第19回 マークさんの実家にてBBQ | ネイティブの大予感
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • SPEAK LIKE A NATIVE!

    第19回

    これまでの経過:
    元彼のベンさんにしつこく付きまとわれるも、職場の先輩、マークさんにひそかに心を寄せるカオリさん。自分からなかなか気持ちを打ち明けられない中、なんとマークさんからファミリーパーティへのお誘いが! バリバリのオーストラリアン・スラングを話す家族についていけるでしょうか? 1月26日はオーストラリアデーということで、今月はオージースラングを中心にご紹介!

    マークさんの実家にてBBQ

    Mark: Mum, this is Kaori.
    お母さん、この子がカオリ。

    Kaori: Thank you for your invitation.
    ご招待いただきありがとうございます。

    Mum: Hello Kaori. It's lovely to meet you at last! Mark has been telling me about you!
    こんにちは。やっとお会いできてうれしいわ! マークからあなたのことは聞いていたわ!

    Kaori: He has?
    そうなんですか?

    Mark: Well, all he has really said was that there was a girl that he wanted to introduce, that's all. So we've been exercising our imagination! You're much more beautiful than we imagined!
    「紹介したい女性がいる」とだけ聞いていたから、色々想像していたわ! 思っていたのよりももっと美しいわね!

    ※'Exercise'とは「運動すること」や「課題」を意味する以外に、体力や知識、能力、権力などを使う・動かせる・用いる・行使するなどといったときにも使われます。
    例:Exercise a public right - 公民権を行使する

    Kaori: Well thank you. Oh, here is a cheese cake.
    ありがとうございます。あ、これチーズケーキです。

    Mum: Did you bake it?
    あなたが焼いたの?

    Kaori: Yes.
    はい。

    Mum: That's lovely, thank you. Please come in, we're all gathered in the backyard. Make yourself comfy. You know, he rarely brings a girl home!
    素晴らしいわ、ありがとう。どうぞ、みんな裏庭にいるわ。どうぞごゆっくり。あのね、マークが女性を連れてくるなんて稀なのよ!

    ※Make yourself comfy = Make yourself at home (どうぞごゆっくり、くつろいでください)
    Comfy とはComfortableのオージースラング

    Mark: Well, she obviously likes you.
    君のことを明らかに気にいったみたいだね。

    Kaori: You think?
    そう思う?

    Mark: Come on, she's my mum, I know. Let's go in, I'll introduce you to my family and relos.
    何言ってるんだ、俺の母親だぞ! 中に入ろう、家族と親戚を紹介するよ。

    ※オーストラリアンスラングの多くは、単語の名詞や形容詞の接尾部分を切り取り、-ie、-yや-oを付け加えて短縮語にされている。
    例:Relatives (親戚)=Relos
    Football (フットボール)=Footy
    BBQ(バーベキュー)=Barbie

    Mark: Hey dad, this is Kaori, my girlfriend.
    親父、僕の彼女、カオリ。

    Dad: Hello Kaori, it's a pleasure to meet you. So tell me, is Mark been nice to you?
    こんにちは。会えてうれしいよ。マークは君に優しいか?

    Mark: Dad!
    親父!

    Dad: Oh come on, someone has to break the ice.
    いいじゃないか、誰かが話の糸口を見つけないと。

    ※'break the ice'とは直訳すると「氷を砕く」という意味ですが、雰囲気や緊張をほぐす、場をなごませる、初めて何かにチャレンジする、会話(質問)のきっかけを作るなどといったときにも使われます。

    Kaori: Oh yes, he has been really nice to me.
    はい、とても優しくしてもらっています。

    Dad: That's good to hear. Here, have some coldie. There are plenty of snags over there too.
    それはよかった。はい、冷たいビールでもどうぞ。向こうにはソーセージもたくさんあるよ。

    ※Coldie:オーストラリアン・スラングで冷えたビール
    Snags :ソーセージ 

    Pub Food(パブフード)、またはPub Grub(パブグラブ)の定番メニュー、ソーセジ&マッシュポテトのことはBangers and Mashという。その他スラング、食べ物編:Bickies(ビスケット)、Lollies(キャンディ)、Chocki (チョコレート)、Chewy (ガム)、Sammie(サンドウィッチ)、Chook (チキン)

    Kaori: Thank you.
    ありがとうございます。

    Mark: Let's sit here and eat.
    ここにでも座って食べようか。

    Kaori: So Mark, am I your girlfriend girlfriend? Or friend girlfriend?
    ところで、私はガールフレンド? それとも女友達でいうガールフレンド?

    Mark: Ah, well I'm hoping it for girlfriend girlfriend, though I don't know about you…?
    僕としては彼女として言っているんだけど、カオリはどう思うの?

    Kaori: Well, I do like you Mark, so I guess I think of you as more than friends…
    マークのことは好きだわ、友達以上に思っている。

    ※友達以上と思っていない場合は'I only think of you as a friend'と答え、さらに強調したい場合は、最後に'no more than that(それ以上思ってない)'と付け足すと◎

    Mark: Well then, it's official!!
    じゃあ、正式に恋人同士だね!

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ