オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
生活・ショップ情報

らくらく海外送金


いつでもどこでもラクラク海外送金

26/03/2014


 
いつでもどこでもラクラク海外送金
 
次世代のマネートランスファー

『remit360』がついに登場!
 
 
 
魅力的な為替レートを使用、送金手数料も半額
 
remit360は、日本を含む海外への送金手数料を、銀行と比らべ低価格に、さらには魅力的な為替レートで提供することができる。例えば、先日の月曜日の豪ドルから円のレートは、remit360では1ドル91.8152円であったが、CommBankは87.8500円、Westpacは88.4200円。これに加え通常かかる手数料がCommBankは22ドル、Westpacは20ドルとそれぞれ設定されている一方で、remit360ではフラットレートの10ドルと、その半額で収まってしまう。
ハイテクノロジーをベースにした国際送金専門の新企業remit360は、店舗などを構えない分、そのコストカットを大幅に行うことで、手数料や為替レートを低く設定することを実現している。また、通常為替レートに隠された銀行がとるマージンを、remit360では、最大で60%節約することができるという。気になるセキュリティ面に触れてみると、送金は従来通りに国際銀行制度を使って処理されるため、銀行と同等のセキュリティが保証される。弊紙はそんな画期的な情報を聞きつけ、早速remit360のCEO、ランデル・ハーパーさんに詳しく聞いてみた。
 
 
 

 

 
なぜremit360のビジネスを始めたのですか? 今後のビジョンをお聞かせください。

 

 

ランデル・ハーパー(以下ランデル):数年前まではイギリスのオンライン決済会社のCEOとして務めていましたが、ある日、テクノロジーを用いれば、わずかな費用で銀行と似たシステムを使用して、送金することができると気がつき、そこにチャンスを見出しました。我々の目的は、最先端のテクノロジーで、最も効率よく、費用対効果がある次世代の国際送金を提供することです。

 

セキュリティ面が気になるところですが、remit360はどのようにその安全性を保障されるのですか?

 

ランデル:remit360のキーポイントは、銀行のシステムを使用して送金が処理されるということです。我々のパートナーは世界で最も大きな規模を誇る金融企業です。そのため、万全なセキュリティが確保された銀行ルートが使われているのです。

 

それは興味深いですね。具体的にシステムを教えてください。

 

ランデル:とても簡単です。ユーザーの方は、まずremit360に、自分の詳細とともに支払い受取人のディテールを登録します。すべてオンラインですので、数分しかかかりません。登録後は、支払いがどこからどこへ行くかを把握するカスタマーコードというものが提供されます。もちろん、ユーザーはひとり以上の受取人を設定することができます。次に、ユーザーのインターネットバンキングからremit360のBPAYシステムを設定します。“Biller Reference”ナンバーを使って登録するだけです。あとは電気代を支払うときと同じように、オンライン、またはモバイルから、BPAYを通して海外送金をすることが可能です。

 

為替レートと手数料の方はどうなのでしょうか?

 

ランデル:我々は為替レートも含め、お客様と公正な取引をすることを第一に考えています。remit360は、銀行間の為替マーケットにアクセスし、その場で比較ができるため、銀行よりも遥かに魅力的な為替レートをオファーすることができます。また、取引毎の手数料は10ドルと、こちらも銀行と比べると半額近いセイビングとなっています。

 

このシステムをモバイルでも使用できるのでしょうか?

 

ランデル:上記で述べたように、BPAYを設定してしまえば、あとはモバイルを使ってご自身の銀行口座にアクセスし、電気代やガス代を支払うのと同じ感覚で海外に送金ができます。これにより、曜日や時間に左右されることなく、いつでも、どこでも日本へ送金することが可能となるのです。

 

モバイルだけで、そのすべてができるのですね?

 

ランデル:その通りです。この利便性こそ、remit360の売りのひとつです。remit360は、今世界中で変わりつつある支払いシステム(とくにモバイル)の最前線にいます。その日の為替レートは弊社ウェブサイトより確認してください。近日、モバイルのアプリケーションがライブになりますが、そうすると銀行に行く必要も、コンピュータを開く必要もなくなり、すべてがモバイルひとつで処理できるようになるのです。前述したように、銀行のシステムを通るため、送金の安全性が確保されます。

 

送金はどれくらいの時間がかかりますか?

 

ランデル:国際銀行制度を使っているため、2~3日かかります。

 

ユーザーは銀行を替える必要はありますか?

 

ランデル:まったくありません。ユーザーは、すでにお持ちのオンライン、またはモバイル・バンキングを使って送金することが可能です。ユーザーの口座から、我々の“クライアント口座”に支払いが確認されると、あとはSWIFTという、銀行が通常海外送金のさいに利用するシステムを使い、受取人の銀行口座へと支払いが行われます。

 

ありがとうございました。詳細をもっと知りたいさいはどうしたらいいでしょう?

 

ランデル:我々のウェブサイトwww.remit360.com、または1300 360 365 に問い合わせてください。

 

もうこれからは、お昼のランチ時間を使い、海外送金をするために列にならぶ必要はない。銀行などの営業時間外でも、翌日まで待たずに、海外送金の処理をすることができる。remit360がもたらす利便性は非常に高い。
 
お問い合わせ先: https://www.remit360.com

 

 

 


関連記事

オーストラリアのベンチャー企業である『remit360』がテクノロジーをフルに活用し、オンラインさらにはモバイルでの海外送金を、簡単かつ安全に行うことを可能にした。

この記事を詳しく見る
Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase