ジェントルマン | 育子もイク!!

第10回

ジェントルマン

今回はとってもジェントルなお客さんに会ったわ!
彼は40才くらいのギリシャ人で、保険会社に勤めているとのこと。見た目もまあまあハンサムで、身なりもきちんとしている。
彼がお店に来たのは平日の昼1時頃、お昼休みにちょこっと抜きに来たみたい。部屋に入ると早速シャワーを浴び、私に「下着を付けたままベットの上に寝ていて」と言うので横になって待っていた。シャワーを終えると、彼は私の横に寝そべり、ゆっくりと優しく愛撫し始める。なんて優しい手なの?なめらかに私の胸をさわり、首筋に柔らかいキスをしていく。自然とあえぎ声が出る私。「あっ」。唇もとってもソフトでとろけそうなキス。私は仕事だということを忘れ、彼に任せっきりになった。彼は私の下着をゆっくりと脱がし、体の隅々までキスしたり撫でたりしてくる。結局、私はマグロになったままで動けない。彼はそれでもいいと言ってくれたので、お言葉に甘えてご奉仕して頂いた。彼のとろけそうな舌が私のクリちゃんへ到達し、ぴちゃぴちゃといやらしい音をたてる。「あっ、気持ちいい」。彼は自分でゴムを付けると、正常位で挿入してきた。「にゅっ」。ゆっくりとピストン運動をしてから、少し強さを増し奥まで入れていく。「奥に当たっていい感じ・・・」。今度は立ちながら、バックで入れてもらう。「あっ、後ろからだともっと感じるの私。Gスポットに当たってるわ」。私はもう彼にノックアウト。彼にやられっぱなしだわ。彼の腰使いがどんどん早くなり、彼も私も到達寸前。「うっ」「イ、イク~」。私がお金を払わないといけないくらいね、ダーリン。今度は私がしてあげるからまた来てね。こんないいお客さんにはめったに会わないんだけど、今回は本当にラッキーだったわ。彼はスッキリした顔でスーツに着替え、仕事に戻って行った。
いつもこんなお客さんならいいんだけど、そうもいかないのよね。Oh my ジェントルマ~ン

ランジェリー育子

東京出身、20代後半、バツイチ。日本では真面目な正社員。結婚生活中の浮気ナシ。セックスレスでしばしば欲求不満に。旦那と色々あった後、別れて来豪。数年が経ち、金欠になり、この業界の門をたたく。今では多数のレギュラーカスタマーを持ち、セックスへの向上心を高め、追及し、仕事と勉強を両立させながら日々Enjoyをしている。


ページトップへ