Your style Vol.40 Kaoriさん | Your style

Vol.40

気になる他人の生活ぶりを公開するYourStyle。今月はデイケアワーカーとして働きながら、助産婦として病院に勤めることを目標とするKaoriさんをご紹介します!

Q) 現在、どんなお仕事をされていますか?
DADHC (Department of ageing, Disability & Home Care)という、オーストラリアの政府が行っているホームケアワーカーとして働いています。私はホームクリーニングの担当で、1日に3~4件の家を回り、クライアントが希望する場所の掃除などをしています。

Q) 現在のお仕事をされていて一番印象に残っている出来事は何ですか? エピソードを教えてください。
あるクライアントに初めて会ったとき、脳梗塞による半身麻痺で言葉もとてもわかりにくかったのですが、少しずつリハビリを行い、言葉の訓練も受けた結果、会う度に体が動くようになり、言葉もだんだんと話せるようになってきました。そんなクライアントが、私が来るのを楽しみに待っていてくれ、会った瞬間に「ラブリー、会えて嬉しいよ~」と、はっきりと言ってくれたことが印象に残っています。 

Q) オーストラリアへ来られたきっかけ、シドニーでお仕事をされるようになったきっかけを教えてください。
高校時代、オーストラリアでホームステイをしたところの息子さんが障害を持っていたのですが、とても明るく、スポーツが大好きで、たくさんのメダルを部屋一面に飾って輝いた生活を送っていました。彼との出会いをきっかけに、私もいつかオーストラリアで看護師として働きたいと思うようになったのですが、日本で助産師としての経験を積んだ後、本当にオーストラリアで働きたいのか?働けるのか?という調査をするためワーホリを使って下見に来ました。今の仕事に就いたのは、ホームケアサービスセンターの人材派遣部署に勤める夫の友人に声をかけてもらったのがきっかけです。

Q)日本でお仕事をされるのと、オーストラリアでされるのとではどのような違いがありますか?
日本では「会社第一、自分のことは二の次」という傾向が強いのですが、今の会社は家族や自分を優先し、自分の体調を一番に考え、働きやすい環境を整えてくれるのが魅力です。クライアントに迷惑をかけてしまうこともありますが、誰も怒るような人がいないところがオージーだな~って感じます。

Q)仕事する上でオーストラリアの魅力は何ですか?
家族と自分を大切にしながら仕事ができることです。また、それなりの経験や知識があれば年齢や性別、国籍を問わず受け入れてもらえること。そしてキャリアアップのために転職できること!! ただ、就職するときには経験を必要とされるため、経験がなければ就職先を見つけるのが大変だというのはありますけどね…。

Q)週末は何をして過ごされますか?
週末は、健康維持のために水泳をしたり、友人と食事に行ったり、ピクニックに行ったりと結構忙しくしています。

Q)生活をする上でオーストラリアの魅力は何ですか?
ゆっくりと生活ができること!! 日本にいたときは、常に時間がなく、気持が焦っていたように感じます。そして、たくさんの自然、綺麗なビーチや公園もあるところです。自然を楽しみながら過ごす週末が大好きです。

Q)オーストラリアでお気に入りの場所、お勧めのスポットを教えてください。
ジャービスベイ(サウスコースト)、エメラルドの海、ホワイトサンドビーチは、たまらないですね!!

Q)夢、目標は何ですか?
いつか、助産師として病院で働くことが夢です。一度、看護大学で勉強していたのですが、ナーシングボードの度々の変更で大学への信用を失ってしまい、辞めてしまいました。今は妊娠中で、これから出産&育児が待っていますので、ひと段落したらもう一度学校に通い助産婦として働けたらと思っています。そして安心した出産、楽しめる育児、オーストラリアと日本の長所を踏まえたアドバイスなどができたらいいなと思っています。

Q)オーストラリアで生活を始める皆様、生活をしていらっしゃる皆様へメッセージをお願いします。
日本と違って何をするにも時間がかかるし、思うようには行かないことがたくさんあると思います。そんな愚痴を言える友達を日本人でもオージーでもいいからたくさん作り、毎日を楽しんで頂けたらと思います。ここでポイント!! せっかく来たのだから日本人とは話さない、友達を作らない!!と、思っているあなた。日本人の友達もとっても大切です。日本人の友達から繋がるローカルの友達、そこから繋がる仕事もあると思いますので、できるだけたくさんの友達を作ってくださいね(笑)。

 

ページトップへ