オーストラリア シドニーの生活情報なら 「チアーズ」フリーペーパー

オーストラリア シドニーの生活情報なら 「チアーズ」フリーペーパー

SYDNEY 日本人村
ビジネスブログを覗く男湯を覗く
女湯を覗く混浴を覗く
SYDNEY 日本人村
99668955
www.cheers.com.au
CROWS NEST NSW 2065

 SYDNEY 日本人村 NEWS
  アート
  
  ベン・ブラウン&ヨシダ・ケンタロウの二人展 RUMBLE31/05/17 閲覧数 38
 

ベン・ブラウン&ヨシダ・ケンタロウの二人展

RUMBLE

マンリーをベースに活動しているふたりのイラストレーター、ベン・ブラウンとヨシダ・ケンタロウによるコラボレーション展示会『RUMBLE』が、5月31日にグッドスペース・ギャラリーにて開催される。これはスカルをモチーフに展開するふたりのイラストレーターが、ただ各々で作品を制作して展示するというものではなく、すべての作品をふたりで共作するというもの。ふたつの異なるスタイルが、ひとつ一つの作品に混じり合い、予想外の結果を生み出すのだという。当日はローカルのクラフトビール、ヤング・ヘンリーズが提供されるほか、コラボTシャツやポスター、ステッカーなども販売されるので、この一夜限りの展示会にぜひ顔を出してみよう。

日時:5月31日(水)6pm-9pm
会場:GOODSPACE GALLERY
115 Regent St., Chippendale, Sydney
(The Lord Gladstone Hotelの2階)




Ben Brown(ベン・ブラウン)
シドニーマンリー出身。70~80年代サーフ、スケート、パンクカルチャーの中で育ち、自身もサーファー、スケーターとして幼少を過ごす。10代からパンクバンドの活動も行い、BIG DAY OUT FESTIVALでの演奏も果たす傍ら、さまざまなバンドやミュージックフェステイバルにもフライヤーアートワークを提供する。これまでにNIRVANA、Peal Jam、Blink182、Ice Cubeなど様々な海外アーティストのフライヤーアートワークを提供し続けるオーストラリアのロウブロウアート界でのレジェンド。

 
Kentaro Yoshida(ヨシダ・ケンタロウ)
富山県出身。18歳で渡豪後、サーフィンに魅了され、シドニーノーザンビーチに滞在することを決める。UTSのビジュアルコミュニケーション学科にてイラストレーションを専攻。卒業後、現地の広告代理店に勤める傍ら、フリーランスイラストレーター、アーティストとして活動を開始する。個人の作品スタイルにはスカルが多く描かれる。それは人間の日々の浮き沈み、ナイトライフでの高揚といった、人生の明暗、対局した精神を表現している。現在はシドニー、マンリービーチを拠点に活動中。今までのクライアントの一部にBILLABONG、CONVERSE、HURLEY、SONY、TCSS(The Critical Slide Society)、VANSなどがあげられる。
  コメントを書く
   ※10文字以下
   ※8文字以下
   ※30文字以下
・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。