オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
お出かけガイド

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート


優雅な時間の流れる街へ モスマン編

05/12/2009


第45弾 優雅な時間の流れる街へ モスマン編

Open 7 Days : Mon - Wed, Fri 9am~5:30pm
Thu 9am~7:30pm / Sat 9am~5pm
Sun 11am ~ 4:30pm
実用性とデザイン性の両方を兼ね備えたキッチン用品や、インテリア・キャンドル、クリスタル製品など、質感の優れた品揃えでモスマン・セレブに人気の雑貨屋さん。オーナーシェフのベンさんはクッキングスクールも展開しており、遠くからわざわざ訪れる人も多いという評価の高さ。クリスマスグッズが並ぶ店内に立ち寄れば、鮮やかなラッピング資材やデコレーションアイテムがクリスマス気分を一層盛り上げてくれます。
Open 7 Days : Mon - Fri 10am~5:30pm
Sat 9am~4:30pm / Sun 11am~4pm
Drawerをモチーフに、黒を基調としたシック&モダンな内装は、色彩感豊かなアクセサリーを最大限に引き立てるグッド・デザイン。ジュエリーの素材はオーナー自らが、メキシコやタイ、インドなどの世界中をめぐり、買い付けに出向くこだわりよう。各国の伝統的小物を組み合わせた斬新なマルチカルチャー・ジュエリーは、見ているだけで気持ちまで華やかにさせてくれます。
Confiseur & Co.
Open 6 Days : Tue - Sat 7am~5pm
Sun 7am~4pm
ヨーロッパの美しさと可愛さがギュっと詰まったコンパクトな店内には、鮮やかにデコレーションされたケーキの数々が並びます。ショーケースに美しく飾られたスィーツたちは、パティシエ歴32年の経験豊富なオーナーのフィリップさんが毎朝焼き上げる自慢のデザート。アレルギーの方でも安心して食べられるグルテンフリーのケーキも揃えているほか、芸術作品のように美しいホールケーキにも目がクギづけ!
AVENUE RD CAFE
Open 7 Days : Mon - Fri 6am~5pm
Sat, Sun 7am~5pm
旬の食材を厳選し、季節ごとのメニューを提供するこだわりのカフェ。有名レストラン「Quay Restaurant」の元マネージャーという実力派のオーナー、ジェイムスさんは、食材へのこだわりだけでなく、行き届いたテーブルサービスやリーズナブルな価格設定で、お客さんに楽しんでもらいたいという。軽いティータイムから、しっかり舌を満足させる食事まで、幅広く楽しめる注目の一軒です。
Floral Craftsman
Open 6 Days : Mon - Fri 8am~5:30pm
Sat 8am~5pm / Sun Closed
季節の花々はもちろん、ナチュラルな風合いの雑貨やオーガニック商品を取り揃える、モスマン・マダム御用達の花屋さん。甘く優美な香りが広がる店内に一歩入れば、フレンドリーな看板犬、Quincyが足元まで出迎えてくれます。常に斬新なインテリアを楽しんでもらえるようにと、オーナーのマットさんが世界中から取り寄せたアイテムの数々は、良質のものばかり。自然美をコンセプトにしたデザインは、思わずどれも欲しくなってしまいます。
Bacino Espresso
Open 7 Days : Mon - Sat 6:30am~5pm
Sun 8am~ 4pm
イタリアのカフェをそのまま持ってきたような絵になるこちらのお店は、マンリーやディーワイなどシドニーで7件を展開する人気のコーヒーショップ。赤と白を基調にした店内の壁紙はフィレンツェから取り寄せたこだわりのデザイン。8種類の豆をブレンドしたオリジナルのコーヒー豆は「Vogue誌」や「ザ・サンデーテレグラフ」、「シドニー・モーニングヘラルド」などの各紙媒体で高い評価を得ている話題の味。
Whisk Emporium
Open 7 Days : Mon - Fri 7am~7pm
Sat 7am~4pm / Sun 8am~ 3pm
贅沢な空間にフラリと立ち寄れるフレンドリーな雰囲気が魅力のお店。シルクのような、なめらかな口当たりのカプチーノや日替わりメニューのフレッシュ・サラダは、モスマン・マダムお墨付きの人気メニュー。また、個人向けのホームパーティや企業主催のカクテルパーティなどへのケータリングサービスも展開しており、まさに店名どおり「食」のEmporium的な存在にある評判の高いカフェです。
NORDIC FUSION
Open 7 Days : Mon - Fri 9:30am~5:30pm
Sat 9:30am~4pm / Sun 11am~4pm
北欧諸国、ノルディック文化をコンセプトにした店内は、ノルウェーをはじめ、デンマーク、スェーデンなどからのレアでキュートな直輸入品のオンパレードです。ポーチやクッションなどカラフルな雑貨やクリスマスのカウントダウンを楽しむためのラブリーなアイテムが勢ぞろい。バラエティ豊かなコレクションに目移りしてしまう、長居必須のお店です。

このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が投稿された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。 なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。


関連記事

バランガルーやアレクサンドリアなど、ここ数年シドニーでは工業地帯の跡地を、洒落たカフェやレストランがひしめき合うトレンドスポットへ開発するプロジェクトが進行している。そんな中、新たなフードカルチャーの場として各方面から注目を集めているのが、ハロルドパークに9月22日にオープンしたばかりのトラムシェッズだ。

この記事を詳しく見る

ケガや火傷を負ったコアラを保護する目的の施設として1930年にオープンしたコアラパーク。その後、オーストラリア特有の動物であるカンガルーやウォンバット、ディンゴ、エミュー、カソワリーなどバラエティに富む動物を向かえ入れ、コアラの保護と平行して動物園としても愛される癒しのサンクチュアリーだ。園内には平日週末問わず地元民のファミリーやカップル、そして海外からの観光客があとを絶たない。彼らを魅了するのは手を伸ばせば届きそうなほどの動物たちとの距離感とアットホームな雰囲気に他ならない。また大規模な動物園のように動

この記事を詳しく見る

グレーター・ブルー・マウンテンズ・エリアは、ユネスコ世界遺産に登録されたシドニーを代表とする観光地のひとつ。シドニー市内から車で約2時間、電車でもカトゥンバ駅まで乗り継ぎなしで行くことができるため、手軽な観光名所として日々多くの人々が訪れる。気温が上がると生い茂るユーカリに含まれる油分が蒸気することで山全体が青みがかる現象から、ブルーマウンテンズと命名されたことは有名。この地に根付くアボリジニ神話や開拓時代の伝説に触れながら探訪してみると、ひと味違ったブルーマウンテンズが楽しめる。

この記事を詳しく見る

暖かポカポカ陽気に包まれるシドニーはそろそろ衣替えの季節。今回は古着好きのインターンちゃんを連れ、ニュータウンで人気の古着屋さんをご紹介。キング・ストリート沿いを歩けば今年のトレンドがわかる?

この記事を詳しく見る

CATEGORY

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート

廃墟だったトラム格納庫跡地が高級フードコートに 君はもうコアラを見たか? ユネスコ世界遺産 インターンちゃんと行ってきました! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! 孤城のThe Australian Capital Territory デンジャラス地帯に潜む魅惑 Redfern Eastside編 地元民に愛される街 ニュートラルベイ編 アットホームな商店街 キャメレイ 秋のお散歩に最適!ハーバーフィールド編 もう一度行きたい! あの街このお店2009年総集編 クリスマスプレゼントはもう買った? ウエストフィールド・ボンダイジャンクション編 コスモポリタンな街 バルメイン編 優雅な時間の流れる街へ モスマン編 ニュータウン編 ナチュラル派ショップが集合! ウィロビー編 癒しの街でリフレッシュ! レーンコーブ編 動物と触れ合い癒されよう タロンガズー編 春の街歩きに最適! ダーリングハースト編 初夏のシーブリーズを堪能しよう! ボンダイ~クージー コースタルウォーク編 まったり韓国人街イーストウッド編 アートに出合う街 グリーブ編 マダム気分でお買い物 ウラーラ編 グルメパラダイス ランドウィック編 インテリア探しにGo! クロウズネスト編 メリクリ★ デートはパディントン編 夏だ! クージービーチ編! アッシュフィールド編 あのマーケットに潜入取材編 アクアリウム編 ワイルドライフワールド編 クラウンストリート編 エアーズロック&パース編 ギャラリーズ・ビクトリア編 ストラスフィールド編 カブラマッタ編 EQマーケット編 フィッシュマーケット編 キングスクロス編

CATEGORY

お出かけガイド

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content feature 2018 feb top
Water Park
Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase