第30回 別れ | ネイティブの大予感

SPEAK LIKE A NATIVE!

On the phone…

Mark:I haven’t heard from you in sometime, how have you been? And how is your father ?
ずいぶん長い間連絡をもらってなかったけど、元気だった? お父さんの具合はどう?

Kaori:I’ve been good and my father has been great! The doctor’s cannot believe how much he has recovered.

わたしは元気よ! 父も良くなっているわ。お医者様もその回復ぶりに驚いているわ。

Mark:Well it must be your presence!
きっと君がそばにいるからだね。

Kaori:I hope so.
そうだといいけど。

Mark:I’ve been trying to reach you, why not pick up my calls? Or you could at least return them?
何度も連絡しようと思ったのに、なぜ出ないんだ? 少なくともコールバックしてくれてもいいのに。

 

※‘reach’は「届く」という意味で使われる動詞ですが、「連絡を取る」という意味でも使われます。
例:‘How can I reach you?’ -連絡先は?

Kaori:I’m sorry Mark. I’ve been really busy.
ごめんなさい、とても忙しかったの。

Mark:Busy with what? I mean, your just home, taking care of your father right?
何がそんなに忙しんだい? 家でお父さんの看病しているだけでしょ?

Kaori:Actually, I’ve just started working.
実は働き始めたの。

Mark:Working?!
仕事?!

Kaori:Yeah, well my father insisted that I did. He didn’t want me wasting my precious time, just taking care of him. He is happy as long as I’m living under his roof.
うん、父の希望で…。看病で大事な時間を無駄にしてほしくないって。実家に住んでいれば、それでハッピーだって。

Mark:So I guess it’s now certain that you’re not coming back.
じゃあもうオーストラリアに戻らないことはたしかだね。

Kaori:

Mark:Kaori, what’s going to happen to us?
カオリ、僕たちはどうなるんだい?

Kaori:You know Mark, I’ve been thinking…Perhaps its best for both of us, if we stayed friends?
私もそれを考えてた…。お互いにとっても友達でいることがベストなんじゃないかしら?

 

その他別れを告げたいときの言い回し:
‘I think we should go our separate ways’ 私たち、別々の道を歩んだ方がいいと思うの
‘ I can’t think of you any more than friends’ あなたのことは友達以上に思えない
‘ I’m sorry, but let’s break up’ ごめんなさい、別れましょう
‘I’ve found someone else’ 他の人を見つけたの

Mark:Friends?!
友達?

Kaori:Yeah…
うん…。

Mark:Is that how you really feel?
それがカオリの正直の気持ちかい?

Kaori:Well I like you Mark, I really do. But long distance relationship is not what I want..
マーク、あなたのことは好きよ。でも私、遠距離は嫌だわ。

Mark:Are you asking me to come over?
僕に日本に行けと言うのか?

Kaori:No, no. I don’t want to do that to you. That’s why I say in the best interest for both of us.
いいえ、あなたにそんなことはしたくないわ。だからお互いのためにも…

Mark:Kaori…don’t do this…at least not over the phone…
カオリ、お願いだからやめてよ、電話で別れるなんて…

Kaori:But how else?
そんなこと言ったって他に方法がないわ…

Mark:Can I fly over? To see you? Talking face to face is the least you can do…Not over the phone Kaori.
そっちに行ってもいい? 君に会いに? せめて面と向かい合って話そうよ…電話でなくてさぁ…

 

※‘the least you can do’ ‐せめて、少なくても

Kaori:No, no. I don’t want to do that to you. That’s why I say in the best interest for both of us.
いいえ、あなたにそんなことはしたくないわ。だからお互いのためにも…

Kaori:Ok… I think your right. But you’ll have to find your own accommodation. It’s near impossible for you to stay here.
分かった…あなたが言うことは正しいわ。でも宿泊先は自分で手配してね。ここに泊るのは 不可能と考えて。

Mark:I think I know that already.
そんなのもうとっくに分かっているよ。

Kaori:I feel a little better now Mark. I should have asked you to come in the first place rather than dwelling on my own.
なんだかちょっとすっきりしたわ。あれこれ悩むんでなく、初めからあなたに来てもらえばよかったんだわ。

 
‘dwell on’‐あれこれ考える、悩む、思案する、こだわる。 または長々と話す、深く論じる
例:‘dwell on the past’ 過去にこだわる
‘stop dwelling on your mistake’ 犯した間違いをくよくよ悩むのはもうやめて

 


ページトップへ