第13回 ベンさんの帰国を前に再び告白したカオリさん… | ネイティブの大予感

SPEAK LIKE A NATIVE!

第13回

これまでの経過:
英語教師のBenさんと恋に落ちたKaoriさん。言葉のハンディを乗り越え、ふたりの愛は育まれていたものの、度重なる誤解や言い争いなどでとうとう破局。しかし、ベンさんのことを忘れることができなかったカオリさんは渡豪を決意。国が変わった今、ふたりは再び結ばれるのでしょうか…?

ベンさんの帰国を前に再び告白したカオリさん…

Kaori: Well, I still love you!
だってまだあなたを愛しているもん!

Ben: You do?
そうなの?

Kaori: Yep.
うん。

Ben: Even after what I put you through?
あんな思いをさせてしまったのに?

※ 'put through'にはいくつかの意味があります。上記では 「迷惑をかける」、「ひどい目に合わせる」、「苦労をさせる」、といった意味合いを持ちます。

その他にも:
1. 電話をつなげる
例:'Hold on, I will put you through'
ちょっとお待ちください、今おつなぎします
'Can you put me through to the marketing department?'
マーケティング部へつないでくださいますか

2. ~経験する、~受ける、~を卒業する
例:'I've been put through series of exams this semester'
今セメスターはたくさんの試験を受けたよ
'I've finally put myself through medical school!'
やっと医学部を卒業できた!

3. ~の中に通す
例:'Can you put that invoice through the shredder?'
その請求書、シュレッダーにかけてくれる?

Kaori: Well, yeah it looks like it. Plus I've always wanted to live abroad.
うん、そうみたい。それに、前から海外で暮らしてみたかったの。

Ben: I think that's a great idea. Perhaps things will be different if you came over to my country.
それはグッドアイディアだね。もしかしたら僕の国にくることで状況も変わるかもしれないね。

Kaori: Yeah, who knows it may even turn things around.
そうね、状況が一転するかもしれないわね。

※'turn around'とは、「回転する」、「Uターンする」、「後ろを向く」、「向きを変える」などの他に「悪い状況が一転する」、「上向きになる」と言った意味を持ちます。

Ben: Here, this is my contact details in Sydney. Let me know if you decide to come.
これ、僕のシドニーの連絡先。来るようだったら教えてね。

Kaori: Thanks Ben. I will go no matter what.
ありがとうベン。何が何でも行くわ。

Ben: Yeah, I'll be waiting.
うん、待ってる。

それから数か月…渡豪したカオリさんはベンさんの自宅前までやってきました

Kaori: Hey Ben, it's me Kaori. Are you there? I tried your mobile but couldn't get through.
ベン、私、カオリよ。いる?携帯に電話したんだけど、通じなくて…。

Jenny: Ah, Ben's at work at the moment, can I help you?
あ、ベンは今仕事へ行っているわ、どういうご用件ですか?

Kaori: Ah, I'm Kaori...I'm Ben's...
え~っと、私はカオリ、ベンの…

Jenny: Hi, I'm Jenny, Ben's girlfriend, nice to meet you. Did you want to come in? He shouldn't be too long.
こんにちは、私はジェニー、ベンのガールフレンド。はじめまして。上がる?彼、そろそろ帰ってくると思うけど。

Kaori: Girlfriend?
彼女?

Jenny: Ah, yeah, any problem?
ええ、そうだけど、何か問題でも?

Kaori: Oh no no. It's just that he didn't mention anything about you. Oh I'm sorry. Hi, I'm Kaori, a colleague of Ben from Japan.
え、いや、ただ彼からあなたのことを伺ったことがなかったから。あらごめんなさい、私はカオリ、日本でベンの同僚だったの。

Jenny: Oh ok, he didn't tell me about you visiting either...did you want to come in?
あ、そう。私もベンからあなたのことは聞いていなかったわ…入る?

Kaori: That's alright thanks, I was just passing by. If it's ok with you, can I leave you my mobile number to pass on to Ben?
大丈夫です。ただ通りがかっただけなので。もしよろしければ、私の携帯番号をベンに渡してもらっていいですか?

Jenny: Sure, no problem.
もちろん。

Kaori: Thank you. It was nice meeting you Jenny, see you later.
お会いできてよかったです、ではまた。

※'It was nice meeting you'「お会いできてよかったです」と、別れる際に伝えると、好印象です。

その他にも'Nice talking with you'、'Nice drinking with you'など、具体的に表現するのも◎ また'It was nice meeting you'の応答として'It was nice meeting you too'、'Yes, you too'、'Also'などが一般的です。

翌日、ベンさんから連絡が入りました

Ben: Hey Kaori, it's me Ben.
カオリ?ベンだよ。

Kaori: Hey…
どうも…

Ben: Hey… I had no idea that you were even in Australia. Why didn't you tell me?
オーストラリアに来ていたなんて知らなかった、なんで教えてくれなかったの?

Kaori: Well, I wanted to surprise you… You never told me about Jenny…
驚かせたかったから…。ジェニーのこと一度も話してくれなかった…。

Ben: Well, we didn't talk for a while…
だってずっと話していなかったじゃないか…。

Kaori: That doesn't mean you can go and get yourself a girlfriend!
だから彼女を作ってもいいの?!

Ben: Hey wait a minute, we're not going out, I am not obliged to stay single…
ちょっと待ってくれよ、僕たち付き合ってはいないんだよ。シングルでいる義務はない…。

Kaori: Well I guess not. Well, have a good one.
そうよね。じゃあ良い1日を。

※'Have a good one'='Have a good day'

Ben: Hey, wait up. Do you have a place to go to?
ちょっと待ってよ。行先はあるのかい?

Kaori: Yeah I do.
うん。


ページトップへ