第21回目は覚えておきたいスラング編 Part 1 | トラブルシューティング英会話
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • SPEAK LIKE A NATIVE!

    第21回目は覚えておきたいスラング編 Part 1

    会話においては文語よりもくだけた表現が使われます。そこでよくわからないまま対応していては、うまくコミュニケーションが取れません。今回は日常会話に頻繁に登場するスラングをご紹介!

    シナリオ1
    道端でオージーの友達にばったり会い、話しかけられたのですが…。

    Hey! What’s up?
    Long time no see!

    (やあ! 何してるの? 久しぶりだね!)

    Good thank you.
    How about you?

    (元気だよ! あなたは?)
    ↑ これはNG!

    *"What's up?" は「 何しているの?」「最近どう?」というような意味。"How are you?" と同義だと思われがちですが、実はそうではなく、"very good (元気だよ)"という返答では会話が成り立ちません。返事をする時は"not much(特になにも)" 、あるいはそのときしていることを伝えましょう。
    *"What are you up to?"(何してるの?)も同じようなニュアンスで使用可能です。
    *long time no see = 久しぶり

    シナリオ2
    友人が突然、興奮した様子で電話をかけてきました。何かニュースがあるようです。

    Hey you know what? Kelly and Tom are getting married!
    (ちょっと知ってる!? ケリーとトムが結婚するのよ!)

    Oh you’ve got to be kidding! They’ve only been going out for two months!
    (ちょっと冗談でしょ? 付き合ってたった2ヶ月じゃない。)

    No, I’m serious! I don’t want to make too much of a fuss though. It’s not official yet.
    (本当よ! あまり、おおごとにはしたくないけどね。まだ公式ではないから。)

    Far out…well I guess they really clicked…
    (すっごい…。まあ、もの凄く気が合ったんでしょうね。)

    *you know what! = 何か知らせがある時に強調するための言い回し
    *you've got to be kidding! = 冗談でしょ!(他にもyou're kidding, you must be kidding 等の言い方もある)
    *make a fuss ~ = ~のことで(必要以上に)騒ぐ
    *far out = wowと似たニュアンス
    *click =とても気が合った二人に使う表現

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ