Golden Apple ゴールデンアップル | ジェットがイク!!

Golden Apple ゴールデンアップル

ゴールデンアップルでゴールデンタ~イム
皆様こんにちは。担当です。早速ですが事件です。複雑な事情で我がジェットボーイa.k.a.ジェット育三が、収容所に引っ張られてしまいました。ことの事情を察した友人兼レストランシェフのK氏、「チアーズのピンチはワシのピンチじゃ」と快く一肌脱いでくれました。感謝!!(by 担当)

Golden Apple Golden Apple

◆ベタにパツ金にしてください。

待ち合わせはキンクロ駅前。担当の頼みならばと張り切って来たのはいいものの、あまり来ないキンクロに少々びびってしまう。
「こんばんはー」気の抜けた声で登場した担当に早速現場へ連れて行ってもらう。到着した場所は、駅から徒歩2~3分。いかにもキンクロらしい佇まいだ。さすがシドニー風俗の王道。外から見るとこじんまり、しかし中に入ると4階建てのぜいたくなスペース。スパ付きの部屋など、これでもかい! というくらいに豪華な造りであり、壁にミラーが占めるスペースも、どうだ! と言わんばかりなのである。是非是非金髪美女との交尾をといったところだが。期待を胸にドアを開けると、「ハロ~」とひとりの女のコ。ム、ムムム?エ、エロカワイイやないか! めっちゃワシのタイプじゃ!! しか~し、今までに何度だまされたことか、こういうコに限ってマネージャーだったりするんだよな、と服装を見ると、ムム、いかにもポ~ンと脱げそうな(笑)姫のユニフォームを着ているではないか! こいつはもしかするとひょっとして…。このコとヤレちゃうんでしょうか!

◆なりふりかまわず食いついちゃいました!

魔女のようなマネージャーに迎えられ中へと進むと、そこはバースタイルのラウンジ。各国の美女が所狭しとリラックスしていてまさに天国です。しか~し、肝心なのはマグロ…ではなく姫君たち。白人系は意外とおばさん多かったりするんだよな~…。などとタカを括っていてゴメンなさい! マジでか!?若くてフェロモンたっぷりの美人だらけやないかぁぁぁぁぁ!! その中でもひときわエロチックな雰囲気で、オレ的にも超タイプ、ブロンドおのおのがエロい目線で誘ってくる。しかし、ワシのココロはうわの空。お出迎えしてくれた、リビング奥に控えたさっきの姫が気になって仕方が無い。背は割と小柄だが肌は透き通るように白く、出るところは出ている、これぞコンパクト・グラマー。それすなわちオレのド真ん中ストライク! ジュニアもムズムズしっぱなしてな感じで…。魔女がいろいろと店の説明をしてくれても、「ふ~ん、へ~そーなんだ~」半分も聞く耳もたずである。「ウチはシドニーでは老舗なの。女のコには自信あるわよ」確かに。あんな可愛いコがいるもんね。「オージーのコは3人、南米やスペインのノリノリの子やイングランドのワーキングホリデーまで揃っている」「昼はオージーのビジネスマン。夜は、中国人日本人の客で忙しいんだ」早くしないと他の客が来ちゃうんじゃないのか?他の客にとられたら、担当ほったらかしにして、ずっと待つか? 彼女も、もはやワシの熱い視線を感じてるらしく、目が合う度に微笑を浮かべ、髪の毛をかきあげたりしながら挑発してくる。「ところで今夜は7人出勤してるんだけど…」「あ、あのコ、あの小さくて可愛いコで行くっす!」 担当もあんぐりするほど、なりふりかまわず必死である(恥)。

◆感動のご対面部屋は清潔そのもの。

おててを繋ぎパンツを覗きながら階段を上がるとジャジャーン!! 豪華そのもの。ダブルベッドを据えてあり、スパ完備。この子とスパでいちゃいちゃを考えるだけですでに爆寸。お湯を貯め始める彼女をしり目に、一足先に裸になり、ベッドに横たわっていると鼓動が高まってきた。もはや5年くらいの風俗生活の中で、ここまでの一目惚れ状態は初めて。その記念すべき姫の名はソフィア。23歳のオージーギャルだ。服を脱ぐと期待通りのやわらかそうな大きなオッパイがプルルンと震えて登場! いや~、最高!!早く触らせてちょうだい!!!「最初はマッサージよ。うつ伏せになってくれる?そのあとスパに入りましょう」絶対にヤダッ! と強く拒否できるほど意思の強くないこのオレ…。泣く泣くうつ伏せになり、マッサージを受けることに。すると予想通り、柔らかいオッパイがオレの背中を行ったり来たり…。これをやられると気が狂いそうになるくらいジれてきて、たまらなくせつないのである。「ちょっと腰を上げてくれる?」するとエンジェルの手がオレの股間から滑り込み、ジュニアを刺激する。思わず声を上げそうなほど気持ちヨシッ! 最終的にはア◎ス丸見え状態になるほど腰を突き上げ、おねだりしてしまうほどの快感(恥)。「さあ、お待たせ(笑)。仰向けになって」待ってました、とばかりにベッドの上で1回転半(笑)。すると目の前には、待ちに待ったタワワな乳房が!とっても感動のご対面だぜ~。

◆目と目で通じ合う~

「だめよ。優しくしてね」あんまりガッツいて姫にお叱りを受けてしまいました(恥)。しかし、そのくらい我を忘れるほどに興奮するほど魅力的なバディで、ジュニアなんてもう先端濡れまくり状態。「日本人はカタいのね(笑)」ハイ、それはもうサムライなので。とってもはりきっている模様です(笑)。するといきり立つジュニアを掴み、根元からじっくりと舌を這わせ出したエンジェル。ウ~、とっても気持ち良いがオッパイが見えない…。それでも何とか揺れる乳房を見てやろうと首を上げると、そこにはエンジェルの視線が。まるで目と目で通じ合うかのように、目を見つめながらジュニアを舐め、シゴキ、深く咥えて…。その視線で「気持ちイイ?」なんて語られたら、ゴム付きなんて、そんなの関係ねえ~。油断すると少し先走りそうなくらいでございます。
出会った瞬間から感じた、彼女のフェロモンはやはりただものではなかった。とにかく舌の動きがスゴイ。蛇のように絡み付いてくる。「ねえ、私を見て、触って、そして…F××kして!」 と言うや、股間をオレの目前に広げ、腰をうねらせてくる。ディープスローに合わせて動く腰つきがエロ過ぎる。その瞬間、火が付きました! 狂ったかのようにソフィアの下半身にむさぼりつくと、激しくク○二。とうとうジュニアにも点火。「ねえ…どっちが上になるぅ?」と聞かれれば、それはもうMなので下にならせていただきます。すると期待通り、乳房がタップンタップンと、最高の眺めだぜ~! 肉体を悶えさせ、うねらせてグリングリンしているビーナス。こうなったらいろんな角度から堪能させていただきたい。今度は自ら上になり腰を持ち上げてガッツンガッツン、波打つようにパイオツがタプンタップン揺れてます。後ろに回って両手を回せば、柔らかく伸びた様子がとってもたまりません。そして最後は、一目惚れした可愛い顔が恍惚に浸る様子に興奮しながらフィニッシュ! いや~、昇天しました。とっても気持ち良かったと同時に、満足させていただきました。その後ジャグジーで甘いトークをしながらゆっくり時を過ごし、時間が終了した。

◆オススメの優良店

「女のコには自信あるのよ」の魔女の言葉通り、中には常連客からの指名でスケジュールが埋まってしまう姫もいるほどらしい。登録多数で新人も常に入店しているとのことなので、思わぬ掘り出し物を発見する可能性も大だ。ここはシドニー一の老舗、貫禄があるオススメの優良店。とにかく皆さん行ってみてください!ジェット、まさかのリデンプションセンター行きへ…。今月は急慮お願いした某レストランのシェフの方の飛び入り参加。素人同然の彼に姫の反応は。

お店のディテール
Tel: (02) 9357 2555
Open:7 Days 10:00am~3am 金髪オージー多数、イングランド多数 フル
169 Victoria St., Kings cross NSW 2011
担当
いや-今回はびびってしまいました。レペゼン・ジャパレス。この号が出る頃にはジェットはシャバに出ているとは思いますが、万が一次号もヘルプが必要ならお電話させていただきます。次回はついに10周年記念号。お見逃し無く。
感想・リクエスト待っています。
jet@cheers.com.au

ページトップへ