第34回 マークとカオリ | ネイティブの大予感

SPEAK LIKE A NATIVE!

Mark:Can you give it a second thought?
考えなおしてくれよ?

Kaori:Sorry, I'm just in a state of shock. You're here for one year?!
ごめんなさい、あまりにも驚いて。1年いるんだっけ?

Mark:It's not like I'll be staying with you. But I want to be close to you…
君と一緒に生活するわけじゃないんだ。ただ傍にいたくて…。

Kaori:Mark…
マーク…

Mark:Have you lost your feelings for me?
僕に対する気持ち冷めちゃった?

Kaori:Of course not. I don't hate you, in fact, I do still like you.But I don't feel the same as I used to…
もちろんそんなことないわ。あなたのこと嫌いじゃないし、実のところ好きよ。でも前のような気持ちではないの…。

Mark:What's changed?
何が変わったの?

Kaori:I don't know.
わからないわ。

Mark:Are you seeing someone else or in love with someone else?
もしかして、他に誰かお付き合いしている人とか、恋してる人がいるんじゃない?

Kaori:Of course not. And you can take my word for it. 
そんなこと絶対ないわ。断言する。

 

※ 'take my word for it' ‐断言する、信じて、絶対など。 'Believe me'、'Trust me'などとも言います。
例: 'Sushi at Fuuki Restaurant is one of the best in Sydney. Take my word for it'
富貴のお寿司はシドニー屈指だね。断言するよ。

Mark:Then why? Why do you try to break up with me?
じゃあなんで僕と別れようとするんだ?

Kaori: I really don't know…but maybe, I'm afraid of being hurt again.
本当にわからない…でも、もしかしたらまた傷つくのが怖いのかもしれない。

Mark:Do you think I will do that to you, for crying out loud!
僕がそんなことするのとでも思ってるのか? まったくもう。

Kaori:Well…you never know…
そんなのわからないじゃない…。

 

※ 'for crying out loud' -
1) 驚きやショックを表すときに使う:まったくもう、本当にもう、なんてこったなど。
例: 'Go to bed! What time do you think it is for crying out loud'
早く寝なさい! 何時だと思っているの、本当にもう。 2) 命令を強調する際に使う:お願いだから、頼むから
例: 'For crying out loud! Sit still and listen!'
お願いだからじっと座って聞きなさい!

Mark:Give me a break Kaori. You think I will come all the way to Japan, so that I can hurt you? I don't know what kind of guys you've been with, but I assure you I will not hurt you!
勘弁してよ! 君を傷つけるために遥々日本にやって来たとでも思ってるの?これまでどんなやつと付き合ってきたかわからないけど、僕は絶対そんなことしない。保障するよ。

 

※ 'Give me a break'‐もうやめて、勘弁して、冗談にもほどがある、いいかげんにして
※ 'I assure you'‐保証する、確信させる、納得させる、安心させる

Kaori:No, I guess not. But I wish you told me earlier so that I could better be prepared…
たしかにそうね。でも早めに教えてくれれば、気持ち的にも準備ができたのに…。

Mark:Sorry Kaori. But I thought you'd be surprised.
ごめん、驚いてくれるかと思って…。

Kaori:…Well, I guess I better show you to your hotel.
…さて、そろそろホテルまで案内するわ。

Mark:That would be great. I'm still working on my Japanese.
うん、助かるよ。まだ(日本語は)勉強中だからね。

Kaori:How are you finding it?
で、どう? 日本語は?

Mark: Speaking is not as bad as I imagined, but writing and reading?Don't bother.
スピーキングは思っていたほど難しくないけど、読み書きはさすがに関わりたくないよ。

 

※ 'Don't bother'‐関わりたくない、構わないで、うるさい、迷惑かけないで。 少々きつい表現なので、相手に対して使う際にはシチュエーションなどを見極めて使ってください。失礼にあたってしまうこともあります。
例: Q 'Would you like a cup of tea?'
A ①'Don't bother'  NG
②'Please don't bother' Good
①の場合、きつい印象を与えてしまうので、②のように“Please”を付けるとベター。

Kaori:I'm sure you'll pick it up quickly.
すぐ覚えるわよ。


ページトップへ