オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

お前は死ねばよかったんだ

えんどろふぃん

03/03/11


 --- だからお前は死ねばよかったんだ
なぜ戻ってきた!?---





12年前の事故退院後、父親に言われた言葉がずっと頭の中で木霊する。

Sydneyに来て数年。



ある意味、日本から逃げてきた。。。のか?

いや違う、俺の知らない大きな世界に会いに来た。

日本は狭すぎる。価値観、すべてが。。。



たとえ日本はすべてにおいて世界最高だろうが、

それは同時に世界最悪でもある。。。。。。?





Sydneyでは毎日が最高に充実している。(横浜・東京で生活してた時よりは)

世界中の人間に会い、新しいことを学び、新しい驚きが今だに毎日ある。。。





Sydneyに居る間、とても多くのことを学んだ。

Certificate取れたものもあれば取れなかったのもある。



部屋を片付けながら過去数年間の苦労の蓄積のノート、資料を処分する。

同時に当時、一緒に住み、学び、そして働き、生活を共にした彼女を思い出す。









彼女が日本に帰って約2年。

彼女と一緒に暮らしながら同じ場所で一日10時間~20時間 一緒に働き始めたのは約3年前。

彼女と出会ったのは7年前。



ほぼ5年一緒だった。

Sydneyに滞在し、勉強を続ける為には彼女は俺が必要だった。



それは彼氏としてではなく

Guardianとして。

将来のパートナーとして俺はつき合っているつもりだった。



2年前、彼女は国に帰った。

そして半年前、彼女は俺をKick OutしにSydneyに帰ってきた。





俺は理由もわかないまま

彼女の発言で共通の親友を怒らせた。

そして俺は親友からもKickOutされた。





2年前、彼女が国に帰ってから、毎日彼女のことを思い出す。

半年前、親友にKickOutされてから、毎日思い出す人物に親友も加わわる。



毎日、7年前に彼女と会ったころから2年前別れるまでのいろんな2人の風景を思い出す。

最後に彼女に会ったときは徹底的に彼女は俺の発言行動を歪曲して判断し、何も俺の真意をわかろうとしなかった。

嫌、わかってはいけなかった。



きちんと彼女は俺と絶縁する為に。







何であれ、すべては俺自身の過去からの言動の結果。

それもまた、親友が俺をKickOutする最大の理由。

何を言ったがわからないが、彼女の発言は単なるTriggerにしか過ぎなかったのだろう。



過去、多量の時間、お金と労力をかけて苦労して学んだノートを眺めがら

結局Certificateを取れなかった不甲斐無い最悪の自分を考えながら

大量の資料、ノートを捨てながら彼女と共に学んだ親友を考えながら



頭の中でRepeatingする





--- やっぱりお前は死ねばよかったんだ!

なぜ戻ってきた!?---
























































 

    User comments
    Comment1    ※10文字以下
    Comment4    ※8文字以下
    Comment2    ※30文字以下
    ・コメントは全角で500文字まで。
    ・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
    ・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。

    関連記事

    お前は死ねばよかったんだ

    03/03/2011

    えんどろふぃん

    --- だからお前は死ねばよかったんだ なぜ戻ってきた!?--- 12年前の事故退院後、...

    学ぶ・留学する

    It's a TIME。

    13/10/2009

    えんどろふぃん

    学者、科学者、政治家、神学者のエマニュエル・スエッデンボルグは自分の死ぬときを知っていた。...

    学ぶ・留学する
    Banner3
    Side 2

    FOLLOW US

    SNSで最新情報をゲット!

    NEWSLETTER

    メールで最新情報をゲット!

    メールを登録する