第25回 しつこい元彼対策4 | ネイティブの大予感

SPEAK LIKE A NATIVE!

第24回

元彼、ベンさんとの一件もようやく落ち着き、リフレッシュのため、ハミルトン島へやってきたカオリさん&マークさん。久しぶりのオフを満喫するふたりでしたが、なんとベンさんが突如現れました…。カオリさん、「偶然だ」というベンさんの言い分を信じるのでしょうか…?

 

バケーション3日目

Mark: What a beautiful morning!
なんて素敵な朝なんだ!

Kaori:Yes…
そうね…

Mark: What’s the matter with you? Is something bothering you?
どうしたんだい? 何か気になることでも?

Kaori:No…
いいえ…

Mark:Did I do something to upset you?
君を怒らせることでもした?

Kaori:No, not at all. It’s nothing…
まったく。何でもないの…

Mark:Well you don’t look like it. You can tell me when you’re ready, I know something is bothering you. Come on, let’s go and grab some breakfast?
そうには見えないけどな…。話したくなったら話してね。何か思い悩んでいるのは分かるからさ。さあ、朝食でも食べに行こうか!

 

※ ‘bother’ – 気にする、思い悩む、心配する、困った、面倒
例: ‘Don’t bother about me’ 私のことは気にしないで
    ‘Is this bothering you?’ ご迷惑でしょうか?

Kaori: Yeah, why not. I love the breakfast buffet here!
そうね! ここのブレックファースト・ビュッフェ、最高に美味しいわよね!

Mark: I know! The coffee is not bad too!
うん! コーヒーもまんざらではない!

ブレックファーストで…

Mark:Kaori, can you get me some scrambled eggs?
スクランブルエッグとってもらていい?

Kaori: Sure honey…
ええ、もちろん…

Ben:Hey man, how are ya? No more hard feelings, huh?
やあ、元気だった? もう怒ってないよね?

 

※‘No hard feelings’ - ~の間に感情のしこりがある際に使われる表現

Mark:What the hell are you doing here!?!
いったいここで何をしてるんだ?!

Ben:Didn’t Kaori tell you?
カオリから聞いてないの?

Mark:Huh? What?! You knew that he was on the island?
は? えっ? 彼がこの島にいたことを知ってたのか?

Kaori:I bumped into him yesterday…and…
昨日ばったり会って、で…

Mark:Why didn’t you say anything? Are you ok? Look mate, back off. This is more than just harassment. Someone call the cops!
何で何も言わなかったんだい? だいじょうぶだった? 僕たちをほっといてくれ! これはもう嫌がらせの範囲を超えたよ。誰か警察を呼んで!

Kaori:Wait honey, he’s here for a work conference. It’s a coincidence!
待って、彼は仕事の会合で来ているの。偶然なのよ!

Mark:And you believe that?
君はそれを信じるのかい?

Kaori:I know it’s hard to believe, that’s why I was tossing around whether to tell you…
信じ難いのは分かるは。だから私もあなたに話そうか迷ってたのよ…

 

※‘tossing around’- 色んな観点から物事をあれこれ考えること
例:‘I like that idea, let’s toss it around ’ そのアイディアいいね、ちょっと話し合ってみようか

Mark: What is there to think about? You worried for him?
何を考える必要があるんだ? 彼のことでも心配しているのかい?

Kaori:Of course not!
そんなわけないでしょ!

Ben:Guys, keep your voices down…
ちょっと声を下げて…

Mark:Shut up! You’re the reason for this argument, can’t you see?
うるさい! あんたが原因で言い争ってるのが分からないのか?

Ben:I’m telling you. I’m here for a work conference. It’s up to you whether or not to believe it…
言ってるだろ、会社の会合で来てるんだ。信じるかはあんた次第だけどね…

Kaori:Please darling…
お願いだから…

Mark:So you really believe this guy? Come on! He is stalking you!
こいつを信じるのか? いいかげんにしろ! 君をストーキングしてるんだぜ!


ページトップへ