オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
シドニーグルメ情報

Cheers Tasting Notes


バルメインの韓国炭火BBQで和牛を堪能

02/11/2017


 

バルメインの韓国炭火BBQで和牛を堪能

 

Purumiru

 

シドニー郊外のデートスポットで知られるバルメインのメイン通り、ダーリング・ストリートに7月14日、韓国BBQのお店「Purumiru」がオープンして話題を集めている。韓国料理をベースに、炭火で和牛を楽しむコリアン&ジャパニーズテイストのレストランと言えば理解しやすいだろう。30席の店内には桜の枝の隙間から提灯のような灯りが垂れ下がり、壁の一片を占める金弘道の作品が圧巻。

韓国語で「ブルードラゴン」の意味を持つ当店を切り盛りするのはオーストラリア育ちの韓国人のバン姉妹。姉とともに仕込みから焼き場、フロアのマネージメントまで行うキャサリンさんは、18年間日本に滞在経験を持つため日本語が堪能。勤め上げたホテルでのホスピタリティ・エクスペリエンスやロックスの四季レストランでの修行経験を活かした、おもてなしの接客は評価が高い。お客のために肉を焼いてくれる姉妹は無類の焼肉女子。それもそのはず姉妹の母親は、韓国の食の宝庫『全羅道(ぜんらどう)』の出身で、一流のレストラン相手に肉の問屋を営んでいたという。姉妹にとって肉の知識は体にしみこんでいる。もちろん当店のレシピは母親ゆずりの本格派韓国料理。お通し「パンチャン」のレパートリーやキムチの漬け方、肉の旨みを引き出す切り方など伝統の知識に基づいた料理を楽しむことができる。運ばれてくる料理には必ずエディブルフラワーが添えられたり、彩の良いダンプリンが並んだり、「エコ&フレッシュ」が提供するヒノキのアロマが香る〝プレミアムおしぼり〟を採用していたりと、女性の感性を感じることができるプレゼンテーションが人気を後押ししている。

メニューのなかで外してはいけないのが和牛メニュー。その日、業者から手に入る和牛の中でもっとも食べ頃で、マーブルスコア8以上の部位を提供しているという。その和牛に合わせて、アメリカから輸入しているシーソルトがまた面白い。スモーキーフレーバーやヒノキ、抹茶の風味など10種類以上を楽しむことができる。そして使用している野菜はフレミントンマーケットの「エキスポート・フレッシュ」に野菜を買い付けに行くというこだわりよう。元シェフがグロアーとなり、こだわりの食材をクイーンズランドのファームで育てて販売しているエキスポート・フレッシュでは、サラダリーブスをはじめ、ベイビーベジタブルやメスカル、マイクロハーブ、エディブルフラワーなど、鮮度が高くレアな食材を購入できるというわけだ。

夏は外席も用意されるため、炭火の和牛とビールを星空のもと楽しむことができる当店。シティからはバスはもちろん、サーキュラーキーやダーリングハーバーからフェリーも出ているので、ときにはシティを離れて、バルメインでディナーを楽しんでみてはいかがだろうか。

 

 

 

Premium Wagyu BBQ Set $90

 

その日仕入れた新鮮で食べ頃な部位を5種類選んでサーブされる。マーブルスコアは8から9+。本日は、カルビプレート、チャック・テイル・フラップ、オイスターブレード、インサイドスカート、ストリップロインの5種。インサイドスカートは4面で焼いたらジューシーに仕上がって美味しいので四角く切ってサーブされる。 

 

 

 

Korean Dumpling $16

 

抹茶、もち米、サボテンの赤い花、ガーデニア・シーズとそれぞれナチュラルフードでカラーリングをした色鮮やかなダンプリング。豚に豆腐、チャプチェ、チャイブ、ニラ、にんじん、キャベツなどがぎっしり詰まっている。チマチョゴリを着るさいに使う巾着をイメージ。

 

右下:Seafood Pajeon $14

 

プリプリのエビ、マッスル、イカなどのシーフードと野菜がふんだんに入ったパジョンはクリスピーに仕上がっている。ちなみにパとはネギの意。

 

右上:Kimuchi Jeon $14

 

キムチを焼き上げたクリスピーなチヂミは中がふわふわに仕上がっている。キムチの酸味が心地よい一品。

 

 

 

左:Bulgogi with Vegetables $25

 

水を一滴も使わないため、旨みがよくしみ込んだプルコギは、試行錯誤を繰り返して家族の皆が美味しいと納得した味。牛肉のスライスはベリーと肩ロースの2種類。お肉を柔らかくさせるためパイナップルやキウィ、ナシなどのフルーツと日本酒が入った甘ダレでマリネート。

 

中:Nalchi Bibimbab $20

 

トビコ、ワサビ風味のトビコ、ブラックキャビアと、3色のトビコが入ったビビンバ。スパイシーポークにバターの甘みがほんのり香る。プチプチのトビコの食感が癖になる。

 

右:Wagyu Salad $19

 

ボリュームタップリの和牛サラダには、炭火焼した9+のチャックロールのスライスが。オニオンソイドレッシングでいただく。ドレッシングはグルテンフリーのチョイスも可能。ベイビーキャロットやベイビーコーン、タイニップカブなどにディープフライのスイートポテトが添えられている。

 

 

 

パンチャン

 

韓国レストランでは、必ずと言っていいほど登場するお通し「パンチャン」。ズッキーニのナムルやシソシーウィード、タコのサラダ、イカのコチュジャン和えなど、一工夫が感じられる小皿が並ぶ。もちろんおかわり自由。

 

Chicken Gang Jung $15

 

ガンジョンとは韓国語で“お菓子”という意味。ハーブで漬けて一日寝かしたチキンをカラっと揚げたものとハニー・ソイソースで仕上げた2種類が楽しめる。リンゴのエッセンスがほのかに香る。

   

Purumiru

371A Darling St., Balmain
Tel:(02) 8387 3727
Web:www.purumiru.com
営業時間:
Lunch: 水~日 12pm~2:30pm
Dinner: 火~日 6pm~10:30pm
定休日: 月曜日
アクセス:QVBのスタンドBからバス442に乗り、Montague StとLittle Darling Stの交差点のバス停で下車。Montague StをDarling Stの方面へ歩き、交差点を右折した先の右手。


関連記事

世界的に名が通る香港の点心料理店ティム・ホー・ワン(添好運)が4月1日、シドニーのチャッツウッドに上陸したことはすでに噂になっていることだろう。オープン初日はチャッツウッド駅に新しくできたフードコート「ザ・ディストリクト」内の店先から連なる行列が、チャッツウッド駅西口の外まで伸びるほどの勢いを見せ、「行列のミシュラン点心料理店ティム・ホー・ワンここに登場!」と絶大なインパクトを残したのは記憶に新しい。今回はそんな気になるお店に潜入取材を試みた。

この記事を詳しく見る

居酒屋ヱビス、テンコモリ、チャノマカフェが店を連ねる、タウンホールのリージェントプレイス内飲食店通りに、マレーシアの屋台「ホーカー」を感じさせてくれるお店があるという。しかもこの立地なのに、学生、ワーキングホリデーに優しいお値打ち価格での提供というから信じがたい。早速チアーズ食べ歩き隊が調査へと向かった。

この記事を詳しく見る

ハリス・ストリートに1999年からリーズナブルな料金で本場マレーシアのホーカーフードを提供する老舗がある。まるで東南アジアのホーカーセンターなどにいるか錯覚を起こしてしまうような、暗闇の中にネオンが輝く外観。そして店内に入ると、蛍光灯の明かりやテーブル、椅子、大勢でディナーを楽しむマレーシア人家族、家族経営ならではのアットホームな雰囲気が「やっぱりいま東南アジアにいる」と確信する。

この記事を詳しく見る

イースト・キラーラの住宅街に、ノースエリア在住の中国人から絶大な人気を誇るレストランがある。2016年の10月、キラーラハイスクール隣のショッピングセンター内に登場した本格北京料理店『Peking Inn』には、今日も広東語が飛び交う。

この記事を詳しく見る
Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content gogyo top2
五行がサリーヒルズに登場!
Content interview kozee easter island
kozee インタビュー
Content inner banner 2018 02 present win
メアリと魔女の花 - 読者プレゼント当選者発表

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase