第14回 渡豪から1ヵ月 | ネイティブの大予感

SPEAK LIKE A NATIVE!

第14回

これまでの経過:
破局後もBenさんのことが忘れられず、日本から遥々オーストラリアへとやってきたKaoriさん。しかし涙の再開はむなしく、 Benさんには既に同棲するガールフレンドが…。厳しい現実をつきつけられたKaoriさん、これからどうする?

渡豪から1ヵ月。学校から帰宅すると…

Ben: Kaori! At last I find you!
カオリ!やっと見つけたよ!

※'At last'とは「遂に」や「とうとう」、「やっと」など待ち望んでいたことが実現したときに使われます。

例:'Here you are at last!'
やっと来たね!
'At last, I have my own car!'
とうとう自分の車を買っちゃった!
レストランでやっと料理がでてきたとき→'At Last!'
'At long last'→長い努力の末やっと
例:'At long last, I finish my medical degree'
遂に医学部卒業だよ

Kaori: Ben? How on earth did you find me?
ベン?一体どうやってここが分かったの?

Ben: Lots of asking around.
色々聞いて回ったよ。

※~aroundはイディアムで'look around(周りを見る、状況を考える)' や 'go around(周回する、広がる、動き回る)' など、様々なシチュエーションで使えるので覚えておくと便利!

Kaori: Ask who?
聞くって誰に?

Ben: My Japanese mates…You don't look very happy to see me…but I don't blame you.
日本人の友達さ…僕に会えてあまりうれしそうじゃないね…無理もないか。

Kaori: Well it really was some harsh reality. I came all the way to see you… oh don't worry, it's just a waste of time. I was the silly one. And why are you here?
厳しい現実を突きつけられたわ。あなたに会いたくて遥々来たのに…もういい、時間の無駄。私がバカだったわ。何のためにここに?

Ben: I was worried for you.
君のことが心配だったんだ。

Kaori: I can look after myself, thank you very much.
自分のことは自分でケアできるわ。

※語尾で'thank you very much'とやや強めに言うことで、怒りを表すことができます。

例:'I can hear you without you screaming in my ears, thank you very much!'
耳元で叫ばなくても聞こえるわ!

Ben: How about a coffee?
お茶でもする?

Kaori: Yeah why not.Your Shout.
そうね。あなたのおごりね。

Ben: Yeah I know a real good cafe just around the corner.
うん、すぐ近くに美味しいカフェがあるんだ。

カフェで…

Ben: So, what have you been doing with yourself for the past month?
ところでこの1ヶ月、何をやっていたの?

Kaori: I started going to school.Other than that, just hanging around with friends.
学校に通い始めたの。あとは、友達とブラブラしているかな。

Ben: You've made many friends?
友達たくさんできた?

Kaori: Yeah, quite a few from school and also from going to the pub.
うん、学校、そしてパブで数人できたよ。

Ben: Pub? Which pub?
パブ?どこの?

Kaori: Why are you asking me all this? It really is none of your business now.
なんでそんな色々聞いてくるの?あなたには関係ないでしょ。

※'None of your business' - あなたには関係ない、大きなお世話、ほっといて、構わないで

Ben: Well I feel responsible…
だって責任を感じるんだ…

Kaori: For what? I am here because of me, not you. Don't worry, I'm over you, for good.
何に?私はあなたのためでなく、自分のために来たのよ。だいじょうぶ、あなたのことは吹っ切れたわ。永遠に。

Ben: That's a bit sad to hear…But look, if you're ever in trouble or in need of some help, you can always call me or come by. You know where I live.
それはちょっと悲しいな…でも今後何かトラブルがあったり、手助けが必要だったらいつでも電話するなり、立ち寄っていいからね。僕の家知っているでしょ?

Kaori: Yeah, thanks Ben. That's kind of you.
親切にありがとう。

Ben:So are we still friends?
友達でいてくれる?

Kaori: Yep, friends.
うん、友達。

数日後、ベンから電話が…

Ben: Hey Kaori, I was just passing by your area, and was wondering if you wanted to have dinner with me? There is a great Thai restaurant which I would love for you to try.
近くまで来たんだけど、よかったら一緒にディナーしないかい? 君にぜひ食べてもらいたい美味しいタイレストランがあるんだ。

Kaori: What, now?
え? 今?

Ben: Yeah, if you're free.
うん、予定が入ってなかったら…

Kaori: Well I'm free, but I'm not really ready to go out.
うん、だいじょうぶだけど、出かける準備ができてないよ。

Ben: I can wait. Or I can bring over take away instead?.
待てるよ。それともテイクアウェイでも持って行く?

Kaori: Don't be silly. Jenny would not like you coming over to my place. Well I don't think she'll be happy with me going out to dinner with you in the first place.
何バカなこと言っているのよ。私の家に入るなんて、ジェニーが怒るわよ。そもそも一緒にディナーすること自体ハッピーじゃないでしょ。

Ben: That you need not to worry. We've gone our separate ways.
それはもう気にしなくていいよ。もう別れたんだ。

Kaori: Oh, sorry to hear that.
そうだったの、ごめんなさい。

Ben: No, don't be. We weren't serious anyway.
あやまるなよ。それにあまり真剣なお付き合いじゃなかったから。

Kaori: You are such a womanizer! Give me 10minutes, I will get ready.
あなたってほんとプレイボーイね。10分ちょうだい、用意してくるから。

※Womanizer = プレイボーイ、女たらし、浮気者 Manizer = プレイガール、男たらし、浮気者

Ben: Ok.
うん。


ページトップへ