Your style Vol.53 Hidebooさん | Your style
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • Vol.53

    気になる他人の生活ぶりを公開するYourStyle。今月はダンスイベント、レッスン、大会など、ダンスの普及のため精力的に活動中のHidebooさんをご紹介します!

    Q) 現在、どんなお仕事をされていますか
    主にレッスンやパフォーマンス、振付や大会の審査員など、ダンスを中心に色々な活動をしています。ここ3ヵ月くらいはほぼ毎日何らかの仕事をしています。休みが欲しいです(笑)。

    Q)現在の仕事をされていて一番印象に残っている嬉しかった出来事は何ですか? エピソードを教えてください。 
    ダンスの大会に出て優勝することも凄く嬉しいし、皆で時間をかけて作り上げたショーを披露したときも、感動と達成感で涙が出るほど嬉しい。大会で言うと2009年12月、シドニーで年に1回開催されるオーストラリア最大のダンスバトル、「Australian Bboy Championship 09」ですね。シドニーに来てから毎年挑戦して、2009年にやっと、最高の仲間と共に優勝を掴むことができたのはとても良い思い出です。ずっと勝ちたかったタイトルなだけに、優勝チームの名前(All Consciousness Crew)を呼ばれたときは飛び上がって喜びました。

    Q) オーストラリアへ来られたきっかけ、シドニーでお仕事をされるようになったきっかけを教えてください。
    初めはダンサーとしての仕事は皆無。運良く多くのダンサーと知り合い、ショーやイベントに誘ってもらえましたが、ギャラが発生することは滅多になかったですね。現在こうしてダンスができるようになったのは、初めチームを組んでいた仲間とストリートで個人的に始めたレッスンがキッカケかなと思います。広告を作り、宣伝して生徒さんを集める。凄く安い値段でやっていましたが、今思うとあれが始まりだったのかなと思います。実はそのストリートでのクラスは6年経った今でも場所を変えて教えているんです。今や平均10人以上の生徒さんに来てもらっています。「継続は力」ですね。

    Q)日本でお仕事をされるのと、オーストラリアでされるのとではどのような違いがありますか?
    「ストリートダンス」がなかなか仕事として成立しないのが日本でしょうか。日本はダンスやエンターテイメント全般に大人たちがあまり関心を持っていないので…。逆にオーストラリアではストリートダンスが一般的にも身近な存在だと感じます。年配の方からの反響もとてもいいですし、仕事として呼ばれることが多いです。   

    Q)仕事する上でオーストラリアの魅力は何ですか?
    「みんな温かい」ですね。ダンスのスキルは大事ですが、楽しく踊ることはもっと大事だと思います。上手に踊れなくても、音楽に乗って楽しく踊ることで皆と心が通じ合えるのがオーストラリアのいいところですね。

    Q)お休みの日は何をして過ごされますか?
    休みがあれば、昼間からビールを飲んでいます。明るいうちから飲むビールは最高です! ちなみにCoopers (Green) が好物。

    Q)生活をする上でオーストラリアの魅力は何ですか?
    木曜日の夕方から、すでに週末気分が始まっているこちらの人の考え方が好きですね。

    Q)オーストラリアでお気に入りの場所、お勧めのスポットを教えてください 。
    ボンダイとクージーの間のコースタル・ウォークです。

    Q)夢、目標は何ですか?
    ストリートダンスのシーンを正しい方向で大きくして、ダンサーたちがいつまでも踊っていられる環境を作っていきたいですね。そして自分もずっとかっこよく踊っていたいです。また、シティとチャッツウッドでダンスレッスンのクラスを持っているので、少しでも多くの方にダンスの醍醐味を伝えられたらと思っています。

    Q)オーストラリアで生活を始める皆様、生活をしていらっしゃる皆様へメッセージをお願いいたします。
    ここは自分の行動次第で良い出会いとチャンスが訪れる場所です。外に出て、色々なものを見て感じてください。ここでしか出会えない、素晴らしい人々に出会えるはず。自分のやりたいことをしっかり持って、毎日を充実させていってください!

     
    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ