第8回 飛行場で3週間ぶりの再開… | ネイティブの大予感

SPEAK LIKE A NATIVE!

第8回

これまでの経過:
英語教師のBenさんと恋に落ちたKaoriさん。言葉のハンディを乗り越え、ふたりの愛は育まれていたものの、Benさんは突然札幌へ転勤することに…。そんな事実をつきつけられたKaoriさん、悩みに悩んだあげく、彼を追って札幌へ行くことに。

飛行場で3週間ぶりの再開…

Kaori: Ben? I didn’t expect you to be waiting for me here. How did you know I was catching this flight? So you’re not angry with me after all? Are you happy with…
ベン? ここで待っててくれるなんて思ってもいなかった。どうやってこのフライトだって分かったの? 来てくれたってことは、もう怒ってないの? 喜んで…

Ben: Stop asking million questions. It’s so nice to see you Kaori. I really missed you. Here, give me a hug!
そんなにたくさん質問しないでよ。会えて良かったよカオリ。寂しかったよ、さぁハグをくれ!

Kaori: Wow…I’m lost for words. I really didn’t expect this.
あぁ…言葉に困るわ。来てくれるなんて本当に思ってなかったの。

Ben: Well, after I spoke to you last, I sat down and thought things through. And realized how selfish and stubborn I was. I’m sorry Kaori.
君と最後に話したあと、落ち着いてよく考えてみたんだ。僕がいかに自己中で頑固であったかに気付かされたよ。ごめんねカオリ。

※“sat down and thought things through”の“sat down”は、「座って」や「腰を掛けて」の他に、「落ち着いて」「ゆっくり」「冷静に」などのニュアンスがあります。

Kaori: No, I think I should be the one apologizing. I think I have been too consumed in the relationship that I wasn’t seeing things straight. I realized how much you cared for me. Cos if you didn’t really care, you would have taken advantage of me…
あなたが誤ることないわ。私こそこの関係に夢中になりすぎて、物事が真っ直ぐに見えてなかったわ。あなたがどれだけ私のことを思ってくれていたのかに気付いたの。だって、好意がなければ私のことを利用してたでしょ…

※“consume”は「消費する」ことや「摂取する」ことを意味するほかに「夢中になる」ことの表現にも使われます。

例:“I am consumed by this game” 私はこのゲームに夢中です

Ben: Wow, are we compromising each other here? We’re just as stubborn as each other, so it’s almost like a miracle!?
あれっ、もしかして僕たちって今お互いに妥協してる? 頑固なのはお互い様だから、奇跡に近いんじゃない!?

Kaori: Yeah you got that right. Perhaps it’s good to spend time separately every so often. Having time to ourselves is just as important as spending time with each other.
そうね。もしかしたらときどき距離を置くのもいいのかもしれない。自分の時間を作ることは、一緒に過ごすことと同じぐらいに大切だと思う。

Ben: Come on, let’s not stand here in the walkway and be in the way of people. How about we grab ourselves something to eat?
さあ、こんな通り道で人の邪魔をするよりも、何か食べに行こうよ。

※“grab”とは「ひっつかむ」「わしづかみ」などを意味するほか、「~を素早く手に入れる」というシチュエーションで使われます。

例:“Let’s grab couple of beers before going home”
家に帰る前に軽くビールでも飲みに行かない?

Kaori: Yes! I’m starving!
うん!お腹ぺっこぺこ!

カフェで語り合い…

Kaori: So, have you found yourself a place yet?
ところで、住む場所は見つけたの?

Ben: Yep, a very stylish studio apartment, furnished too!
うん、とてもスタイリッシュなワンルームアパートにね、家具つきだよ!

Kaori: Are you sharing with someone else?
誰かとシェアしてるの?

Ben: Yep.
うん。

Kaori: You are…? With who?
そうなの…? 誰と?

Ben: With you, of course!
もちろんカオリとさ!

Kaori: Really!? You got me there! I really thought you were sharing with someone else!
まじで? 本当に誰かとシェアしているかと思っちゃったじゃない。やられたわ!

※“got me” は様々な使い方があります

(1)「参った」「降参」-“You got me, you win” 参りました、あなたの勝ちです
(2)「やられた」-“You got me, smart one” やられたよ、頭が切れるね
(3)「分かった?」-“Stop been a winger? Got me?” 愚痴ばっかり言うなよ、分かった?

Ben: I thought you might like a studio apartment. Really spacious too.
ワンルームアパートだったら気に入ってくれると思って。すごく広々しているよ。

Kaori: I am so happy! Can we go and have a look at it?
超うれしい! 見に行ってもいい?

Ben: Look at it? It’s ready for you to start living in it today, right now!
見に行くって? 今日、いや今から住める準備は整ってるんだよ!


ページトップへ