Spring Onion | 食物の恵み
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • Spring Onionの恵み

    独特の辛みがあり、様々な料理の具や薬味として用いられている万能野菜、ネギ。古来より日本を始め、東アジアで盛んに栽培されてきたネギは、滋養強壮、食欲増進、殺菌、鎮痛作用など数々の薬理効果で、人々の生活に大きな役割を果たしてきました。今月は、特有の香り成分が大きなパワーを発揮するネギの秘密を解き明かします。

    CHEERS 2010年03月号掲載

    古くから素晴らしい効能があることが認知され、食材としてだけでなく漢方や民間療法にと幅広く利用されてきたネギは、現代でもその薬効成分の謎を明らかにする研究が進められています。ネギは土をかぶせて栽培され、白根の部分が多い「根深ネギ」と、土をかぶせずにそのまま育てられ、葉の部分が多い「葉ネギ」の2種類に分かれますが、栄養分を比較すると、葉ネギの方が圧倒的に優れているようです。

    太陽の光を浴びて育ったネギの葉の部分は栄養素が豊富で、目や皮膚、粘膜などの健康を維持し、強い抗酸化作用で風邪やガンを予防するカロテンや、コラーゲンの合成を助け、シミやメラニン色素を減らすなどの美容効果があるビタミンCが含まれています。さらに、ビタミンB12と協調して正常な赤血球を作る葉酸のほか、骨粗鬆症予防に役立つカルシウム、貧血を予防する鉄、高血圧を防ぐカリウムなどミネラルもたっぷり含まれており、様々な生活習慣病や老化の進行を予防するのに効果を発揮してくれます。

    一方、ネギの白根の部分はあの独特の鼻をつくような香りが強く、この香りが強ければ強いほど薬理効果があるとされています。この香りの正体は、辛みの素でもある硫化アリルという栄養成分で、ビタミンB1の吸収や働きを高め、疲労を回復させる機能や、消化液の分泌を良くし、食物の消化、吸収を高める効能があります。このことからも、ビタミンB1が多く含まれている豚肉や牛肉と一緒にネギを調理するのは、理にかなった摂取方法といえるでしょう。また、硫化アリルには血小板の凝集を阻止する機能があることから、血液をサラサラに改善して血行を促進するほか、肝臓での脂肪代謝を高め、脂肪燃焼をアップさせるのでダイエットにも効果的です。さらに、硫化アリルには殺菌・解毒作用、鎮痛・解熱・鎮静効果もあり、昔の人々にとってネギは滋養強壮だけでなく、消毒液やアスピリンのような役割をも果たしていました。

    これらの硫化アリル作用をより効果的に取り入れるには、ネギを細かく砕いて香りや辛み成分が増した状態で、なるべく加熱処理せずに食べることをおすすめします。薬味ではなく鍋など料理の具として使用する場合は、食べる直前に入れてなるべく火を通さない状態で口に運ぶのがポイントです。また、細かく刻んでから時間が経つと効果が薄くなるので、ネギは料理に加える直前にカットするようにしましょう。

    最後に、昔から伝わるネギの民間療法をご紹介します。ネギといえば風邪に効くことで有名ですが、ネギを細かく刻み、生味噌と刻み生姜を入れて熱湯を注いだものを飲むと、発汗促進、解熱、鎮咳、解毒作用があり効果的なようです。この方法は血行を良くして体の細胞を活性化してくれるので、冷え性の方にもおすすめです。また、傷や火傷には、ネギの白根をすり下ろして患部に塗ると、殺菌・炎症止めの役割を果たしてくれます。不眠症には、硫化アリルによる鎮静効果を使って、枕元にネギの白根を置いておくと寝付きがよくなるようです。様々な種類の薬が市販で購入できるようになった現代ですが、時にはこうして自然の恵みを生かした昔ながらの方法で治療してみるのも良いのではないでしょうか。ネギの葉の部分の栄養と白根の部分の薬理効果を利用して、滋養強壮に、病気やケガの治療にと、ぜひみなさんの生活に役立てていってくださいね。

    おいしいネギの見分け方
    葉の部分と白根の部分との差がはっきりしているもの
    葉は先端までハリがあり、白い部分は硬くしまって重いもの
    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ