オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
お出かけガイド

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート


春の街歩きに最適! ダーリングハースト編

26/11/2009


第43弾 春の街歩きに最適! ダーリングハースト編 Lane Cove MAP

Mad Pizza e Bar 312 Victoria St 9020 7186 www.madinitalia.com
"世界一美味しいピザ"に選ばれたことで有名なHugos Bar Pizzaでシェフの経験を持つオーナーが、"同クオリティのピザをもう少しお手頃に、カジュアルに提供したい"という志の下にオープンしたオシャレダイニングバー。ランチに開店しているのもポイント高し!
The Bunker Beans & Leaves 399 Liverpool St 0404 407 349
白いレンガ造りの壁と本物の木を使ったテーブルが温もり感を醸し出す、スモール&ファンキーなカフェ。シドニーの“ベストコーヒー”として名高いCampos豆を使用し、フリーレンジエッグやオーガニックチキンを使用するなど、一品一品へのこだわりが感じられます!
Strawberry Cream 336 Victoria St 9356 3122
フレンチ系の菓子職人として20年の経験を持つオーナーが経営する、伝統的なヨーロピアンスタイルを再現したケーキ屋さん。老舗デパート、デビッドジョーンズにも卸しているという当店のケーキは、その味、デコレーションともに折り紙つき!
Wowcow Shop 2, 304/308 Victoria St 9326 0400 www.wowcow.com
特殊加工された無添加&低脂肪のフローズンヨーグルト専門ショップがこちら。ナチュラルな食材を使ったヘルシーかつ革命的な美味しさが評判で、遠方からわざわざ訪れるお客さんもいるとか。天井からドーンとぶら下がった牛さんも必見!
Boon 251 Victoria St 9356 8876 www.boonchocolates.com.au
"チョコレートを味わうことはアート"をコンセプトに、ジャズが流れる優雅な空間で手作りチョコレートを提供。上質のベルギー産チョコレートを使用し、細心の注意を払って作られたその繊細なハーモニーは、4口に分けて味わうのがベストな方法だそう。
Burgerman 116 Surrey St 9361 0268
少し懐かしいアメリカンスタイルにデザインされたポップなハンバーガー屋。そのテーマはヘルシー&フレッシュで、無添加の厳選された食材のみ使用し、ソースに至るまですべて店内で手作り。ローカル市民が週1で通いつめる店です。
Messina Shop1/241 Victoria St www.gelatomessina.com
伝統的なイタリアンスタイルをきっちり守った、シドニーでは数少ないジェラート屋さんがここ『Messina』。この界隈のジェラート店の中では唯一ナチュラルフレーバーを使い、ひとつ一つがフレッシュな味わいに満ちています。
【1Scoop($3.90)/2Scoop($4.90)/3Scoop ($6.90)】
CAFE SEL & POIVRE
活気溢れる店に足を踏み入れると、フランス語が行き交う。真っ赤な壁を基調にしたこのお店。その色が象徴するかのように温かく、フレンドリーな接客と笑顔が印象的なフレンチ・カフェです。パリをはじめ、アメリカや南アフリカで修業を積んだヘッドシェフのオリバー氏が腕をふるう料理はどれを取っても絶品。
Bar Coluzzi 322 Victoria St 9380 5420
情緒たっぷりな味のある佇まいが特徴の当カフェは、かつてプロボクサーが開店して以来、57年にも渡ってローカル市民の交流の場であり続けています。シドニーで最も古いカフェとして知られ、政治家や俳優、映画監督たちもしばしば顔を見せるとか。
LATTERIA CAFE 18/320 Victoria St 9331 2914
細長い空間にステンレスの無機質なテーブルや丸太調の椅子が並ぶ不思議なカフェ。メニューは存在せず、天井まで続く棚に並ぶ食材を見ながら店員さんとの会話を楽しみつつオーダー。そんな独特のスタイルがとっても新鮮で、また戻ってきたくなるお店です。

このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が投稿された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。 なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。


関連記事

バランガルーやアレクサンドリアなど、ここ数年シドニーでは工業地帯の跡地を、洒落たカフェやレストランがひしめき合うトレンドスポットへ開発するプロジェクトが進行している。そんな中、新たなフードカルチャーの場として各方面から注目を集めているのが、ハロルドパークに9月22日にオープンしたばかりのトラムシェッズだ。

この記事を詳しく見る

ケガや火傷を負ったコアラを保護する目的の施設として1930年にオープンしたコアラパーク。その後、オーストラリア特有の動物であるカンガルーやウォンバット、ディンゴ、エミュー、カソワリーなどバラエティに富む動物を向かえ入れ、コアラの保護と平行して動物園としても愛される癒しのサンクチュアリーだ。園内には平日週末問わず地元民のファミリーやカップル、そして海外からの観光客があとを絶たない。彼らを魅了するのは手を伸ばせば届きそうなほどの動物たちとの距離感とアットホームな雰囲気に他ならない。また大規模な動物園のように動

この記事を詳しく見る

グレーター・ブルー・マウンテンズ・エリアは、ユネスコ世界遺産に登録されたシドニーを代表とする観光地のひとつ。シドニー市内から車で約2時間、電車でもカトゥンバ駅まで乗り継ぎなしで行くことができるため、手軽な観光名所として日々多くの人々が訪れる。気温が上がると生い茂るユーカリに含まれる油分が蒸気することで山全体が青みがかる現象から、ブルーマウンテンズと命名されたことは有名。この地に根付くアボリジニ神話や開拓時代の伝説に触れながら探訪してみると、ひと味違ったブルーマウンテンズが楽しめる。

この記事を詳しく見る

暖かポカポカ陽気に包まれるシドニーはそろそろ衣替えの季節。今回は古着好きのインターンちゃんを連れ、ニュータウンで人気の古着屋さんをご紹介。キング・ストリート沿いを歩けば今年のトレンドがわかる?

この記事を詳しく見る

CATEGORY

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート

廃墟だったトラム格納庫跡地が高級フードコートに 君はもうコアラを見たか? ユネスコ世界遺産 インターンちゃんと行ってきました! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! 孤城のThe Australian Capital Territory デンジャラス地帯に潜む魅惑 Redfern Eastside編 地元民に愛される街 ニュートラルベイ編 アットホームな商店街 キャメレイ 秋のお散歩に最適!ハーバーフィールド編 もう一度行きたい! あの街このお店2009年総集編 クリスマスプレゼントはもう買った? ウエストフィールド・ボンダイジャンクション編 コスモポリタンな街 バルメイン編 優雅な時間の流れる街へ モスマン編 ニュータウン編 ナチュラル派ショップが集合! ウィロビー編 癒しの街でリフレッシュ! レーンコーブ編 動物と触れ合い癒されよう タロンガズー編 春の街歩きに最適! ダーリングハースト編 初夏のシーブリーズを堪能しよう! ボンダイ~クージー コースタルウォーク編 まったり韓国人街イーストウッド編 アートに出合う街 グリーブ編 マダム気分でお買い物 ウラーラ編 グルメパラダイス ランドウィック編 インテリア探しにGo! クロウズネスト編 メリクリ★ デートはパディントン編 夏だ! クージービーチ編! アッシュフィールド編 あのマーケットに潜入取材編 アクアリウム編 ワイルドライフワールド編 クラウンストリート編 エアーズロック&パース編 ギャラリーズ・ビクトリア編 ストラスフィールド編 カブラマッタ編 EQマーケット編 フィッシュマーケット編 キングスクロス編

CATEGORY

お出かけガイド

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content feature 2018 feb top
Water Park
Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase