第1回 『未経験』から商社で活躍 | リクルートG発☆帰国者就活応援コラム

 

第1回 『未経験』から商社で活躍

 

■イニシャル:K ■性別:女性 ■滞在国:オーストラリア

■滞在都市:シドニー ■滞在期間:2011.1~2012.11

 

ワーホリを決意したきっかけは何ですか?

英語を活かして仕事をしたいと考えていましたが、英文学部を卒業しても、仕事で英語を使用することが少なく、これからのキャリアも不安でした。留学ではお金がかかりますので、働きながら語学を学べるワーホリを選択しました。

 

 

ワーホリ期間中、どんな仕事をされましたか?

求人は思ったよりもたくさんあり、よく言われるフルーツのピッキングから、日本食レストラン、おみやげ物の販売、たまに日本人観光客向けのツアーガイドなどもしていました。最初は英語の聞き取りで精一杯でしたが、ローカルな方々は寛容(?)で落ち込むこともなく働きやすかったです。

  

 

ワーホリ期間中、英語はどのように勉強されましたか?

語学学校に通いました。日本である程度勉強していましたが、辞書が無ければ成り立ちませんでした。学校でもバイト先でも辞書は手放さず、発音もお客さんから教えていただくこともありました。

 

 帰国時の仕事探しの方法を教えて下さい。

インターネットで日本の求人を見ていました。当初、現地での求人はあるが日本に帰国してからの求人は探しにくいと聞いていましたが、本当でした。

  

 

帰国後、どんな仕事をされていますか? ワーホリの経験が活かされていますか?

現在は、商社での英語をつかった事務をしています。電話や資料で英語に触れる機会が多く満足しています。また、同僚も英語を話す方が多く、商社という業界でお仕事ができてよかったです。

 

 

リクルートグループの派遣会社(リクルートスタッフィング)に登録をされて良かったですか?

とても満足しています。自分ひとりでの就職活動では、商社という選択肢はなかったように思います。登録するだけで、英語を使ったお仕事が事務だけでもいろいろな業界、職種があることを教えていただき、ご紹介いただけたことに感謝しています。

 

 

 これから帰国後の仕事を探す皆さんにアドバイスをお願いできますか?

ご自身で就職活動するほかに、リクルートスタッフィングのようなエージェントに登録すると仕事探しのスピードが上がり、とても近道になりますよ。あと、英語を忘れないうちにTOEICは受験しておいたほうが就活に有利だと思います。

 

 

 

 

 

 


ページトップへ