第25回目は旅行/出発編 | トラブルシューティング英会話

SPEAK LIKE A NATIVE!

第25回目は旅行/出発編

日常会話はマスターできていても、トラブルに見舞われた際にとっさに出てくるのは日本語…どう説明・対処していいか分らなく、'Me speak No English…'といきなりできない子になってしまったり、まぁいいや~と諦めてしまっている方。言葉の違い、文化の違い、常識の違いを乗り越えて、オージーのように強気で行こうじゃないですか! こんなトラブルに遭ったとき、どうすればいいの? 。 海外で生活するからには、飛行機での移動は避けられませんね。しかし利用する機会の少ない飛行機内、空港でのボキャブラリーは忘れがちになりませんか? Part1では海外旅行に出発する際に使える言い回しをご紹介します。

シナリオ1
空港に到着しましたが、チェックインカウンターが見つかりません…。 時間がないのですが……。

Excuse me, where is the Qantas Check-In counter? I must check-in before 8pm.
(すみません、カンタス航空のチェックインカウンターはどこでしょうか? 8時前にチェックインしなければいけないんです。)

*mustは非常に強い表現です。(必ず・絶対)~しなければならない、といったニュアンスになります。
 

シナリオ2
トイレが心配なので、通路側の席がいいのですが……。

If there's any available, could you please make it an aisle seat?
(もし空いているようなら、通路側の席にして頂けますか?)

*aisle = 通路(発音は「アイル」となります。Sは発音しないので注意)
 

シナリオ2
搭乗時刻になっても動きがありません……。

Is the flight on schedule?
(フライトは予定通りですか?)

How much longer will we have to wait? I might go and get something to eat.
(あとどれぐらい待つことになりますか? 何か食べるものを買ってこようかと思うのですが。)

*on schedule=スケジュール通り
*how much longer = あとどれぐらい  


ページトップへ