Soy Bean | 食物の恵み
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • Soy Beanの恵み

    "大いなる豆"という意味が名前の由来である大豆。古来より様々な形で日本の食卓に並んできた大豆は、日本が世界一の長寿国になった理由のひとつと言われ、年々その価値が見直されてきています。今月は、生活習慣病やガンの予防、脳の活性化、ダイエットや美肌効果など小さな粒にたっぷりの効能がつまった大豆に注目してみましょう。

    CHEERS 2009年06月号掲載

    Soy Bean

    おいしい大豆の見分け方
    表面に艶があり、皮が破れていないもの
    粒が揃っているもの

    日本食は低カロリーで栄養バランスに優れた健康食として、今や世界中でその価値を認められています。日本では古くから米、魚、大豆を食に取り入れており、中でも大豆は味噌、醤油、豆腐、納豆など、様々な食品に加工されて日常的に食されてきました。大豆には、たんぱく質、脂質、炭水化物という、体を作る3大栄養素がバランスよくたっぷりと含まれるほか、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸など実に豊富な栄養素が入っています。それでいてコレステロールを全く含んでいないという、日本食の中でも重要な役目を担う優れた食材なのです。

    大豆が「畑の肉」とも呼ばれるのはなぜなのか、皆さんはご存知でしょうか。これは、大豆に含まれるたんぱく質が約30%で、肉に匹敵する量を含んでいるからです。たんぱく質は、人間の筋肉や内臓など体の組織などを作る生命維持に必要不可欠な栄養素で、肉や卵に含まれるような、必須アミノ酸がバランスよく入った栄養価の高い良質のたんぱく質の摂取がより望ましいものとなります。通常、植物性食品のたんぱく質はこれより栄養価が劣るのですが、大豆には肉や卵に負けない良質たんぱく質が含まれています。また、肉や卵などの動物性食品はコレステロール値が高いことがしばしば問題になることからも、大豆は理想的なたんぱく質の摂取源です。

    大豆には世界的にも注目を浴びている三大成分、イソフラボン、サポニン、レシチンが含まれています。大豆イソフラボンはポリフェノールの一種で、体内で女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることから、骨粗しょう症の予防や更年期障害の症状の改善など、女性の体の様々な不調の緩和に役立ちます。また、ガン細胞の増殖を促進するのに必要な各種細胞内蛋白質に働きかける抗腫瘍効果があり、ガン予防に非常に有効です。こちらもポリフェノールの一種である大豆サポニンは、強い抗酸化作用があり、体内で脂質の過酸化を抑制して代謝させると同時に、血管に付着した脂質を除去し血中コレステロールを低下させる働きがあるので、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞予防に効果を発揮します。さらに大豆サポニンには肝機能障害の改善のほか、体内脂質の代謝を円滑にし、便通を促して腸内環境を改善する機能もあるので、ダイエットや便秘解消、美肌づくりの強い味方であるといえるでしょう。同じくコレストロールを減らす効果がある成分、大豆レシチンは神経伝達物質であるアセチルコリンの元になる物質であることから脳を活発にしますので、認知症の予防、記憶力の向上などに効果が期待できます。

    これらの優れた栄養素は、大豆の加工食品にももちろん含まれます。しかも、大豆そのものの栄養吸収率は約65%ですが、煮豆は約68%、味噌は約85%、醤油は約90%、納豆は約91%、豆腐は約95%と加工することによって格段に消化が良くなるのです。厚生省による「21世紀における国民健康づくり運動」では、大豆を始めとする豆類を1日に100グラム摂取することを推奨しています。現代日本の食生活では1日70.9グラムしか摂れていないと言われますが、海外で生活するにあたっては、さらに意識して大豆製品を食事に取り入れることが、元気で病気知らずの体を手に入れるポイントになりそうです。また、大豆に不足しているビタミンAやビタミンC、カロチンを補うためにも、緑黄色野菜と一緒に食べることをお勧めします。私たち日本人にとって先祖代々伝わる食の知恵であり、素晴らしい健康の源である大豆製品を是非活用し、その効果を実感してみてくださいね。

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ