第17回 マークさんに相談する絶好のチャンス! | ネイティブの大予感

SPEAK LIKE A NATIVE!

第17回

これまでの経過:
新しい職場で出会ったマークさんが気になるカオリさん。しかし、カオリさんの元彼であるベンさんが付きまとう日々が続きます…。元々は彼を追って来豪したものの、ベンさんにはもう未練がないのです。さぁ、これからどうする?

マークさんに相談する絶好のチャンス!

Mark: Is he bothering you?
彼に困ってるの?

Kaori: Yeah, a little…
うん、ちょっとね…。

Mark: Go on, let it out, you'll feel better.
どれどれ、僕のことに触れたのかな?

Kaori: How do you know?
あらいざらい話してごらんよ。きっとすっきりするよ。

※'Let it all out'- 「あらいざらい話す」、「気持ちをぶちまける」、「素直に話す」

Kaori: You're gonna give me a shoulder to cry on?
愚痴聞いてくれるの?

※'A shoulder to cry on' - 「悩みを打ち明けられる人」、「愚痴を聞いてくれる人」、「困ったときに頼りになる人」を意味するイディオム

例:'My therapist told me that what I need is a shoulder to cry on'
私には悩みを打ちかけられる人が必要だとセラピストが言っていました。

Mark: Of course! Not sure if I can be of any help, but like I said, you'll feel better.
もちろん。何か手助けできるかは分からないけど、さっきも言ったように気持ちが晴れるよ。

Kaori: Ben is my ex-boyfriend. I met him Japan. One of the main reason I am here, I hate to admit, was Ben. But he already had a girlfriend living with him at the time. It took time, but I'm over it. But now, he's trying to get back into my life now that his girlfriend left him.
ベンは元彼なの。日本で出会ったんだけど、私が来豪するもっともの理由は彼だった。認めたくないけどね。でも彼にはすでに同居するガールフレンドがいて…。時間はかかったけど、彼のことはふっきれたの。でも彼女に出て行かれて、私のもとへ戻ってこようとしているの…。

Mark: How?
どんな風に?

Kaori: Call me constantly during the day, asking me what I'm up to, where I am…. Turn up unannounced, like you saw just before, etc etc. He' beginning to freak me out a bit.
1日何度も電話をかけてきて、何をしているか、どこにいるかとか聞いてきたり、さっきのように事前に連絡をしないで現れたり、とか他にも色々。怖くなってきちゃった…。

etc. etc. (エトセトラ、エトセトラ)- ~などなど、他にも色々あります。

例:'So much to do! Grocery Shopping, ironing, cleaning, etc etc.'
やること多すぎ!買出し、アイロンがけ、掃除、などなど。

Mark: I see, a little possessive perhaps?'
独占欲が強いのかな?

Kaori: Don' know. But he was never like that, even when we used to go out. It's like he's a different person.
分からないわ。でも今までこんなことなかった、付き合ってた頃も。まるで別人みたい。

Mark: Here, this is my number. If you're ever in trouble, you can call me anytime ok?
これ僕の番号。もしなんかトラブルがあったらいつでも電話ちょうだいね。

Kaori: Really? I'm so grateful for you! I didn't have any guy-friends who could protect me until now!!!!
本当に? ありがとう!今のいままで守ってくれる男友達がいなかったの!

Mark: Hahaha! Don't be so dramatic! I'll walk you home, just in case he's waiting around the corner.
ははは!大げさなこと言うなよ! 家まで送るよ、近くで待っているかもしれないからね。

Kaori: You're so sweet, you know that?
あなたって本当に優しいのね、知ってた?

Ben: Hey Kaori.
こんばんは、カオリ。

Kaori: Hey…Sorry about today.
こんばんは。今日はごめんね。

Ben: Never mind, my bad for not calling you first.
気にしないで。先に電話しなかった僕のミスだから。

※'My bad' - 私のミス・間違い・謝り

Kaori: Anyway, what's up?
で、どうしたの?

Ben: You know that guy at your work? I don't think you should get close to him.
さっきの職場の男だけど、親しくしない方がいいと思うよ。

Kaori: Why? You know Mark?
え? なんで? マークのこと知ってるの?

Ben: No I don't. But he looked a bit dodgy.
いや、知らないけど、信用できない感じだったから。

※'dodgy' - 信用できない、怪しい、思わしくない

例:'That video store is a bit dodgy, don't you think?'
あそこのビデオ屋さん怪しくない?

Kaori: Who are you tell me this?
何様のつもり?

Ben: Wow, what's gone into you?
え、どうしちゃったの?

Kaori: I don't want you calling me constantly, turning up at my work, and telling me how to think! I had enough!
何度も電話をかけてきたり、職場に現れたり、そして私の考え方にまで口を出さないで! もううんざり!


ページトップへ