オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
生活・ショップ情報

食物の恵み


BitterMelon

15/03/2010


BitterMelonの恵み

独特な苦みと青臭さがありながらも「健康食」「長寿食」といったイメージから、日本でも大ブレイクしたニガウリ(和名:ツルレイシ)。近年の沖縄ブームをきっかけに、'ゴーヤ'という沖縄名も定着し、ゴーヤチャンプルーは今や沖縄料理の代名詞ともなりました。今月は南国の太陽をたっぷりと浴びた健康野菜の代表、ニガウリをお届けします。

CHEERS 2009年04月号掲載

BitterMelon

おいしいニガウリの見分け方
緑色が濃く、短くて太めのもの
表面のイボに張りがあり、潰れてないもの

沖縄が世界から注目される長寿地区であることはいまや有名なお話ですよね。温暖な気候をはじめ、高齢者を敬う気質など、様々な要因が挙げられますが、中でも昔から大切にされてきた沖縄の伝統食が長寿を招いているとされています。キュウリやヘチマ、スイカなどと同じウリ科に属するニガウリは、〝ビタミンC〟の王様'と謳われるほど、ビタミンCの含有量はトップクラス。100グラム中120ミリグラムと、キャベツの約4倍、トマトの約6倍にも匹敵する量が含まれ、さらには調理しても失われないのが特質でもあります。抗酸化物質を含むビタミンCは動物性食品と組み合わせることでその抗酸化力がさらにアップすると言われているので、豚肉、豆腐、卵と炒め合わせたゴーヤチャンプルーはまさに利にかなった摂取法と言えるでしょう。

ニガウリはアジアやアフリカ、ラテンアメリカをはじめとした国々で昔から'血糖値を下げる薬'として用いられ、欧米では「糖尿病に効くハーブ」とも呼ぶそうです。1939年にはリベラ博士率いるコロンビア大学の熱帯医学部により、ニガウリの経口的投与が糖尿病を改善するという事実が科学的に裏付けられ、また1966年にはニガウリから血糖値を下げる脂溶性の物質、〝チャランチン〟が抽出されました。最近では植物インスリン(P-インスリン)が豊富であることも明らかになり、薬品インスリンではみられない血糖値の安定作用は、世界中の注目の的となっています。近年日本では、ゴーヤ茶を食事と一緒に飲むことで、血糖値の上昇を防ぐ'低インシュリンダイエット'も人気のようです。

またニガウリの果実や種子にはガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化させる「蛋白MAP30」をはじめ、細胞が増殖するのに欠かせないDNAやRNAの合成を阻害する働きがあるモモルカロシドという成分など、ガン細胞の増殖や進展を防ぐ効能も立証されています。

そもそもニガウリはなぜ苦いのでしょうか。それは前述した成分チャランチン、そして特有の苦み成分、モモルデシチンによるもので、これらは血糖値を下げるのはもちろん、血圧抑制やコレステロールを低下させる作用なども確認されています。さらにモモルデシチンには食欲増進や整腸作用、鎮静作用、血液サラサラ効果、夏バテ予防など様々な効能も期待されています。しかしこの苦みが苦手!という方は、塩もみをする、水にさらす、よく炒めるなどといった方法で和らげてみてください。また苦味の多くはワタ(種)にあるので、これをスプーンなどでくりぬくことをお勧めします。冷蔵庫で保存する際にもこのワンステップを加えることでより長く新鮮に保つことができますよ!


関連記事

食糧や家畜の飼料をはじめ、合成繊維やプラスチックの原料、バイオエタノールの原料など、様々な分野で利用・活躍しているトウモロコシ。その起源はメキシコなどの中南米付近と推測され、マヤ、アステカ、インカといった古代文明の主食として生活を支え、発展へと導いたとされています。今月は小麦と米に並ぶ世界3大穀物のひとつとされる、トウモロコシの恵みをお届けします。

この記事を詳しく見る

欧米で「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」ということわざがあるように、リンゴは古くから健康に良いとされてきました。すりおろしたリンゴが極度の下痢で苦しむ幼児たちに効果的であるという1920年代の発見にはじまり、90年代後半に明らかにされた老化防止や抗酸化作用など、リンゴには様々な効能が期待されています。今月は健康維持に最適なフルーツ、リンゴの恵みをお届けしましょう。

この記事を詳しく見る

‘最も栄養価の高い果物’とギネスブックに掲載され、異名「森のバター」を持つアボカド。ねっとりとした口当たりと甘みのない果実は、サラダやスープ、生産世界一のメキシコではパンにまで幅広く利用され、今やカルフォル二アロールを始めとする巻き寿司にも欠かせない食材となりました。今月は意外と知られざるアボカドの恵みをお届けしましょう。

この記事を詳しく見る

紀元前5千年から1万年頃に栽培が始まったといわれるバナナ。その栄養素が脚光を浴びるようになったのは1984年。ロサンゼルス五輪で‘メダルラッシュ’を見せた米国選手団が食事にバナナを大量に取り入れていたことが報じられ、スポーツフードとして広く利用されるようになりました。今月はそんなバナナの知られざる恵みをお届けしましょう。

この記事を詳しく見る
Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

1234
卓袱台(ちゃぶだい)をひっくり返す言葉 
1235
ブルックベールの隠れ家イタリアン
1236
シドニーでの 年越しプランは もう決まってる?

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase