第24回 しつこい元彼対策3 | ネイティブの大予感
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • SPEAK LIKE A NATIVE!

    第24回

    元彼、ベンさんとの一件もようやく落ち着き、リフレッシュのため、ハミルトン島へやってきたカオリさん&マークさん。久しぶりのオフを満喫するふたりでしたが、なんだかちょっと怪しい雲行きが…。

     

    Kaori: Wow, this place is so beautiful!
    なんて美しいところなの!

    Mark: Yeah, isn’t it fantastic!? Let’s just forget about everything that’s happened in the past and enjoy!
    素敵だろ? 今までのゴタゴタは忘れ、存分に楽しもうよ!

    Kaori:I think so…
    そうね。

    Mark: I am thinking of doing some marine activities tomorrow. What do you think?
    明日、マリンアクティビティをしようかと思っているんだけど、どう?

    Kaori:You know what, I feel like just relaxing by the pool, and do nothing tomorrow. Maybe in few days time? We have the whole week here!
    明日はプールサイドでのんびりしたいわ。数日後はどう? まるまる1週間あるんだから!

    Mark:How about you relax by the pool, while I go for quick diving? I know that you’re not a big fan of diving…
    じゃあ君がプールサイドでのんびりしている間、ダイビングに行ってもいいかな? カオリはあまりダイビングに興味ないでしょ?

     

    ※‘not a big fan’
    直訳すると「大ファンではない」や「熱烈ではない」などといった意味合いになりますが、「あまり興味がない」「好きではない」の言い回しとして日常会話で用いられます。「好きじゃない」や「嫌い」などといった直接的な表現が、相手にとって失礼にあたったり、その場の雰囲気を台無しにしてしまうときなどに、とても便利です。
    例:‘I have tickets to the rugby finals this weekend, did you want to come?’
    今週末のラグビー決勝戦のチケットがあるんだけど、一緒にどう?
    → ‘I don’t like rugby (ラグビーは嫌いだわ)’ NG
    → ‘I’m not a big fan of rugby…(ラグビーにあまり興味はないわ)’ OK

    Kaori:Sounds like a plan!
    いいわね~!

     

    ※‘sounds like a plan’
    「いいね」、「面白そうだね」、「やろう!」など   

    翌日

    Mark:Are you sure you will be ok on your own?
    ひとりで大丈夫?

    Kaori: Of course I am! No need to worry. You enjoy your diving!
    もちろん、心配しないで。ダイビング楽しんできて!

    Mark: Will see you in about 3 hours time?
    じゃあ3時間後に。

    Kaori: Yep. Take care!
    気をつけて!

    2時間後…

    Ben:Enjoying the sun? It’s nice and warm up here in Hamiltion Islands, isn’t it?
    日光浴楽しんでる? やっぱりハミルトン島の方は暖かいよね。

    Kaori: BEN!?!?!? What the hell are you doing here?
    ベン? 一体ここで何してるの?!

    Ben:Take care easy! Keep your voice down! Look, I need you to listen to me carefully. Don’t look at me as if I am going to eat you! It really is a coincidence. I am here for my work function. Here, I introduce you to one of my colleague, Jane.
    落ち着いて、声も落として! しっかり聞いて。そんな怖い顔しないで。偶然なんだ。会社の会合で来てるんだ。ほら、同僚のひとり、ジェーンを紹介するよ。

    Jane:Hi Kaori, nice to meet you.
    はじめまして、カオリさん。

    Kaori:Hi…
    はじめまして…

    Jane:Ben has told me little bit about you. Don’t worry, I assure you, here is not stalking you anymore.
    ベンからあなたのことは少し聞いたわ。大丈夫、彼はあなたのことをもうストーキングしていないわ。私が断言する。

    Ben:Look, I was out of my mind, as Mark put it. I’ve worked it out. So don’t worry.
    マークが言っていたように、僕は気がくるっていたよ。でも、僕の中で解決できたから、心配しないで。

    Jane:It really is a work function. I know that it’s hard to believe. This trip was planned long ago.
    本当に会社の会合なのよ。信じられないと思うけど。ずいぶん前から計画されてたのよ。

    Ben: I wasn’t going to say Hi at first, but I thought it was better to say and explain myself, in case I bumped into you somewhere. Anyhow, will catch you soon. Enjoy!
    あいさつするの辞めようと思ったけど、どこかでばったり会う前に、きちんとあいさつして説明した方がいいと思って…。じゃあ、また、楽しんで!

    Jane:Bye…
    バイ!

    Kaori:Bye…
    じゃあ…

    30分後

    Mark:So, how was relaxing by the pool?
    プールサイドでリラックスできたかい?

    Kaori:Ah, yeah…
    あ、うん。

    Mark:What’s wrong? You look like you saw a ghost or something?
    どうしたんだい? まるでお化けを見たかのような顔してるよ。

    Kaori:Ah, I’m fine. I dozed off and woke up with a bad dream.
    だいじょうぶ。うとうとしてしまって…悪夢で起こされたわ。

    Mark: You ok?
    大丈夫?

    Kaori:Yeah…
    あ、うん…。

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ