第18回 仕事場で | ネイティブの大予感

SPEAK LIKE A NATIVE!

第18回

これまでの経過:
新しい職場で出会ったマークさんが気になるカオリさん。しかし、カオリさんの元彼である、ベンさんが付きまとう日々が続きます…。元々は彼を追って来豪したものの、ベンさんにはもう未練がないのです。そんな中、マークさんとの距離が近づき始めました…。

仕事場で

Kaori: You won't believe this Mark. After you walked me home last night, I get a call from Ben, the minute I walked into the house! As if he was waiting for me!
ねえマーク、信じないかもしれないけど、昨夜送ってもらった後、家に入ったとたんにベンから電話があったの。まるで待っていたかのように!

※'the minute' - 「~するやいなや」、「~したとたん」
例:'I spilt rice all over the floor the minute I finished vacuuming!'
掃除機をかけ終わったとたん、床一面にお米をこぼしてしまいました。

Mark: You serious? That's a little freaky…. And what did he want?
まじで? それはちょっと妙だね…。 で、何の用だったの?

Kaori: Well he just wanted to apologize for intruding my work, and…
仕事の邪魔をしたことに謝ってきたのと…

Mark: Let's see, he made a comment about me?
どれどれ、僕のことに触れたのかな?

Kaori: How do you know?
何で知ってるの?

Mark: Well I could see jealousy in his eyes. I knew straight away that he thought of me as some rival. I'm sure he said something along the lines of 'Watch out that playboy', right?
だって目が嫉妬していたもん。僕のことをライバルと思っていると直感したよ。「あのプレイボーイには気をつけろ」みたいなこと言ったんでしょ?

※'(something )along the lines of'- 「○○のような」、「○○と似たような」、「○○に沿ったような」などの意味合いを持ちます。
例:'His name is something along the lines of Joe or John'
彼の名前はたしかジョーか、ジョンだったような…
'I was thinking more along the lines of lunch at the beach?'
私はむしろ、ビーチでのランチを考えていたけど…

注)'lines'は複数形です。
'Somewhere along the line'(「時間」や「○○の過程」の表現として用いられる)と間違わないように

Kaori: Spot on.
正解。

Mark: Well, I'm no playboy I assure you.
プレイボーイなんかじゃないよ、断言できる。

Kaori: Yeah I know. Never doubted that!
知ってるわ、疑ったことなんかないよ!

Mark: Putting that aside, any plans for Christmas?
話は置いといて、クリスマスの予定は?

Kaori: No, not really. I suppose Aussies spend their Christmas with family right? Well I have no family here…. I'll probably have a party with our share mates, who too don't have a family here.
何も入ってないわ。オージーはクリスマスを家族と過ごすんでしょ? ここに私の家族はいないし…。同じ様に家族がオーストラリアにいないシェアメイトたちとパーティかな…?

Mark: Can I invite you to our party?
よかったら僕のパーティに来ないか?

Kaori: What? You're not spending Christmas with your family?
え? 家族とクリスマスを過ごすんじゃないの?

Mark: Of course I am. I'm asking you to come to our family BBQ.
もちろんさ。僕のファミリーBBQに君を招待したいんだ。

Kaori: But, I'm not even your girlfriend…
でも私、彼女でもなんでもないのに…

Mark: That doesn't matter! But let's say, you're special to me! You're he only one I've asked.
そんなの関係ないさ! でも、君が僕にとってスペシャルであるとは言えるよ。だって招待したのはカオリだけだから。

Kaori: Wow, I feel so happy!
とてもうれしいわ!

Mark: So I take, that's a yes?
それはイエスということだね?

Kaori: Of course! Gosh, what should I bring? What should I wear?!
もちろん!どうしよう、何を持って行こうかしら、何を着て行こうかしら!?

Mark: Just bring yourself. And no need to worry about what you should wear! It's a casual gathering. Jeans and thongs would be fine with us!
手ぶらできてね。それに何を着ようか迷うことないよ。カジュアルな集まりだから、ジーンズとビーチサンダルでいいんだよ!

※'just bring yourself' - 手ぶらで来てね

※'thongs'とはオーストラリアンスラングで言う、「ビーチサンダル」のこと。
'Flip-Flops'とも言われます(アメリカンスラング)。アメリカでは一般的に下着や水着のTバックのことを'thong'と言うので、アメリカ人と話すときは要注意!

Kaori: I'm getting really excited! You know I was dreading that I was going to spend Christmas alone…
なんだかちょっと興奮してきちゃった! ひとりでクリスマスを過ごすんじゃないかと、心配してたの。

※'dread'- 恐怖や不安、心配

例:'I'm really dreading my exam results'
試験の結果がとても不安なの。

Mark: Well, I'm glad!
それはよかった!


ページトップへ