第8回目はジョブ編 | トラブルシューティング英会話

SPEAK LIKE A NATIVE!

第8回目はジョブ編

日本語環境で働くのは嫌! そんな思いからやっとゲットできたローカルでのお仕事。しかし実際に働き始めると自分の思いが通じなかったり、周りに流されたりで、ストレス…。「あの子、英語が分からないから…」なんて言われないように頑張らなきゃ!

シナリオ1-1
シフトの数が面接当時に約束されたより少ない。

I was promised minimum of 5 shifts a week, yet you have only given me 3 shifts. Can you do something about it?
((面接では)少なくとも1週間に5つのシフトをいただけると聞いたのですが、3つしかもらっていません。
どうにかなりませんか? )

‘I was promised…’は、シフトやお給料など、面接当時約束された条件が違う際に使うと有効です。
例: ‘I was promised a time and a half on Sunday shifts’
日曜日のシフトは1.5倍の手当が出ると聞いたのですが…

シナリオ1-2
シフトの数が少なくなった理由を並べるだけで、増やしてくれる傾向ナシ。

I have bills and rents to look after. If you are not able to give me the days you promised, I may have to look into getting another job.
(請求書やレントなどを払わなければいけないので、シフトの数を増やしていただけないのなら別の職を探さないといけません。)

シナリオ2-1
用事があるため、誰かとシフトを交換したい。

I have a wedding to attend on the 16th September. May I swap my shift with someone else?
(9月16日に親友の結婚式があるので、誰かとシフトを交換できませんか?)

シナリオ2-2
同僚の都合により、マネージャーからシフトを替えるよう強引に進められる。

I would love to be your assistance, however, I have my own plans already. If you can let me know in advance, I will be more than happy to help.
(お手伝いしたいところなのですが、私自身も予定があるので… 早めに行っていただければ喜んでご協力します。 )

シナリオ3
お給料がいつも遅くて困っている。

I have been receiving my payment later than promised. Can you please pay them on time?
((面接当時)約束された給料日よりもだいぶ遅れていただいているのですが、オンタイムでいただけませんか? )

シナリオ4
仕事場で同僚から人種差別的なことを言われる。

I would appreciate it if you could stop your racist remarks.
(差別発言を止めていただくとありがたいのですが。)


ページトップへ