Escort | ジェットがイク!!

Escort

先月無事デビュー戦を果たしたルーキージェット育三。
ワンキング1位まで前進あるのみ。
今宵はいかに・・・

Escort

はい、こんにちは。オーストラリアン・ドリームを掴んでしまった男、ジェット育三です。一ヶ月ぶりだね。俺のことを首を長くして待っていたワンキーモンキーベイビーズ、元気だったかい?この俺、「湾句‘ジェット’育三」は相変わらず音速で飛ばしてるぜ。あの日本格闘技界中量級を代表する「桜井‘マッハ’速人」にも負けないくらいにな。おっと、なにげに俺のフルネームを公開しちゃったな。さすがにフルネームはやばいか?hopelessな湾可ーである俺にもプライベートはあるからな。いや、しかし一ヶ月の経つのは早いね。もうだいぶ暑くなってきたよね。逆に本国日本では秋も随分、深まってることだろう。秋の夜長に湾king!ってなもんだ!(どうだい、編集さん?これならもうピーも入れられないだろ?今回はそうはいかないぜ。って、まぁ、まだ会ったこともないんだが。は、はじめまして。どうぞこれからもよろしくお願いいたします)。湾kingって言ったって、決して港湾マニアNO.1とかじゃないぜ。そらたしかにシドニー湾は世界三大美港のひとつではあるが。そこは君のシモネタセンサーを全開にして考えてくれ。ん?なんかこれ響きがドラえもんのアイテムみたいになったな。「もうしょうがないな、あいわらず、のび太くんは。じゃぁ、これ。デッテケデッテテー♪シモネタセンサー!!」・・・。そんな巻は一生来ないか。超長寿アニメも打ち切りになるわ。ブレーキの壊れたダンプライターである俺の暴走コラムもいつ打ち切りになるかわかったもんじゃないから、みんな食い入るように読んでくれよ。ただ俺のことを食い入るようにオカズにはしてくれるな。気持ちはわかるが。タダで今回も一回分、ういたぜ!で済ませるな。ちゃんとお店に行って処理してくれ。いってもこのコーナーはそういう趣旨だ。俺だってこの要人待遇にくるまでは長かったんだ、前回も触れたように。若いころは(今も若いが)、毎日バイトばっかしてさ。そんでお金貯めて、日本一周風俗の旅に出たこともあったなぁ。一人旅だったんだ。辛かったけどさ、楽しかったよぉ。ソープ・ラウンドってやつな。ワーホリメーカー風に言うと。ま、聞いたことないけど。それが今じゃスケールアップしたもんで、世界中の美女に囲まれて、ハーレム状態よ。ええ、ええ、ええ。まぁ、いろんな意味で、裸の王様だけど。そんなウハウハ状態の俺だけど、実は悲しいお知らせがあります。ちょっと真面目な話になっちゃうけどさ。あの、先月号で告知した「ジェット育三ゾッコンラブの部」の件なんだけど。結論から言っちゃうと、こういうことです。あ然!応募&アクセス数なんとゼロ!!・・愕然としましたよ、ほんと。世知辛いね、いやぁ、世知辛い。言っとくけどね、こっちはね、こっちはtotally readyですよ。なんだったらもう日々readyですよ。それに対してのこの仕打ちな。びっくりするで、ほんとに。俺はここで書いたコラムを日本に持ち帰って家族、親戚一同に見せてあげるのを何よりの楽しみにしてるわけ。故郷に錦を飾るわけですよ。それがこんな状態では、どうよ?笑われるわ。俺の面子も考えてくれ。頼むわ。だからもう一度だけ言う。「オーストラリア中の美女、妖女、淑女たち。”cheers本社ジェット育三ゾッコンラブの部がけっぷち係”宛てで、遠慮なく出てこいやぁ」。Don`t ?be shy・・。しかしここではシモネタ大歓迎で文章が書けるんだから、なんというか気が楽だよな。俺も多分にもれず、ミクシィやってるんだけどさ。ま、当然、それなりのシモネタも有りな内容でな。そんなきついもんじゃないけど。そんで先日、ある女性にマイミク申請したのな。そしたら返事が来たんだけど、それが「下品すぎます。やめてください!」っていうものでさ。いや、いや、いや。ひとをそんなストーカーみたいに、ねぇ?べつに「どんなパンティーで、それで・・」なんて送ったわけじゃないぜ。普通に「よろしく」ってかんじで。そら、私は普段はもう完全な紳士ですから。英国紳士ですから。なんか俺の全体的なかんじに対してNO!だったんだろな。まぁ、べつにマイミク申請くらい無視してくれていいのに。「やめて」とか言われたって・・。でまぁ、そんなセックス・ピストルな俺のアナーキーな文章を、まったくと言っていいほどカット無しで誌面に上げてくれるcheersのこの感性な。これは素晴らしいですよ、ほんと。ちょっとほかのフリーペーパーには載せてもらえそうにないもんな(笑)。ま、上品な風俗レポートのほうがむずかしいか。ってなとこでそろそろ本題に入んないとな。それこそさすがに怒られるわ。

さぁ、今回も担当から対戦相手のオファーがきた。なんと今回はこの俺に日本人をあてたいとのこと。おい、おい、世界のジェットボーイに今さら、日本タイトルを争わせようってのかい?いったいどういうこった?はやくも俺を見限ったか?やっぱ打ち切りか?いっても「いつ、なんどき、誰の挑戦でも受ける!」と公言してる俺としては、逃げることはしないぜ。やってやろうじゃないか。どうやら今回はデリヘル(出張サービス、本番あり)スタイルらしい。日本では主流にさえなりつつあるが、こっちではあんま聞かないよな。それはまた新鮮でいいかな。会場となるのはシティのど真ん中にあるホテル。ここらへんのホテルって高そうだよな。さっそく担当からルームキーを受け取って、ひとりでルームインだ。ん!?なんだ、この部屋?ひ、広っ!でっかいダブルベット!そしてそれがなんと二つも!!む、無駄だ!余計な金使いすぎだろ?俺に対してのVIP待遇はよくわかるが、べつにそんなんいいのに。ってか、この部屋しか取れなかったのかな?とりあえずその大きなベッドに寝そべって憎き対戦相手をダラダラ待つ。う~ん、日本人か。世界のサクラバ、桜庭和志が日本人対決は手の内を知ってるぶん、やりにくいと言っていたのを思い出す。「今ようやく、その意味を理解します、先輩!」。ってか、まだ来ないのかなぁ?おっ、そういえばバスタブがあるじゃないか。こっちでは湯につかる機会がないからな。今のうちに風呂入っちゃおう。お湯を張って、肩までつかる。いやぁ、やっぱ風呂はいいなぁ。最高潮に癒され始めた。と思ったら、さっそくドアが「コンコンコン」。なぬっ?このタイミングで選手入場かよ。バタバタ体を拭いて、ドアを開けると、巨漢の白人男性マネージャーに連れ添われ、女性が立っている。「こいつが今日の対戦相手か。ここで会ったが百年目。生きて帰さねえぜ」。なんていきりたったものの、そこはおとなしく巨漢マネージャーとプロレス的段取りの打ち合わせ。でその女のこ。日本語ペラペラだが、コリアンだってこと。なるほど、なるほど。今回、日本人じゃないんだ。そしたら彼が「日本人は一時間後にやってくるぜ!」とか言ってくる。何を言ってるんだ、このひとは?聞けばなんと、今回はこの俺のために二人、女のこを連れてきたという!一時間終わったら、また、別の女のこともう一時間だって。ダ、ダ、ダブルヘッダー!?そらどうりでリング、じゃなくてベットもわざわざ二つあるわ。ワンマッチとばかり思ってきたら、なんとk-1決勝トーナメント方式である。しかも日本タイトルと思ってたら、アジア・グランプリ。二連発?すげぇ、マジか?もう一度言う。オーストラリアン・ドリームを掴んでしまった男、ジェット育三です、ありがとうございます!今夜は長くなりそうだな・・。そんで、まずは一試合目。相手はちょっとユン・ソナ似の韓流美人。モデルみたいなきれいな体型をしている。韓国人女性は背も高く、足も長く、スラッとしたひとが多いような気がするな。さぁ、ここでゴング!ユン姫、早くも先制攻撃気味にジェットのディックにかぶりつくぅ。さぁ、バキュームかぁ。ディックヘッドを取ってしまえとばかりに、吸っていくのかぁ。さぁ、ジェット、早くも悶絶かぁ。おっと、ここでユン姫が早くもフォール、じゃなくてインサートに持っていくぅ。これは早い。ユン姫、キレたかぁ?試合を組み立てるというよりも完全に潰しにかかっている模様。長州ばりの迫力だぁ。ジェットは大丈夫かぁ?どうやら虫の息だぁ。ユン姫、上に乗っかってグイグイ絞めあげていく。さぁジェット、どうするぅ?ask him?おっと、ここで、ジェットがぁ?タップタップタップ!!早い、早すぎたぁ!これは、どうかぁ?とんだヤングライオンだぁ。試合終了。いや、ここで勝利者インタビュー(敗者?)をさせてもらえば、今回はなんたって次があるからさ。普段なら踏ん張るところも、今回は秒殺させてもらいましたよ。トーナメントは温存することも大事ですから。安全に、安全にですよ。俺は魔裟斗にはなれねぇな。いや、この韓流美人はすごく積極的でさ。俺がシーツかぶってモジモジしてんのに、平気で全裸になって襲ってきて。部屋の電気バリバリついてるから、消そうか?って言ったら、軽く「大丈夫よ」って返されて。でも俺ちょっと気になるかなぁ?って言ったら、また「平気、平気」って言われちゃって。いやぁ、こっちが気になるんだけどなぁって思いながらも、小心者の俺は言い出せず。彼女はそのままがっつり明るい部屋の中で、 これまた積極的に俺を攻めまくってきてさ。完全に受身にまわった俺は、ならばと思い、その明るさを利用して、視姦プレイにはいったさ。しなやかな肢体と、いつもはそこまではっきり見えないものまでが超リアルに視界に入ってきて、どんどん俺を興奮させていった。それに彼女のアクティブな攻めが続いたら、そりゃもう長くは持たんわな。そして、いざプレイが終わると今度は一転、大和撫子に変身。ティッシュを持ってきてくれて、それを捨てにいってくれて、お菓子を食べさしてくれて、タバコに火をつけてくれって、かんじで。こっちでだいぶレディファーストに慣れ始めてたこっちが戸惑うくらいだった。でもそういうのを日本人が嫌いなわけはないよね。「こういうのは日本人から教わったのよ」と言って嬉しそうに笑う彼女だった。そんなところでタイムアップ。彼女が服を整え終え、ここで選手退場。敵ながら、よく気の利く、すばらしい女性だった。よし、俺は次に向けて、横になって少しでも体力の回復を図らないと。ベッドから降りることもなく、体を休める。っと思ったら早くもドアがガチャ!入れ替わりでもう、選手入場!こりゃ本気で潰しにかかってんな。さぁ、お次は日本人。熊田曜子似の美人だ。そして白いブラウスごしにもわかる巨乳感!おいおい、俺をplanet boobs出身と知っての狼藉かぁい?しばしトークを繰り広げるが、おっぱいにロックオンした俺の視線はそこから微動だにしない。しびれをきらして彼女が言う。「目を見て、話してください」。俺はハッ、と我にかえって思った。「あっ、これは目じゃないんだ?どうりでデカすぎると思った」。我慢できなくなった俺は彼女をベッドに誘いこむ。「まずはシャワー」と言う彼女。俺はいいからもうゴングを鳴らそう!と懇願する。ってのは、通常のソープではこういう普通の洋服を着た女性とは会えないからだ、逆にね。さすがに普通のホテルにひもパン&すけすけブラだけでやってくる恥知らずはいないからな(笑)。普通の洋服から始めるってのが逆に新鮮なわけだよ。っていうのを真顔で力説し続ける俺に、若干引き気味の彼女を説きふせた俺は、ここでふたりでベットにオン!ブラウスの上から胸をまさぐったり、ブラウスの襟元から見える巨乳を上のアングルから襲ったり。ここはひとのフェチによって楽しみ方はいくらでもある。おっぱいを中心に彼女の豊満ボディを満喫しながら、少しづつ彼女の衣を剥いでいく。う~ん、こういう流れにリアリティがあって、いいんだよぉ!長丁場でだいぶノッてきた俺はハメ撮り鬼監督を気取って、きびしい指示を出し始める。「四つんばいで!ブラウスはそのままで!ブラはたくし上げて、そこでキープ!いやいや、ソックスは脱がなくていいんだよ!たとえ素っ裸になってもそれはキープだ!基本だろ!いや、スカートはそうじゃない!だから、それは!何回言ったら、わかるんだ!そこは、ちが、前、前、うん、ブラは、だから、いや、なんで、ああ、ちが、ちが、ああ!だぁぁ、もうっ!クビだぁーーー!」。わけもわからず、できあがってしまった俺は一気に仕上げにかかる。おうおう?一回戦以上のパワーファイターである彼女はものすごい勢いで絞めてくる。素晴らしい。ぐわぁ、もう無理、やっぱりダメだぁ・・。本日二回目のKO勝利。優勝。タフな夜だったぜ。出張スタイルはなにがいいって、ホテルでガールズと二人っきりのプライベートな時間を楽しめるってことだよね。もてない君は、高めのホテルを取って、極上の女のこたちと恋人気分を楽しむのもいいだろう(え?俺はもてない君じゃないぞ!勝手にインクルーディング・ミーするな)。俺は二連戦だったが、過去には四連戦を挑んできたツワモノもいるという!とんでもないミスター・パーフェクトっぷり。いったいどこの暴君だ!?君も時間とお金に余裕があったら、連戦に挑んでみてはどうかな?すべては君のアレンジしたいだ。巨漢マネージャーはいつだってOn もてない君 Side、だぜ!さぁ、今夜の優勝賞金はこのでっかいお部屋お泊り権。そう、今夜の友はシドニーの百万ドルの夜景だ。大きな窓の前に立ち、眠らない街の夜景を見下ろす。フルチン素っ裸の俺の手元にはロックのウィスキー。氷をカラカラところがす。シドニータワーが、オペラハウスが、ハーバーブリッジが、なにかこの俺を笑っているようだった。は、恥ずかしい・・・。

以上、押忍

お店のディテール
asiangirls68@hotmail.com
0424-260-368OPEN 7 DAYS
OPEN: 12PM~04AM
Phone:9211-5888
担当
若干おしゃべりが過ぎてしまうジェットですが、なにとぞ暖かい目でご愛読いただければ幸いです。レペゼン巨漢の白人男性マネージャー。彼のコーディネート能力は長けています。皆様もお電話の際に、好みの女性像を詳しく教えてあげてください。かなり理想に近い姫を連れてくる可能性大です。たまには現実の生活から離れ、ホテルで姫に囲まれて逃避しちゃってはいかがでしょうか?
感想・リクエスト待っています。
jet@cheers.com.au

ページトップへ