第5回 札幌旅行2 | ネイティブの大予感

SPEAK LIKE A NATIVE!

第5回

これまでの経過:
英語教師として日本へ短期で訪れているオーストラリア出身のBen。気づけば生徒であるKaoriさんと恋愛関係に…。言葉にハンディがあるものの、積極的にBenに近づいていくKaoriさん。ふたりの関係の行方は…?

札幌で観光を楽しむふたり…

Kaori: Where have you been? I've been waiting for you for almost an hour!
どこに行ってたの? あなたのことを待って1時間近くなるのよ!

Ben: So sorry…(puffing). Because Mr. Yamaguchi never turned up!
ごめん…(息切れしながら)だって山口さんが来なかったんだ!

Kaori: Who the hell is Mr. Yamaguchi? I thought you were doing some shopping at Big Camera?
山口さんっていったい誰? ビッグカメラで買い物してたんじゃないの?

Ben: He is the Principle of… (mobile rings) Ahh! This must be him!
彼は校長…(携帯が鳴る)あ!彼からだ!

Kaori: I've totally lost you…
さっぱり分からないわ…

Ben: Sorry to interrupt you like that. It's all good.
ゴメン、話の途中で。もう大丈夫。

Kaori: What's all good? So who the hell is Mr. Yamaguchi? Please, can you tell me what's going on? I feel so left out!
何が大丈夫なの? だから山口さんって誰?いったいどうなってるの?なんか取り残された感じ。

※left out = 仲間はずれ、のけ者、孤立

Ben: I thought I told you that I had an appointment with Mr. Yamaguchi, a principle of a Primary School where I wish to get some work?
言わなかったっけ? 山口さんは僕が働きたいと思っている小学校の校長だよ。

Kaori: Work? Here in Sapporo? What? You've caught me by surprised! I'm shocked!!
働く? ここ札幌で? え? 面食らったわ。ショック!

Ben: Well I've always wanted to live and work here in Sapporo. I told you that I was going to come here regardless of our trip.
前から札幌に住んで働きたかったんだ。この旅行とは関係なしに来たいって言ってたでしょ。

Kaori: But that means we're going to be apart!
でもそしらたら離れ離れじゃない!

 

ページトップへ