第9回 ベンさんの帰りを待つカオリ | ネイティブの大予感

SPEAK LIKE A NATIVE!

第9回

これまでの経過:
英語教師のBenさんと恋に落ちたKaoriさん。言葉のハンディを乗り越え、ふたりの愛は育まれていたものの、Benさんは突然札幌へ転勤することに…。そんな事実をつきつけられたKaoriさん、悩みに悩んだあげく、彼を追って札幌へ行くことに。ハッピーライフが始まったのですが…。

自宅でベンさんの帰りを待つカオリさん…

Kaori: Hey Ben, are you on your way back? Dinner is almost ready.
ベン、今戻っているところ?夕食がもうすぐできるわ。

Ben: Oh, I’m sorry Kaori, I totally forgot to tell you, but I will be having dinner with my colleague today.
あ、ごめん。すっかり忘れてた。今夜は同僚とご飯を食べる約束をしてるんだ。

※‘totally’には様々な使い方があります。

(1)‘totally ~’- 完全に、すっかり
例:‘The fire is totally out of control!’
火事のコントロールは完全に失われた

(2)‘yeah totally’ - もちろんよ! 本当よ!
例:‘Are you sure I can have this top?’
このシャツ本当にもらっていいの?
→‘yeah totally!’

(3)‘not totally’ - 何から何までではない、完全ではない
例:‘do you agree with her?’
彼女に同意する?
→ ‘not totally…’

Kaori: Again? You’ve been eating out for the past 3 days! I made dinner for you!
また?もう3日間連続で外食してるじゃない。あなたの分まで作ったのよ!

Ben: I know, but I just can’t refuse the offer. I’m new to the school, and they want to take me out so we can get better acquainted.
分かってるよ、でも断れないんだ。僕は学校で新顔だし、皆僕を連れ出して親しくなろうとしてくれてるんだ。

Kaori: Well, I’m a little lonely here on my own! I could have arranged dinner with my friends too if you told me earlier…
ここにひとりで過ごすなんてちょっと寂しいよ!もっと早く教えてくれたら私だって友達と外食できたのに。

Ben: I’m sorry.
ごめん。

Kaori: Wait a minute, I hear ladies in the background?
ちょっと待って、女性の声が後ろで聞こえる。

Ben: Yes, I’m with a female teacher.
あ、女性の教師といるからね。

Kaori: Just you two alone?
ふたりだけで?

Ben: Ah, yes. But you don’t have to give me that tone of voice. We’re talking work.
うん、でもそんな怖い言い方しないでよ。仕事の話をしてるんだから。

Kaori: Whatever, see you later.
どうでもいいわ。また後でね。

12時過ぎに帰宅…

Kaori: Talking work until this time of the night? And I couldn’t even contact you, what happened?
こんな遅くまで仕事の話をしてたの? 携帯にも繋がらなかったし、どうしたの?

Ben: I’m sorry, but she was telling me about the past English teachers and how they went, giving me great advices. And for the phone, it ran out of battery.
ごめん。過去の英語教師がどうだったか、色々素晴らしいアドバイスをもらってたんだ。携帯は充電が切れちゃったんだ。

Kaori: I’m supposed to believe that?
そんなことを信じろって言うの?

Ben: What? It is the truth! Don’t be like that. There is nothing between me and Miyuki.
え? だってそれが事実だよ。そんな風になるなよ。僕とミユキの間には何もないよ。

Kaori: Miyuki? You call your work colleague by her first name?
ミユキ?学校の同僚なのに、名字じゃなくてファーストネームで呼ぶの?

Ben: Oh Kaori… Miyuki used to teach Japanese in the US, and we both agreed that calling each other by the first name is so much more comfortable.
ミユキは以前アメリカで日本語教師として教えていたんだ。お互いファーストネームで呼んだほうが気楽だってことになったんだよ。

Kaori: You know, I don’t know what to think anymore. I’m going to bed.
もうどう思っていいのか分からないわ。もう寝るね。

数日後、近所のカフェで

Ben: Hey Kaori.
カオリ。

Kaori: Hey Ben. Um, this is Shin-chan. A friend of my colleague.
ベン。あ、紹介する、シンちゃん。同僚の友達。

Shin: Hi, I’m Shin, it’s great to meet you.
こんにちは、シンです。初めまして。

Ben: Ah, Kaori, can I have a word with you in private?
カオリ、2人だけで話せるかな?

Kaori: Excuse me Shin-chan.
ちょっとごめんね、シンちゃん。

Ben: Who the hell is that? Shin-chan? You call him as if you’ve known each other for a long time.
彼は一体誰なんだ? シンちゃん? まるで昔からの知り合いのように呼んでるじゃないか。

※‘hell’は怒りや嫌悪、驚きなどを強調することに使われます。

例:‘what the hell is going on?’
一体何があったんだ?

Kaori: Can’t help it, that’s what people call him! It's his nick name! Oh what’s the matter? Upset? Jealous?
しょうがないじゃない。皆そう彼を呼ぶんだから。彼のニックネームよ。何がいけないの? イライラする? 嫉妬する?

Ben: Why are you raising your voice?
なんでそんなに声を上げるんだ?

※‘raise (one’s) voice’は「声を上げる」「叫ぶ」「怒鳴る」などの他にも「意見を主張する」「抗議する」「苦情をいう」際にも用いられます。

Kaori: What? You can go out with a female colleague until midnight, and I can’t even have coffee with a friend in broad day light?
え?あなたは女性の同僚と12時過ぎまで外出していいのに、私は友達と真っ昼間にコーヒーも飲めないの?

Ben: So you want to get ugly hey?
なんか、けんか腰だね。


ページトップへ