Avocado | 食物の恵み
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • Avocadoの恵み

    ‘最も栄養価の高い果物’とギネスブックに掲載され、異名「森のバター」を持つアボカド。ねっとりとした口当たりと甘みのない果実は、サラダやスープ、生産世界一のメキシコではパンにまで幅広く利用され、今やカルフォル二アロールを始めとする巻き寿司にも欠かせない食材となりました。今月は意外と知られざるアボカドの恵みをお届けしましょう。

    CHEERS 2008年02月号掲載

    Avocado

    おいしいアボカドの見分け方
    形がきれいで果皮に張りとツヤがあるもの、軽く握った時に弾力のあるもの
    数日後に食べる場合は果皮が緑色のもの、すぐに食べる場合は黒みがかったもの

    「森のバター」と称される通り、脂肪分が約20%を占めるアボカドは、1個当たり187キロカロリーと、生食の果物では最もエネルギーが高いものにあたります。しかし「脂肪分」といえども、アボカドに含まれるのは、血液をサラサラにしたり、コレステロールを減らす不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸、リノレン酸が主体なので心筋梗塞や脳梗塞など、生活習慣病の予防に効果があり、とても健康的。高エネルギーは夏バテ予防にも最適で、これから暑さがピークを迎える時期、意識的に摂取したい果物のひとつです。ただし体によいといってもカロリーが高いので、食べ過ぎには要注意!

    アボカドの脂肪分が何かと注目を集めがちですが、実は食物繊維も青果物の中でトップクラス! 100グラム当たり5.3グラムと、セロリの3.5倍、レタスの5倍もの食物繊維が摂取でき、腸の働きを整え、便秘や大腸ガンの予防になるのはもとより、ダイエット、そして美容効果も得られます。

    老化防止に役立つビタミンEやビタミンA、ビタミンCもとても豊富です。ビタミンEは血行をよくする働きから、皮膚の新陳代謝を高め、シミやソバカスを防止、さらには肌に潤いや張りを与えるため、「若返りのビタミン」とも言われ、また不妊治療効果や更年期障害緩和、冷え性や肩こりの改善などの効能を持つ、まさに女性にとって強い味方のビタミンです。最近ではアボカドを配合したスキンケアやボディクリームが女性から高い支持を受けるようになりました。

    そして美肌作りという面から見ると、アボカドには凄い成分、コエンザイムQ10が含まれていることが近年発見されました。コエンザイムQ10は私たちの体のあらゆる細胞や血液中にある成分で、日常生活を送る上で必要な細胞エネルギーを作り出し、若々しい体のコンディション維持に役立つ物質です。生きていく上でなくてはならないものでありながら、加齢や偏った食生活、ストレスなどにより、20歳前後をピークに減少、40歳前後から加速的に減るため、サプリメントやコエンザイムQ10配合の化粧品が人気を集めています。

    「美容」と聞き、自分とは無関係だと思った男性の方々!アボカドは肝臓で働くグルタチオンと呼ばれる成分を豊富に含むため、アルコールなどで弱った肝臓の味方でもあります。グルタチオンはアルコールなどの解毒作用を促進し、さらには肝臓の細胞を傷つける活性酵素を除去し、肝機能の低下を防ぐ働きを持ちます。何かとお酒を飲む機会が多いこの季節は、毎日の食卓に是非アボカドをとりあげてみてください。

    冒頭でもお伝えしたように、アボカドはサラダやスープを始め、ハンバーグやタコスなど、様々な料理に用いられますが、わさび醤油をつけると‘トロ’の味が楽しめるのはご存知でしょうか? 一品おかずが足りない夜や、お金がないけど‘トロ’を味わいたいときは、是非トライしてみてください。

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ