第27回 しつこい元彼対策6 | ネイティブの大予感

SPEAK LIKE A NATIVE!

第27回

リラックスのために訪れたはずのハミルトン島で、またもベンさんと出くわしたカオリさん&マークさん。なんだかすっきりしないまま、旅も終りを告げました…。

 

Kaori:Thank you for the vacation! I truly enjoyed it.
素敵なバケーションありがとう。とても楽しかったわ。

Mark:You sure?
本当に?

Kaori:Yes, I’m sure. What’s that look? Don’t tell me you're still thinking about it?

ええ、もちろんよ。何? その顔? まさか例のこと考えているんじゃないわよね?
 

※‘Don’t tell me~’- まさか~じゃないでしょうね

Mark:Well, if I say no, then I am lying. It’s so hard to believe that…
違うって答えたら、ウソをつくことになるな…。信じられないんだよ…

Kaori:Stop there mark. You’re just opening can of worms thinking about it. Let’s forget about it! I have!
そこでやめて。考えれば考えるほど厄介になるだけよ。忘れましょうよ。私はもう忘れたわよ。

 

※‘‘Open(ing) a can of worms’-厄介ごとをもたらす、幸いを呼ぶ、パンドラの箱をあける、解決しないなど…
例:‘I seriously don’t want to open a can of worms’ もう厄介なことに首を突っ込みたくないんだ

Mark:Gees, you’re in a cheery mood.
ずいぶん上機嫌だね。

Kaori:Why not? I just had a fantastic vacation!
ダメ? だって、素敵なバケーションから帰ったばかりよ。

Mark:If you say so…Just don’t want you saying that to make me happy.
君がそう言うなら…僕をハッピーにするために言ってるんじゃなかったらいいけど。

Kaori: Of course not! Oh! The phone is ringing…
そんなわけないでしょ! あ、電話が鳴ってる…

Mark:Don’t tell me…
まさか…

Kaori:Mark! Cut it out! Hello? It’s my mum from Japan!
いいかげんにして! もしもし? 日本から、母よ!

 

※‘Cut it out’- やめて、いいかげんにして、黙ってなど、相手の迷惑な態度・発言に対して使用。‘Stop it’をさらに強調した言い回し。

数分後…

Mark:Is everything alright?.
大丈夫? どうかした?

Kaori: My father, he is not well…He’s been diagnosed with lung cancer…
父の具合が良くないみたい…肺がんって診断されたって…

Mark:What?!
なんだって?!

Kaori:Mum wants me back immediately.
母は私にすぐ帰ってきてほしいみたい。

Mark:Are you?
そうするの?

Kaori:Of course! No second thoughts! I’m just shell shocked…
もちろん、何のためらいもなく! ただすごいショックなの…

 

※‘second thoughts’- 再考、見直す、気が変わる、二の足を踏む
‘shell shocked’ - 大変なショックを受けたときに用いられる表現。精神的にまいる、気持ちが動揺する、頭が混乱するなど。

Mark:May I come with you?
一緒に行ってもいいかな?

Kaori:What? You got to be kidding right?
え? 冗談でしょ?

Mark:Why not?
ダメなの?

Kaori:My father is sick, and the last thing he wants is for me to bring back a boyfriend!
父は病気なのよ。そんなときにボーイフレンドを連れて帰るなんてできるわけないでしょ!

Mark:But I’m worried…
でも心配なんだ…

Kaori:Of course Ben will not be there. And you are certainly not coming, full stop.
ベンが来るわけないでしょ。そしてあなたも。

 

‘full stop’- 終止符、ピリオド、終わり。それ以上話に口出ししてほしくない際に用いられる。
例:‘You are having no more chocolates, full stop’ もうチョコレートはよしなさい。

  • うまいラーメン
  • オリジナルグッズ作成します
  • お得なクーポン

ページトップへ