Your style Vol.41 Harunobuさん | Your style

Vol.41

気になる他人の生活ぶりを公開するYourStyle。今月は今月はレストラン「blancharu」を経営するHarunobuさんをご紹介します。

Q) 現在、どんなお仕事をされていますか?
料理人です。「blancharu」というレストランを開いています。

Q) 週何日、1日何時から何時までの勤務ですか?
特定の時間帯はありませんが、大抵朝の9時から夜の11時頃までですね。朝はフィシュマーケットに行き、新鮮な魚を選び、それに合う野菜を選んで買い物をしています。

Q) 現在のお仕事をされていて一番印象に残っている嬉しかった出来事は何ですか? エピソードを教えてください。
自分のお店をオープンしたときに、あまりのプレッシャーで自分の弱さを知りました。人生であのようなことは初めての経験でした。それを乗り切り、シドニー・モーニング・ヘラルド紙主催のグッドフードガイドで1ハットを取ったときの喜びは格別でした。

 

Q) オーストラリアへ来られたきっかけ、シドニーでお仕事をされるようになったきっかけを教えてください。
妻と日本で出会い、ワーキングホリデーの制度を知って1991年に来豪しました。妻と出会っていなけれは、今頃、故郷の松本に帰ってとんかつ屋をしていたと思います。

 

Q) 日本でお仕事をされるのと、オーストラリアでされるのとではどのような違いがありますか?
日本ではキッチンの仕事は大変厳しいものです。その点、オーストラリアは楽しく仕事ができると思います。

Q) お仕事をする上でオーストラリアの魅力は何ですか?
私の仕事で考えると、色々な食の組み合わせが可能なことです。これから人口も増えて、サービス業は益々盛んになると思います。これからがチャンスであり、専門職が増えて行くと私は予想しています。

 

Q) 仕事でストレスがたまることはありますか? その際の発散方法は何ですか?
奥さんに愚痴をこぼすことかな…。

Q) お休みの日は何をして過ごされますか?
よく家族でテニスをしています。最近息子に勝てないようになり、嬉しさ半分、悲しさ半分です。

Q) 生活をする上でオーストラリアの魅力は何ですか?
人ごみが少なく、気候がいいところ。それから美味しい食材が豊富で安全なところですね。

Q) オーストラリアでお気に入りの場所、お勧めのスポットを教えてください。
私はもう一度、月の階段を見にブルームに行きたいです。最高に素晴らしいところでした。

Q) 夢、目標は何ですか?
食を通じて、日本をアピールしたいですね。また、色んなタイプのお店を持ってみたいと思っています。 オーストラリアで生活を始める皆様、生活をしていらっしゃる皆様へメッセージをお願いいたします。 オーストラリアに来る前に自分の目標をしっかりと決め、それには何が必要か、どんな学校に行ったらいいか、事前に調べて計画を立てること。そして1日1日を大切にして、常に向上心を持って生活してください。夢を見て、夢を追い、夢を叶えることです。

 

ページトップへ