第2回 自分探しのワーホリから新しいキャリア形成 | リクルートG発☆帰国者就活応援コラム

第2回 自分探しのワーホリから新しいキャリア形成 | リクルートG発☆帰国者就活応援コラム

 

第2回 自分探しのワーホリから新しいキャリア形成

 

 

■滞在国: オーストラリア ■滞在都市: ブリスベン、シドニー 

■滞在期間: 2011.8.202012.7.1 ■最終学歴: 短期大学

日本での仕事経験:電機系専門商社の営業事務

 

 

 

ワーホリを決意したきっかけは何ですか?

幼少のころから海外への憧れがあり、外国人の友人を作ること、海外で生活をすること、英語を話せるようになりたいという強い願望がありました。短大を卒業後、海外への憧れが頭の片隅にあるまま会社勤めを5年間経験しました。その間も、好きな仕事ではないし楽しくない、お給料も少ない、仕事の意味や将来性がまったく見出せませんでした。ちょうどその頃、周囲も結婚ラッシュで違う人生を歩き始める友人が周りに多くいたこともあり、「20代半ばだったらまだやり直しも効くだろう! とりあえずやってみよう!」と私もこのタイミングで違う人生を選択してみようと思ったことがきっかけです。

 

  

ワーホリ期間中、どんな仕事をされましたか?

・タイ古式マッサージ

始めに滞在していたブリスベンではなかなか仕事が見つけられず、経験者を募集していた店で、未経験でしたが飛び込みで雇ってもらいました。私以外は皆タイ人で、とっても優しくおおらかなのですが、オーストラリアにいるのにタイ語しか聞こえてこない不思議な環境でした(笑)。

 

・ラーメン屋でのウェイトレス

シドニーのジャパニーズレストランでしたが、お客さんはもちろん英語でしゃべるので悪戦苦闘しながらラーメンの具の説明などをしていました(笑)。お国柄によってベジタリアンが多かったり、メニュー以外の多すぎる注文に対してはどう切り抜けるかが、身についた気がします(笑)。

 

・いちごファームでの収穫作業

シティを離れ田舎でのキャンプ場生活。時期的なものかキツくて稼げないと言われているいちごファームの募集ばかりだったのですが、日本では絶対に経験できないと思ったので、最後にファームでの仕事を選びました。

朝は6時から昼の3時まで、何十キロものトロリーを引きながらのピッキング作業は本当に重労働でした。ただ、オーストラリアの田舎生活では澄んだ美味しい空気と毎晩ミルキー・ウェイと星で埋まるくらいの夜空で癒されていました。

 

 

ワーホリ期間中、英語はどのように勉強されましたか?

渡豪当初は英語力がほとんどなかったので3ヵ月間、語学学校へ通い、そこでできた友人と英語で話すことで英会話を身につけていきました。また、バイトをすることやシェアハウスの人と積極的に話すことを心掛けていました。

  

 

帰国時の仕事探しの方法を教えて下さい。

自分の道を決めかねていたので、帰国後は正社員では探さず、人材派遣会社に登録をして仕事を紹介してもらいました。

  

 

帰国後、どんな仕事をされていますか? ワーホリの経験が活かされていますか?

帰国後すぐに、ある人材派遣会社に紹介して頂いた商社で1年間貿易事務の経験をさせて頂きました。事務でしたので仕事では電話の取次ぎや簡単なメール作成・メールの読解などで英語を使用していましたが、周りは常に英語が飛び交っている環境でした。初めての電話応対でドキドキしながら英語をしゃべったときに、周囲から「発音がネイティブみたいだね!」と言われたことがすごく嬉しかったです。憧れていた英語のある環境で働くということを達成できました。

他に印象に残っていることは、ヨーロッパの取引先の方と何度か面会する機会を頂いたり、ヨーロッパのある大使館のレセプションパーティに参加させてもらえたことは本当に貴重な体験で、すごくうれしく今でも鮮明に記憶しています。

現在は、リクルートスタッフィングさんからご紹介頂いた税理士法人の総務で働いています。自宅からも40分ほどで通え、オフィスの立地も最高でオフィスもとてもきれいで落ち着いています。前者と現在の会社共に、仕事で英語を使う機会は多くないですが、それでも海外へ行かなければ自分には到底縁のない会社だったのでは、と思い紹介して頂いた担当の方に感謝しています。そして、あのとき思い切って日本を飛び出してよかったと心底思います。

 

 

リクルートグループの派遣会社(リクルートスタッフィング)に登録をされて良かったですか?

はい。今までの経験を踏まえた上で紹介を頂いているようですが(もちろん希望も加味してくれています)、現在の派遣先は自分では夢にも思わないところだったので(自分では無理だろうとあきらめてしまう)そんな場所で働く機会をくださったことにとても感謝しています。

 

   

これから帰国後の仕事を探す皆さんにアドバイスをお願いできますか?

留学したけど英語力に自信がない…という方もいらっしゃるかもしれません。実際私がそうでした…。ですが、海外へ飛び出した度胸を生かして、自分にはハードルが高いかなと思うものにもどんどん挑戦していって頂きたいと思います。ご縁があれば、どんな会社でも素敵な経験になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


ページトップへ