フルボディレッドの歴史を楽しむ Barossa Valley | 特集バロッサバレー
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • 特集バロッサバレー

    世界有数のワイン産地のひとつであるバロッサ・バレーは、南オーストラリアの首都であるアデレードで、買ったラテが冷めない程度のドライブで行くことのできる、歴史深き地区。1842年にヨーロッパからの移民によって開拓され、特にドイツからの影響を強く受けつつ、発展してきた。平均温度21.4度のバロッサ・バレーでは、シラーズなど、フルボディな赤ワインをはじめ、シェリーやポートなどの酒精力強化ワイン、そしてしっかりした白ワイン造りに適しており、 豪ワイン市場の約5割を生産する大手ワイナリーが密集していることでも知られる。質の高い赤を求めてチアーズがバロッサ・バレーを探索。

     

    オーストラリア産ワインの中で、世界で最も人気を誇るのがジェイコブス・クリーク。1847年にドイツからの移民、ヨハン・グランプ氏が、故郷のワインへの恋しさから、自らブドウを植え、自身が納得できるワインを造ることに人生を捧げたのが始まりで、バロッサ・バレーの地を世界有数のワインの商業地へと見いだした、第一人者でもある。2011年の「World’s Most Admired Wine Brand」など、これまでに数えきれないほどの賞を獲得してきた、160年以上の歴史を持つ銘柄だ。また、隣接された『ジェイコブス・レストラン』では、バロッサ・ヒルの壮大な景色と、季節の新鮮食材を使った料理も堪能できる。

    住所:Barossa Valley Way, Rowland Flat SA 5352
    電話:(08) 8521 3000
    OPEN:7DAYS 10am~5pm
    (グッドフライデーとクリスマスを除く)
    WEB:www.jacobscreek.com

     

     

     

     

    ペンフォールドは、イギリスからの移民の医師、クリストファー・ローソン・ペンフォールド氏が、1844年に、病気の治療薬としての酒精強化ワインを造ることをきっかけに、ワインの製造が始まった。その後、1920年代、ペンフォールドのワイン事業は非常に拡大を見せ、国内市場の2本に1本は、ペンフォールド・ラベルであるほどだった。1951年に、当時の主任ワイン醸造家、マックス・シューバート氏が、フランスワインの醸造技術をヒントに造り出したのが、現在でも世界的に認められる最高峰のワイン、「グランジ・ハーミテイジ」だ。複数の場所に所有している畑では、シラーズやカベルネ・ソーヴィニヨンが植えられていて、一部では、有機農法が行われている。

    住所:30 Tanunda Rd., Nuriootpa SA 5355
    電話:(08) 8568 8408 or (08) 8568 8590
    OPEN:7DAYS 10am〜5pm (クリスマスは除く)
    WEB:www.penfolds.com

     

     

    ターキー・フラットの特徴的なラベルデザインは、地元アーティストのロッド・シューベルト氏が、かつて、この地で群れをなしていた七面鳥を優雅に描いたものである。1843年に、ヨハン・フィードラー氏が、バロッサ・バレーの中心を流れるタヌンダ小川のほとりにシラーズの木を植えた。その土地は1865年に友人であった肉屋のゴットリーブ・アーネスト・シュルツ氏によって購入されることとなり、現在、4代目にあたるピーター氏とクリスティー氏がこの元手となるシラーズの木と土地を生かして、ブドウ栽培からワイン造りへと発展させた。ターキー・フラットのロゼは、『ベスト・オブ・ザ・ベスト」で最も高い評価を得ており、オーストラリア最高のロゼとも言われている。

    住所:Bethany Rd., Tanunda SA 5352
    電話: (08) 8563 2851
    OPEN:7DAYS 11am〜5pm
    (グッドフライデー、クリスマス、ボクシングデーを除く)
    WEB:www.turkeyflat.com.au

     

    「良い畑と良い人が素晴らしいワインを生み出す」と語るのは、オーナーのスチュアート・ブラックウェル氏。彼は40年間、そんな信念のもと、ワインと向き合い続けてきた。1988年、これまでの伝統的なワイン製造に加え、最高水準の技術の生産設備の導入に先立った。当時、世界で最新の設備を設置しながらも、従来の伝統的な作成技術も残したことによって、セイント・ハレットはオーストラリアの高級ワインへと進化し始める。南アフリカとジンバブエならびにオーストラリアでの経験をもつスチュアートは2003年に『年間最優秀バロッサ・バレー・ワインメーカー』を受賞している。自社の畑を広げることよりも、古くからこの土地でブドウ栽培をする農家と信頼関係を築き、二人三脚で発展している。

    住所:St Hallett Rd., Tanunda SA 5352
    電話:(08) 8563 7070
    OPEN:7DAYS 10am〜5pm
    (クリスマス、ボクシングデー、年始は除く)
    WEB:sthallett.com.a

     

    ラングメイル・ワイナリーには、世界最古と言われている「ザ・フリーダム1843」という呼び名のシラーズ畑が存在する。もともと、宗教的な迫害を逃れるために東ヨーロッパ(シレジア)からのドイツ人移民のクリスチャンによって、ブドウ栽培が始まった。しかし、ワイン産業の不況など、数々の試練により、1996年に現在の所有者によって購入されるまで、ワイナリーは壊滅的な施設となっていったが、地元の3人の仲間、リチャード・リンドナー、カール・リンドナーとクリス・ビターの手によって、クリスチャンが残したブドウ園は見事に復活を成す。ラングメイルの最初のビンテージは、1997年に収穫され、現在では国際的に認められる、オーストラリアの最高水準を満たす高級ワインへと成長した。

    住所:Corner of Langmeil & Para Rds.,Tanunda SA 5352
    電話:(08) 8563 2595
    OPEN:7 DAYS 10.30am〜4.30pm
    (グッドフライデー、クリスマス、年始は除く)
    WEB:www.langmeilwinery.com.au

     

    3万7,674平方フィートの広大な土地で、オーストラリア最大のワイナリー。1840年にヨーロッパ移民によってブドウ栽培が始まり、1860年、フィロキセラ疫病によって、ヨーロッパのブドウ園が大きな被害を受けたことがきっかけで、輸出するための良質なワインの生産を始める。シャトータヌンダが創設され、しばらくは、南半球最大のワイン醸造施設になり、疫病によりワインに飢えてしまっていたヨーロッパへシャトータヌンダのワインが、船運搬された。その豊かな歴史が認められた1994年に、シャトータヌンダは、州の遺産場所として登録された。2010年の『世界のベストシラーズ』を受賞など、数多くの賞と評価を更新し続けている。

    住所:9 Basedow Rd., Tanunda SA 5352
    電話:(08) 8563 3888
    OPEN:7Days 10am〜5pm
    (クリスマス、グッドフライデーは除く)
    WEB:www.chateautanunda.com

     

     

    家族経営のブティックワイナリーとして知られるロック・フォードは、バロッサ・バレーの古いコテージから生まれた、バロッサを築き上げてきたブランドのひとつ。現在も醸造責任者であるロバート・オカラハン氏が、1970年代の初期に、このコテージと出会い、ワイン製造への道を切り開いていったのが始まりだ。石造りの建物から成り、現在も家庭的なワインの伝統的な製造方法を継続している。他の大きなワイナリーとは違い、小規模だから出せる暖かみのある味わいと質の高さは、海外の評論家達や専門誌にも大きく評価され、数多く取り上げられている。ロックフォード・ワインは、基本的にはアデレード地区のみで販売されているため、他の地区で手に入れることが難しいと言われている。

    住所:Krondorf Rd., Tanunda SA  5352
    電話:(08) 8563 2720、1800 088 818 (Free call)
    OPEN:7DAYS 11am~5pm
    (クリスマス、年末年始、グッドフライデー、5月の3週目の日曜日は除く)
    WEB:www.rockfordwines.com.au

     

     

    バロッサ・バレー・ガストンの町の近くに位置するこの土地を、1844年に、イギリスからの移民、ウィリアム•ソルター氏が購入した。1917年からサルトラム・ブランドの代表ワイン「ナンバーワン・シラーズ」の最初の製造が始まる。彼は1953年に引退するまで、このサルトラムでのワイン製造を保持した。1949年に、ブライアン・ドーラン氏がマネージャーに任命された後から現在まで、ドーラン・ファミリーによる経営が継続されている。石材で造られた家は、創業者のウィリアム氏が家族のためにと建てたもので、現在でも大切に残されてある。また壮大な敷地と隣接されたレストランでは、ウェディングなどの、パーティパッケージも用意されており、センスの高い料理と味わい深いワインでひと味違う想い出を演出できる。

    住所:Murray St., Angaston SA 5353
    電話: (08) 8561 0200
    OPEN:7DAYS 10am〜5pm(クリスマスは除く)
    WEB:www.saltramwines.com.au

     

     

     

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ