オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

天派占術(テンハセンジュツ)の世界へ

ラニー・チャン

03/11/10


2006年、大学四年生だった私は半年間程、オーストラリアに滞在していた。帰国後は某自動車部品メーカーに就職したが、堅苦しい日系企業に合わず、わずか9ヶ月で辞表を出した。その後、再びシドニーに戻り、はっきりとした目的もなくビジネス学校に通いながら留学エージェントでアルバイトをしていた。

こういう生活が2年間も続いたか、現状に満足できない私は、ずっと変わりたい、違う生き方がしたいと考えていた。



心の声が神様に届いたのか、偶然にも某中国系の新聞で「占術家の柴名達、弟子募集」という内容の記事を目にした。これだ!占いだ!!昔から占いが好きで、独学でタロット、人相、手相など様々な占いを勉強してきた私にとっては、これ以上の朗報はない。早速先生に電話して「是非話しを聞かせて下さい」とお願いしたら、「では家に来て、私と縁があるか占ってみよう」と言われた。つまり、占い次第で、弟子にするかどうかを考えるということだった。

ついに待ちに待った先生との対面の日がやってきた。眉毛もひげも真っ白で、チャイナ服を着ている長者を想像しながらベルを鳴らした。しかしそこに出てきたのはごく普通の背の高い、優しい顔のおじいちゃん。「意外と若い!」というのが第一印象だった。



少し世間話をして、すぐに占ってもらうことにした。その間、私の運命が決まるような、そんな緊張感で体が震えた。

そして、結果は。。。

「君とは縁がある。また、君には占術を勉強する才能がある。しかし、それ相応の覚悟をしてもらわなければならないので、厳しい条件をつけるが、それでも本気で弟子入りしたいなら、また来なさい」とのことだった。



ドキドキ、ワクワクしながら家に帰ったが、冷静になって数日間考えていた。

今後、私は本当に占術家としてやっていきたいのか、と何度も何度も自分に問いかけ、答えを出した。そして、再び先生を訪ねる決心をした。



こうして弟子入りの日を迎え、神前儀式を経て、私は柴名達(シバ メイタツ)の弟子、つまり天派占術の真の後継者となった。













PS:占いに興味のある方、気軽に連絡して下さい。









    User comments
    Comment1    ※10文字以下
    Comment4    ※8文字以下
    Comment2    ※30文字以下
    ・コメントは全角で500文字まで。
    ・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
    ・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。

    関連記事

    2012年1月月間運勢判断

    01/01/2012

    ラニー・チャン

    ねずみ年: 今月の開運キーワードは、「美食」です。健康な体に感謝し、グルメツアーに出かけましょう!...

    カルチャー

    2011年12月月間運勢判断

    01/12/2011

    ラニー・チャン

    ねずみ年: 疲れている時に、甘いデザートに頼り過ぎていませんか? 適度な糖分を取ることが大切ですが、...

    カルチャー
    Banner3
    Side girl 20200116
    Side 2

    FOLLOW US

    SNSで最新情報をゲット!

    NEWSLETTER

    メールで最新情報をゲット!

    メールを登録する

    COUPON

    オトクなクーポンをゲット!

    全てのクーポンを表示