オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
シドニーグルメ情報

Cheers Tasting Notes


ブルックベールの隠れ家イタリアン

29/12/2017


 

クベールの隠れ家イタリアン

 

Sale Pepe

 

Pizzeria & Cafe

 

 

ピットウォーター・ロードを挟んでワリンガーモールの向い側に広がるブルックベールのインダストリアルエリアには、Original Burgerや4 Pines Truckbar、Nomad Brewingなど、近年エッジの効いたお店が流行している。そんな中、2年半前にオープンしたのが今回紹介するイタリアン・ピッツァリア&カフェ『サルペペ』。イタリア語で、〝ソルト&ペッパー〟という意味を持つ当店は、2012年にシーフォースに登場したサルペペ本店からのスピンオフ。お店を切り盛りする共同オーナーのクラウディオ氏は、シチリアのパレルモで生まれ、幼少の頃から料理を作る父親の姿を見ながら育ち、イタリアン料理に惹かれていったという。フランスでの修行時代ではトラディショナルなフレンチ・クジーンも学び、その後オーストラリアへと渡っている。ウォルシュベイの21 Restaurantや、テリーヒルズのCavallino Restaurantでのヘッドシェフの経験を経て、シーフォースのサルペペの2号店としてブルックベールでお店をスタートさせた。

 

ランチにはカフェスタイルのフード、ディナーには炭火で焼き上げたピザなど本格派イタリアンフードが楽しめる当店の押しは、何といっても使用している高品質の食材。そしてオーナーを含め端正な顔立ちのイタリア人スタッフだ。小麦粉やトマト、プロシュート、チーズなどイタリア料理の根幹となる食材はすべてイタリアから輸入しており、お昼にはフレッシュなハンドメイドパスタを製麺する様子も垣間見れる。そして存在感のあるウッドファイアーオーブンからは、トマトとチーズのとろける香りが漂い食欲を掻き立てる。焼き立てのピザやパスタを陽気なイケメン・ウェイターが鼻歌とともにテーブルに届けてくれるというわけだ。店内はひとつ一つ手作りのテーブルやインテリアに囲まれ温かみがあり、壁はアールデコ調のレトロなポスターで埋め尽くされている。夏の時期にはテラス席が人気。特にパーティの多い年末年始の時期には、1メートルのピザをオーダーして、子供から大人まで賑やかに過ごすグループが多い。

 

当店では曜日ごとに特典が用意されている。月曜日のディナーはテイクアウェイ&デリバリーのピザが15ドル均一、水曜ディナーは24ドルでピザとサラダが食べ放題、木曜ディナーの17時から21時までは全品10パーセントオフ(※コンディションあり)という良心的なスペシャルが用意されているので、ぜひ有効活用してほしい。また、インターネットからメンバー登録をしておけば、メンバーだけの特別オファーを受けることができるのでこちらもオススメだ。

 

 

 

San Daniele
13 inch $25、1/2m $52、1m $100
フィオルディラッテとトマトベースに、イタリアのパルマ産よりも強い風味が印象なサン・ダニエーレ産のプロシュートを使用。みずみずしいフレッシュのバッファローモツァレラが◎。

 

 

 

Margherita D.O.C.
13 inch $20、1/2m $42、1m $80
イタリア産のバッファローモッツァレラがトマトベースの上にトロっと溶けた王道のマルガリータ。生地が薄いのでついついたくさん食べてしまう。DOC(Denominazione di origine controllata)とは、イタリアで用いられている食料品に対する原産地認定。イタリアの旨みが詰まったピザと言える。

 

 

 

左:Tiramisu $12
2人で楽しむのにちょうどいいサイズのティラミスももちろんホームメイド。お腹がいっぱいでもついつい手が伸びてしまうスイーツ。コーヒーのリキュールがスポンジをしっとりさせたトラディショナルレシピ。

 

右:Spaghetti Allo Scoglio $26
毎日ランチタイムにパスタを製麺しているため、食感が驚くほどにもちもちで病みつきになる。トマトの深い甘みと酸味が楽しめるソースに、サッと火を通した程度のプリプリなイカ、キングプロウン、マッスルなどの魚介類が絡まる。ガーリックとピリ辛がほどよい。

 

 


Sale Pepe Pizzeria & Cafe


Shop 44, 9 Powells Rd., Brookvale
Tel:(02) 8542 4990
Web:www.salepepe.com.au/brookvale
営業時間:
ランチ 月~金 7am - 3pm
ディナー 水~月 5pm - 10pm

アクセス:ウィンヤード駅のスタンドBからモナベール行きのB1に乗り、ワリンガーモールにて下車。Pittwater Rdをバスの進行方向へ進み、Orchard Rdを右折。右手のPowells Rdを右折してカーブを曲がりぬけた先の右手。

 


関連記事

世界的に名が通る香港の点心料理店ティム・ホー・ワン(添好運)が4月1日、シドニーのチャッツウッドに上陸したことはすでに噂になっていることだろう。オープン初日はチャッツウッド駅に新しくできたフードコート「ザ・ディストリクト」内の店先から連なる行列が、チャッツウッド駅西口の外まで伸びるほどの勢いを見せ、「行列のミシュラン点心料理店ティム・ホー・ワンここに登場!」と絶大なインパクトを残したのは記憶に新しい。今回はそんな気になるお店に潜入取材を試みた。

この記事を詳しく見る

居酒屋ヱビス、テンコモリ、チャノマカフェが店を連ねる、タウンホールのリージェントプレイス内飲食店通りに、マレーシアの屋台「ホーカー」を感じさせてくれるお店があるという。しかもこの立地なのに、学生、ワーキングホリデーに優しいお値打ち価格での提供というから信じがたい。早速チアーズ食べ歩き隊が調査へと向かった。

この記事を詳しく見る

ハリス・ストリートに1999年からリーズナブルな料金で本場マレーシアのホーカーフードを提供する老舗がある。まるで東南アジアのホーカーセンターなどにいるか錯覚を起こしてしまうような、暗闇の中にネオンが輝く外観。そして店内に入ると、蛍光灯の明かりやテーブル、椅子、大勢でディナーを楽しむマレーシア人家族、家族経営ならではのアットホームな雰囲気が「やっぱりいま東南アジアにいる」と確信する。

この記事を詳しく見る

イースト・キラーラの住宅街に、ノースエリア在住の中国人から絶大な人気を誇るレストランがある。2016年の10月、キラーラハイスクール隣のショッピングセンター内に登場した本格北京料理店『Peking Inn』には、今日も広東語が飛び交う。

この記事を詳しく見る
Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

1234
卓袱台(ちゃぶだい)をひっくり返す言葉 
1235
ブルックベールの隠れ家イタリアン
1236
シドニーでの 年越しプランは もう決まってる?

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase