オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

名古屋&シドニー姉妹 テニスクラブ プロジェクト

ひろっぺ

16/12/10


今回は「遅刻ブラックリスト」に入っているに違いない私が、締め切りよりも早く原稿を出しますのでCheersさんも驚いているはず(ウフ!)。帰国が迫っているので原稿も早めに書いているのです。日本に着いたらオフ・モードになって原稿をちゃんと書けない様な気がするのでね。…さて、最近ブログをかなり頻繁にアップするのでCheersに何を書こうか迷っちゃいますね~。「忙しいクセにいつブログ書いているわけ?」なんてよく言われますけど…私は皆さんの遊んでいる時間に働いているだけであって、皆さんがお忙しいときにかなりボ~っと…(いやっ)…リラックスしております。だからブログを書く時間は余裕であるのだ! 今だからできちゃうような人生のイベントが多いので、引退したときのために書き残しておきたいという、自己満足の世界なので、ご心配なく!



さて、もうブログを見られた方にはお分かりだと思いますが、私はテニスに関する、ある興味深いお話を頂いていたので、その頂いたお話の実現に向けて、数ヵ月前から色々と動いておりました。その名も「Nagoya & Sydney Sister Tennis Club Project」。来年創立100周年を迎えようとする名古屋ローンテニスクラブの方々が姉妹テニスクラブ候補を探されていたところ、色々な経由を得て私の元に問い合わせがあったのでした。このお話を頂いたあとに、とりあえずは名古屋ローンテニスクラブの方が私の勤めるJensen's Tennis Centreに来てくださることになりましたので、私も両テニスクラブの仲介役を務めることになったわけです。



その準備でバタバタしていると、Sydney City Councilが Jensen's Tennis Centreに今の活動内容についてのプレゼンテーションをしてくださいと、依頼してきました。それではと、スタッフほぼ全員でタウンホールの建物にはせ参じたのは良いのですが、いざ案内されたお部屋に入ると異様な雰囲気が…き、緊張…(汗)。私は、「座ってるだけでいいから」と言われて何の心の準備もせずに、(建物見物のつもりで)カメラを持って行ったのに、座っているだけでも息が詰まりそうな緊迫感…。な、なんなのこの雰囲気は…(冷汗)。



スーツを着たボスのPatrickがMC(司会)をしてプレゼンテーションは進んでいったのですが、私が仕切っている活動が多かったので、何かと話を振られて大変! スピーチみたいなこともさせられて気絶しそうでした。私はテニスコート上では、「鬼のごとく」…と表現されることもありますが(怒!)、建物の中で人前に立って発言するのがもの凄く苦手なのです。日本語ならともかく、英語でスピーチなんてありえ~ん! スピーチが終わった後は噴火せんが如くの赤面になっちゃって、持っていたタオルで顔をパタパタと仰いでいました…(恥)。まあ…恥をかいた甲斐があり、City Councilの方々が私の「Nagoya & Sydney Sister Tennis Club Project」にとても関心を持ってくれたようなので、結果オーライなのですけどね…。



それにしても、この「あがり症」何とかなんないかな…(涙)。1時間だったはずのプレゼンテーションが、何かと議論に熱が入ったりして3時間となっちゃったのですが、私はあまりにも難しい英単語が続くので何がなにやら分からず、難しい顔で見守ることしかできなかったわけです。きつい顔をしているのでこの緊張してあがった状態がムチャクチャ無愛想な人に見えてしまうのではないかとハラハラ。でも、「さよならの挨拶」の時点で、何人かが私の元に来てニコッ! 「へ?」 なんなんですか…? 「ひょっとして、あなたの活動は名古屋とSydneyの姉妹都市のことに関連している?」と、聞かれ、「あら、ご存知だったんですね!」な~んて、私もやっとここまできて緊張の糸がほどけて笑顔が作れたわけです。彼らの予想は的中、このお話は「名古屋とシドニーが姉妹都市なので」と出たお話です。ちょっと、打ち解けてお話ができて良かったぁぁぁ。あのままだったら、かなり「印象の悪い日本人テニスコーチ」と思われるところでした。



そして、11月半ばに名古屋ローンテニスクラブの加藤さん、鮒谷さんが来豪されました。滞在期間中には、我らJensen's Tennis Centreとの交流だけでなく、Tennis NSWの幹部の方とのちょっとした交流も実現しちゃいました。その模様は…私のブログの11月12日から17日までの日記をご覧いただくのがベストでしょう。ふざけて書き過ぎたかしら…(笑)…なんて心配しながらご本人たちからは了解を得ていますので、訂正しない私でした。次の日本からのお客様は東北から派遣されてくる13歳の男の子です。こちらのジュニアと多く交流できるようにやってみようと思います。







さて、私の活動の話はここまでとして…皆さんの1月のテニス観戦プランはボチボチ出来上がっていますか? シドニー・オリンピックパークでの全豪オープンの前哨戦、シドニーにいるからには観戦に行ってください。私は去年、伊達公子さんがここシドニーで大健闘されたので、またこの大会に出場されるのではないかと思っています。テニス観戦に行かれたことのない方も、お気軽に観戦に向ってくださいませ。全豪オープンもその後に続きますが、「チケットを取ってないので無理だ」とあきらめている方、それは間違っている! グランドパス(入場券)は当日会場でも取れるのです。今からでも遅くないので、とりあえずアコモデーションを確保して、会場に行ったら良いのです!



ほぼ毎年観戦に出かけている私はブログもその時によくアップしていますので、興味のある方は今年の1月半ばに書いた私のブログをご覧ください。テニス観戦、絶対楽しいですから!





    User comments
    Comment1    ※10文字以下
    Comment4    ※8文字以下
    Comment2    ※30文字以下
    ・コメントは全角で500文字まで。
    ・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
    ・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。

    関連記事

    シドニーのテニス大イベント 「Apia International」

    20/12/2011

    ひろっぺ

    皆さん、私が原稿を書いている今は、雨続きで気がおかしくなりそうな時期なんです。5日も雨でレッスンが流れるって…...

    スポーツ

    年末年始のテニス観戦情報

    06/12/2011

    ひろっぺ

    皆さん、オーストラリアにもテニスシーズンが到来しましたね。同時に日焼け防止シーズンが本格化してきました。...

    スポーツ
    Banner3
    Side 2

    FOLLOW US

    SNSで最新情報をゲット!

    NEWSLETTER

    メールで最新情報をゲット!

    メールを登録する