闘将!!拉麺女 MIDAS | ジェットがイク!!

「闘将!!拉麺女」の巻

海に浮かぶ月を見たことはあるかい?Marrickvilleを訪れたことはあるかい?君はマリック魔術を知っているのかい?一緒に夢を見ようじゃないか。

「闘将!!拉麺女」の巻

はい、こんにちは。戦慄のパイプカッター、ジェット育三です。いやぁ、先月とうとうブロンドガールを我が物にしてしまったこの僕はひと皮もふた皮も剥けまして、もうあっちが剥けてくれるのを待つばかりという状態でございます。新しい世界を見て、気持ちの部分では宇宙に飛び出したくらいの気持ちで次に向けてメラメラと燃えていたこの俺。そんな俺にマネージャーである担当ロビンが取ってきた仕事はなんとお隣、韓国への小遠征であった。いやいやいや。今さらお隣への遠足ってことはないだろ!二人で世界の海へ旅立ち、タイタニックの名シーンにおけるディカプリオよろしく、船首に二人で素っ裸のチンポ丸出し状態で立ち、「We are kink of the world!!」(正しくはking)って一緒に叫ぼうって約束したばかりじゃないか。なぜそんなにも地元に執着する?こんなんじゃこの俺はお山の大将とあざけりを受けちまうぜ。

その行き先とは韓国式の竜宮城とも呼ばれるコリアンガールズの夢の館、MIDAS。まぁ、ロビンのやつがこの話を持ってきたのは今回が初めてではない。俺が7代目を襲名して以来、ちょいちょいこのオファーを出されてきた。だがご存知のように俺の目は常に世界に向いていて、お隣近所で暴れん坊をぶる気などなかった。それにだ!なによりもMIDASでは本番がないのである。これは俺にとっては大問題。生まれついてのセメント野郎であるこの俺はもうずっとガチンコだけで生きてきた。悪いがプロレスをやるつもりはないのである。俺はまだまだ日和るつもりなどない。本番があってなんぼの男だろう。先代のマリック兄さんがMIDASをこよなく愛していたのは知っているが、それはまた別の話。十人十色という言葉があるように育三もまた十色なのだ。

先代を知らない読者のために説明すれば、マリック兄さんとはコリアンガールズをたいそう愛でた方であり、そえ故に必然的にMIDASを狂おしいほどに愛し、そのアドレスであるMarrickvilleからマリックというファーストネームを冠として頂いてしまうほどのMIDAS信者だったのである。実際にMIDASの評判は非常に高く、それ故にロビンもお勧めし続けていたわけだ。ロビンは「そう言ってる人に限って、一回行ったらMIDASにはまっちゃうんですよ」と話す。まぁ、相棒と先代がそこまで言うんだったら、一度行ってみようじゃないか。やるならもうとことん楽しまないとな。さっそく噂の竜宮城に潜入しちゃおうじゃないか。玄関の前に立って、「ノックしてもしもーし!」。

扉の中は噂以上とも言えるゴージャス感が漂う豪華な造り。アジア系では稀なパターンであり、まるで白人系H屋のような雰囲気である。MIDASはコリアン姫で占められているが実はオーナーがオージーであり、お金を惜しまぬこの洗練感も納得というわけである。ホールにあるソファに座って様子を見ていると、お客にイントロをしたり、楽しみを終えたお客を送り出したりと、コリアン姫が目の前を行ったり来たりする。ほどなくかわいい姫を発見した俺は誰かに盗られる前にその姫を指名し、好調な滑り出しで本日のお部屋へと向かう。イントロもちゃんとあるが、ここではかわいい姫を見つけたらすぐに指名したほうがいいだろう。ここが人気店だというのは本当でアジア系やオージー系のお客がひっきりなしに出入りする。好みのタイプを逃すことのないようにしてほしい。

僕のお相手のお姫は20代前半の若いJ嬢。聞けばなんとこのJ嬢、ここで働き始めてたった1週間というではないか。しかもこのお店以前に風俗の経験はないという。Pretty Much 普通の素人さんというわけだ。熟練の業師が好みである俺だが、たまにはこんな初々しい姫もいいもんだ。擦れてない感じにたまらなく萌えてしまう。最初は俺が大好きな二人揃ってのシャワー、これがいいんだよねぇ。白人さんもこんなんやってくれたらいいのになぁ。そうはいかないか。ちなみにこのお店には自慢の大きなジャグジーが存在する。実際この部屋にも小型プールのような迫力満点のバスタブが存在し、本来であれば“SPA WITH GIRL”なるものを楽しむことができる。“本来であれば”、そして90分コースを選択すればである。俺は今回もロビンに微妙にケチられ、60分コース一本勝負である。俺の無念の分も読者の皆さんには、姫と一緒のスパ天国を味わってほしい。ただ入浴するだけではなく、こんなことやあんなことまでしてくれるに違いない。ということでシャワーを終え向かったのはMAIDAS特製ベッド。顔の大きさ分の穴が開いていて、仰向けになるとちょうどそこに顔がすっぽりとはまるようになっている。完全にリラックスした状態でマッサージを受けられるというわけだ。ここは本番はないが、その代わりというか普通のマッサージのレベルが高く、しっかりと体をほぐしてくれる。

早速、姫がヌルヌルオイルを俺の体にまんべんなく伸ばしながら指圧マッサージを始めた。いわゆるファッションではない通常のマッサージである。けっこうな力をこめて隅々の部位をあっちにやったり、こっちにやったりして極めてくれる。まずは踵をとってのヒールホールド、お次は足首をとってアンクルホールドに出た。そしてそこから足を返して裏アキレス腱固めへと繋ぐ。いや、ふざけているわけではない。本当にそんな感じ。「この姫は韓国でUWFの再放送をどんだけ見てきたんだ?」というくらいの極めっぷりである。この若さで“関節技の鬼”こと藤原喜明のファンだとでもいうのであろうか。渋すぎるぜ。お次は腰を支点にして上体をググッと反らせてリバースに持ち上げた。言うまでもなく、キャメル・クラッチである。その瞬間、俺の中で韓国人とラーメンマンが完全にリンクした。俺はさしずめ怯えた表情を見せ、顔を青くするブロッケンマン。その先にあるのは、体を真っ二つに切り裂かれ、非情にもラーメンにされ食べられてしまう悲しすぎる結末のみである。姫が力を入れると、俺の背骨がコキコキと快音を立て、キャメル・クラッチは終了した。食べられることもなく、実際に味わったのは体の疲れが見事に消えていくような心地よさ。なるほど、たまにはこういうのもいいもんだ。中年男のこった体には本格マッサージが本当によく沁みる。

指圧マッサージが終わると今度は人生で初めてとなる顔面パックをしていただいた。少し時間を置いただけでも、肌がツルツルになることに新鮮な驚きを覚える。続いてはあったかいスティームタオルを二枚ほど体にかけ、上からギュッギュッっとマッサージしていただく。ああ、心地よい。俺、何しに来たんだっけ?風俗に来たんだっけ?まぁいいや、いい気分だから。この行程が終わると最後のというか、Hなマッサージへとなだれこんでいく。ミルクローションをたっぷりかけてのボディ・スライドが始まった。まだ新人さんながらだんだん固さがとれてきたのか、お尻をプリプリと振りながら、やらしさを醸し出してきた。まずはうつぶせ状態の俺の背面にぴったりと体を合わせ、前後に滑らかにネットリとスライドする。若くて美肌なコリアン姫のしなやかな肢体がローションと、そして俺の肉体と混じり合ったときに生まれる感触はもはやこの世のものとは思えないほど。いっても背中しか触られていないのにチンポが立ってきてしまった。俺の体をターンさせた姫はおっぱいを俺の目の前で行ったり来たりさせながら、正面で体を這わせる。流れるように後方を向いた姫は、今度はアスホール様とプッシー様をど迫力で俺の顔面に突きつけながら、寄せては返す。ヌルヌルグチョグチョ音を立て、あそこの二大“具”が押し寄せる様は夢見心地の快楽地獄。

トロ~ンとしてきた俺を尻目に彼女は俺のディックに集中攻撃を始める。一生懸命にお腹のあたりを使って俺のディックを攻める彼女。ぎこちなさはありながらもその様子は健気で、見ているとなんとも微笑ましい。“素股”のことはよくわかっていないようなので、俺がジャパニーズ素股の真髄を伝授してやることにした。腹でもなく股でもなく、お互いの性器をぴったりと密着させながら、ねっとりとしたローションの粘着性を活かして、ミルキーにハイ&ローさせる。これまた不慣れなぎこちなさが逆に愛らしかったりする。そんな彼女には素股を続けるのは大変そうなので、最後はオーソドックスに手コキでフィニッシュすることにした。素人っぽさでいっぱいの手コキは“伝説の拳”といったようにはいかない。しかしくどいようだがその普通の女の子感がすごくよい。最後はチンポを握るJ姫の手に上から俺の手をかざし、静と動の反復を導きながら果てた。・・・なるほど、これは確かによい。なんというか色々な意味で、そして本当の意味で心から満足させてもらえる。俺が間違っていたようだ。認めざるをえないようだな。マリック兄さん、そしてロビン、今ようやくわかったよ。掟破りのヌルヌル殺法の真髄が。風俗オイルショックの妙技を味わうまでは、シドニーを満喫したなんて言えないぜ。韓国、サイコー!

千の汚名を持つ男、ジェット育三
2008年、このヨゴレの軌跡~
1月号 エッチ四百戦無敗
2月号 ケンカH十段
3月号 日本初のプロHプレイヤー
6月号 帰ってきたハイパーHサイボーグ
7月号 20世紀発射少年
8月号 Too Shy Shy
9月号 ときに詩的なお下劣野郎
10月号 キング・オブ・シモネタ
11月号 東洋太平洋H王者(OPHF)
12月号 時計じかけのオチンポ
Midas
83 Marrickville Rd, Marrickville
45mins $125
60mins $165
90mins $255

ページトップへ