69が好きな彼 | 育子もイク!!

第17回

69が好きな彼

こないだ69(シックスナイン)好きのお客さんに会ったわ。
これがまた尋常じゃないくらいの69好き。シャワーを浴び終えると何も言わずにいきなり69。なんの会話もないまま無言で舐め合い、ヤラシイ音だけが部屋に響き渡る。ピチャピチャ…。ふと時計を見るともう30分も経っていた。さすがに体勢がキツイ! 足もガタガタしてきた! 自分の体重を支える腕も痛い! 首も肩も凝ってきたので、これはもう限界と思い、「違う体勢にしていい?」と訊いて、寝ながら(横から)の69へと移行した。この人、よほど69が好きみたいで、本当にこれしかしない。ここまでくると大したもんだわ。思えば、この人の顔もまともに見てないし、どんな人なのかも覚えてない。一言も話してないし、黙って舐めるのに集中してる。まるでバター犬みたい。私が何となく「体勢変えてみる?」的な発言をしてみても、首を横に振り、NOのサインを送ってくる。わかったわよ、とことん69でいくってことね! 私はチンコをねっとりとしゃぶりながら、前後運動する。タマも少しだけちょろ舐めしつつ、先っちょを舌の先で転がしていく。2人とも舐める勢いが加速していき、私の花園はもうビチャビチャ。静かな部屋に変な音のハーモニーがこだまする。チュパ、チュパ、チュッポン・・・。あ~、横になっても体勢はまだつらいわ。でもなんかいい感じになってきちゃったかも。2人はこのままの体勢で続行。相変わらず変な音だけが響きわたる。「ダーリン、残り10分だけどどうする? このままがいい? それとも入れる?」と訊くと、彼は何も言わずに突然ムクッと起きあがり、正常位の体勢に持っていき、ムニュっと入れ、無我夢中で腰を振り始めた。「ズポッ、ズポッ、ズパパッ!」。腰の振りが速い! まるで弾丸のよう! そして1分も経たない内に終了! ここでようやく初めての会話を持ったわ。そして彼はセックスに真剣に取り組む人なんだってことが分かった。
でも1時間のコースで、50分間の69はちょっと困るなぁ(苦笑)。首と肩が痛い。マッサージしに行かないと・・・。

ランジェリー育子

東京出身、20代後半、バツイチ。日本では真面目な正社員。結婚生活中の浮気ナシ。セックスレスでしばしば欲求不満に。旦那と色々あった後、別れて来豪。数年が経ち、金欠になり、この業界の門をたたく。今では多数のレギュラーカスタマーを持ち、セックスへの向上心を高め、追及し、仕事と勉強を両立させながら日々Enjoyをしている。


ページトップへ