オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
お出かけガイド

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート


アートに出合う街 グリーブ編

26/11/2009


第35弾 アートに出合う街 グリーブ編

map

Glass Art Gallery

著名グラスアーティストのモーリン・カヒルによって創設された、オーストラリアで最初のグラスアート・ギャラリー。オーストラリアやニュージーランドのアーティストたちによる色鮮やかなガラスのオブジェが並び、眺めているだけで涼しい気分に!

1 : Tali Dalton / Conversation(左) Empathy(中)、Friendship(右)  メルボルン出身アーティストによる、繊細な線を描く渦巻きが美しいオブジェ。

2 : Paddy Robinson ガラスの中に入った赤ちゃんが印象的な、無題のアート。惹きこまれます。

3 : Tony Trivett / Perfume Bottles 1つとして同じものはないハンドメイドの香水ボトルは$88~。これなら手が届きそう!

4 : Sally Portnoy / Angelfish  グラデーョンカラーの色合いが絶妙のカワイらしい作品。

Gallery Adagio

2階建てのこのギャラリーでは、オーストラリアの現代アーティストたちの作品を、著名人から若手まで幅広く取り上げて2、3ヵ月ごとに展示。中庭や2階のバルコニーにはカフェが設けられていて、バラエティ豊かなアートを一通り眺めた後はまったりお茶もできちゃいます。

1 : Ivan Janotka どこかユーモラスなシルエットに和みを感じる金属彫刻。

2 : Jason Steadman いずれもカラフルで幻想的な世界が印象深い、オーストラリアの有名アーティストによる作品たち。

3 : Janette Symonds スタイリッシュな作風に目が釘付け!

 

San Churro

チョコレートが持つ魔法のように人を癒す力をヨーロッパに伝えたという、16世紀スペインの伝説の修道士、サン・チュロをモチーフにしたチョコレート・カフェ。メルボルンに創設されて以来、あっという間に全国に広がったこの店で使われるチョコレートはすべてスペインから直輸入!

1 : Spanish Churros ($7.90) 看板メニュー。さくさくに揚がったチュロスにチョコレートディップをた~っぷり漬けて召し上がれ♪

2 : Hot Chocolate ($5.50) こちらも代表メニューのひとつ。すべて飲み終える頃にはチョコレートの持つ魔力を実感できるかも?

3 : Chocolate Shake-Banana Lambada($5.90) 情熱的な名前のチョコレートバナナシェイクはさっぱり感あり!

4 : Chocolate Fondue ($35.90) Classic Spanish ($13.90) もうすぐバレンタイン! 恋人へのプレゼントにもどうぞ☆

Yuga Floral Design & Cafe

「グリーブvの代官山を目指したい」と語る日本人フラワーアーティストのSetsukoさんがイタリアンのご主人と経営する、花とアートが織り成す洗練空間。カフェとギャラリーが併設されたこのお花屋さんにはどこか和の雰囲気も漂い、あまりの居心地の良さに時間を忘れてしまいそう♪

1 : Pumpkin Ravioli (Small$10、Large$14) ソースもラビオリもすべてシェフによる手作り。かぼちゃの甘さをふんだんに引き出してやわらか~い生地で包んだラビオリがお口の中でとろけます!

2 : Mini Muffins, Friands ($3each) バターの香りがたっぷり、焼きたてふわふわのマフィン&フリアン。ハートがたくさんのラブリーなデコレーションは、バレンタインデーの席にぴったり。

3 : 風通しのいいカフェ店内には月替わりのアートが並びます。この鮮やかなバラを描いたRosa展は1月末まで。1枚$70~とお手頃

 

Badde Manors

グリーブのアイコン的存在といえるこのカフェは、味のあるボヘミアン風のインテリアと豊富なベジタリアンメニューで知られています。ケーキやジェラートの美味しさも評判でいつも大賑わい。ベジタリアンでなくても、ヘルシー志向の人はぜひ一度訪れてみたいお店。

1 : Vegetarian Bean Nacho ($12.50) 野菜のみでヘルシーだけど、かなり食べ応えあり!

2 : Morroccan Style Vegetable Tajine ($14.50) 野菜たっぷりのカレーとヨーグルトクリーム、そしてクスクスの組み合わせはあっさりとして新しい食感。ハマります!

3 : Crispy Sweet Corn & Coriander Cakes ($9.50) かなりたっぷりのコーンが詰まったかき揚。

4 : Blueberry Cheese Cake ($7.50) やわらかな生地ととろけるようなクリームチーズ、ブルーベリーの甘酸っぱさが絶妙!

 

The Olde Wares Shop

30年~70年代の食器や生活雑貨を扱うこのセカンドハンドショップはなんと創立30年。入植時代に使われていた英国色の濃いエレガントなホームウエアは、普通のお店では絶対に手に入れることができない貴重なものばかり!

1 : Early English Masons Scenic Plate (左$39) English Wedgwood Bone China (右$29) 部屋に飾っておきたいぐらい優美なプレートたち。

2 : Cup & Saucer & Plate Set ($45each) 上品でゆったりとしたティータイムが過ごせそう!

3 : 30's Pottery "Speedie" Electric Jug ($129) 初期の電気湯沸かし器。これひとつでキッチンがたちまちレトロな印象に。

 

Stencil Gallery

植物や世界各国のクラシックな模様などをモチーフにした、ホーム装飾用のステンシルやステッカー、またそれらによるアート作品を展示・販売するギャラリー。自宅を美しくデコレーションできる優雅なデザインが勢ぞろい! 訪れる時は予約が必要ですが、ウェブでも購入可能。

1 : Stencils ($20~) 塗装用のペイントや筆も一式揃っているので、自分の手で模様替えに挑戦!

2 : Lamp Shade ($185) オブジェのようなランプシェードも勢ぞろい♪

3 : Art Work $560 ステンシルと転写式ステッカーを組み合わせて創られたアートは華やかで斬新!

4 : アーティストのニコラスさんとそのお母様。デザイン担当は主にお母様の方だとか。
Destination Banner ($360) 好きな言葉をオーダーできる新製品のバナー。

 

Sappho Books & Cafe

おびただしい数の洋書が並ぶ古本屋の奥にひっそりと佇む隠れ家的なカフェ。ストリートキッズが描いたという壁画アートに囲まれた中庭席には緑があふれ、プライベートな時間を心ゆくまでのんびりと過ごすことができます。ボリュームたっぷりな朝食&ランチメニューも魅力のひとつ。

1 : Grilled Haloumi Cheese & Pine Nuts Garnished With Tzaziki Salad ($12) 笹かまのような歯ごたえのハルオミチーズと、ヨーグルト風味のツァジキソースが効いた美味サラダ。
Salmon Baked Egg ($12) トマト、スパニッシュオニオン、アボガドなどのたっぷり野菜とサーモンをフェタチーズと卵を絡めて焼き上げた香ばしい一品。

2 : Iced Mocha ($4.50) 暑い日にはチョコレートチップがたっぷり入ったアイスモカがオススメ!

 

 

Glebe Market

毎週土曜日、午前10時から午後4時まで開かれるローカル色が強いマーケット。古着やアンティーク、アート風な雑貨など個性的な品が揃い、フードストールも充実!

 

 

 

このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が投稿された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。 なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。


関連記事

バランガルーやアレクサンドリアなど、ここ数年シドニーでは工業地帯の跡地を、洒落たカフェやレストランがひしめき合うトレンドスポットへ開発するプロジェクトが進行している。そんな中、新たなフードカルチャーの場として各方面から注目を集めているのが、ハロルドパークに9月22日にオープンしたばかりのトラムシェッズだ。

この記事を詳しく見る

ケガや火傷を負ったコアラを保護する目的の施設として1930年にオープンしたコアラパーク。その後、オーストラリア特有の動物であるカンガルーやウォンバット、ディンゴ、エミュー、カソワリーなどバラエティに富む動物を向かえ入れ、コアラの保護と平行して動物園としても愛される癒しのサンクチュアリーだ。園内には平日週末問わず地元民のファミリーやカップル、そして海外からの観光客があとを絶たない。彼らを魅了するのは手を伸ばせば届きそうなほどの動物たちとの距離感とアットホームな雰囲気に他ならない。また大規模な動物園のように動

この記事を詳しく見る

グレーター・ブルー・マウンテンズ・エリアは、ユネスコ世界遺産に登録されたシドニーを代表とする観光地のひとつ。シドニー市内から車で約2時間、電車でもカトゥンバ駅まで乗り継ぎなしで行くことができるため、手軽な観光名所として日々多くの人々が訪れる。気温が上がると生い茂るユーカリに含まれる油分が蒸気することで山全体が青みがかる現象から、ブルーマウンテンズと命名されたことは有名。この地に根付くアボリジニ神話や開拓時代の伝説に触れながら探訪してみると、ひと味違ったブルーマウンテンズが楽しめる。

この記事を詳しく見る

暖かポカポカ陽気に包まれるシドニーはそろそろ衣替えの季節。今回は古着好きのインターンちゃんを連れ、ニュータウンで人気の古着屋さんをご紹介。キング・ストリート沿いを歩けば今年のトレンドがわかる?

この記事を詳しく見る

CATEGORY

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート

廃墟だったトラム格納庫跡地が高級フードコートに 君はもうコアラを見たか? ユネスコ世界遺産 インターンちゃんと行ってきました! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! 孤城のThe Australian Capital Territory デンジャラス地帯に潜む魅惑 Redfern Eastside編 地元民に愛される街 ニュートラルベイ編 アットホームな商店街 キャメレイ 秋のお散歩に最適!ハーバーフィールド編 もう一度行きたい! あの街このお店2009年総集編 クリスマスプレゼントはもう買った? ウエストフィールド・ボンダイジャンクション編 コスモポリタンな街 バルメイン編 優雅な時間の流れる街へ モスマン編 ニュータウン編 ナチュラル派ショップが集合! ウィロビー編 癒しの街でリフレッシュ! レーンコーブ編 動物と触れ合い癒されよう タロンガズー編 春の街歩きに最適! ダーリングハースト編 初夏のシーブリーズを堪能しよう! ボンダイ~クージー コースタルウォーク編 まったり韓国人街イーストウッド編 アートに出合う街 グリーブ編 マダム気分でお買い物 ウラーラ編 グルメパラダイス ランドウィック編 インテリア探しにGo! クロウズネスト編 メリクリ★ デートはパディントン編 夏だ! クージービーチ編! アッシュフィールド編 あのマーケットに潜入取材編 アクアリウム編 ワイルドライフワールド編 クラウンストリート編 エアーズロック&パース編 ギャラリーズ・ビクトリア編 ストラスフィールド編 カブラマッタ編 EQマーケット編 フィッシュマーケット編 キングスクロス編

CATEGORY

お出かけガイド

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content feature 2018 feb top
Water Park
Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase