでいてご飯が進む。

 

 

 

Hainanese Chicken ($12.00)
チキンストックで炊き上げた雞油飯と、プリプリに茹でた鶏肉のぶつ切りが、12ドルでこのボリューム。鶏肉の脂分がゼラチン状に固まったプリプリの食感と、あっさりとした上品な味わいが楽しめる。

 

 

 

左: Ice Kachang ($6.50)

 

右: Teh Tarik ($3.50)

紅茶の風味を引き出すために、コンデンスミルクと紅茶をあわ立てて仕上げるテータリックはマレーシアの飲食物遺産のひとつとして認定されているという。

 

 

Sedap Malaysian Kopiti

Tel: (02) 8021 4424
10-12/501 George St., Sydney

営業時間: 11am – 9:30pm

アクセス:タウンホール駅からセントラル方面へとGeorge Stを進み、George StとBathurst Stの交差点にある、リージェントプレイス内のグランドフロア。

 

 

あなたに代わって気になるお店を潜入取材!!

応募者さまのお名前、お店の名前、お店の特徴および詳細をご明記の上、右記メールアドレスまでご連絡ください。
cheers@cheers.com.au

 

 


ページトップへ