オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

THE・間合い。




こないだ、DVDで『BAD BOYS』を見ました。


今、巷で人気急上昇の『相棒』さながらの名コンビっぷりと

キメルとこではビシっと決める感じと、裏腹の憎めなさぶりに感無量。

こういう半普遍的で、国境を越えて笑いが通じるコメディ的刑事ものは

見てて安心できるから好きです。




でも、日本映画独特の間のとりかたと、

そこで生じるちっちゃーい笑いもまた好き。

こっちにいると余計にそう感じます。

これはもう財産です。

愛想笑いが半笑いの国・ジャパン。




スケールのちっちゃい話が好きです。

台詞なのに、なぜか完璧に聞こえない微妙な感じが好きです。

(演技が下手、とかではなく、台詞自体が洗練されすぎてないのとか)

 





『茶の味』。




こういうあんまり中身がない“間”が命の作品は

挑戦的で素敵。

笑いを狙うとウケなくて、ぽかーんとした瞬間に口元がゆるむ。

昔、先生がみんなを怒ってるときに

鼻の下のホクロが気になって、笑いをかみころす感にちょっと似てる。

人生を変えるほど影響力がない感じもまた好きです。




そして『かもめ食堂』。







舞台はヘルシンキ。

唐突に食堂を開く主人公と、それをとりまくマイペースなひとたち。

時折会話のキャッチボールがぎこちなかったり、

かみ合ってなかったり。

でもそこがおもしろい。

みんな飄々としていて、何もかもがさりげない。

ファッションも家具も景観も。

最高です。

LOVE☆マリメッコ。




 




    User comments
    Comment1    ※10文字以下
    Comment4    ※8文字以下
    Comment2    ※30文字以下
    ・コメントは全角で500文字まで。
    ・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
    ・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。

    関連記事

    シドニー一時帰国決定☆

    29/11/2009

    [email protected]

    つかの間のカムバックですが。。 2010年1月20日〜24日にシドニーにもどります! つっても、...

    サブカルチャー

    ぼのぼのドタバタJapanレポ Vol.2〜アラ80の街巣鴨〜

    18/08/2009

    [email protected]

    はじめに 「ぼのぼのドタバタJapanレポート」とは、 Cheers本誌に連載されている “ほのぼの”...

    サブカルチャー
    Banner3
    Side girl 20200116
    Side 2

    FOLLOW US

    SNSで最新情報をゲット!

    NEWSLETTER

    メールで最新情報をゲット!

    メールを登録する

    COUPON

    オトクなクーポンをゲット!

    全てのクーポンを表示