オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

コスプレの話。

cheers編集部

06/07/11


予告通り前回のブログ見直して後悔中です

文章書くの苦手ですよ




まりっぺが月曜日書けなかった(だってサプライズの話を先に書いたらサプライズになりませんよね)のでともかさんが一日ずれて、こんな時間(現在23:57)にブログ書いてます。眠いよ。




さて、そろそろ入稿&次のチアーズの発行が近づいてきました。

時間の流れって早いですね!




毎月、基本的にアート部でこんな感じで仕事してます。


配達(15日ごろ)→広告作業&取材(~月はじめ頃)→記事のレイアウト→校正から戻ってきた記事・広告の直し、紙面のページを作成して印刷所に入稿(~12日ぐらいまで)




予定通りなら12日に全部終わるはずなんですが、締め切りまでに原稿が届かなくて押したり、レイアウトが間に合わなかったり、急な差し替えがあったりと色々あって13日・14日になることも多いです。


 


個人的には、今月16日にシドニーの数少ないコスプレイベントがあるので、少なくとも14日には終わってほしいなぁと思っています…。




チアーズ2010年9月号でもイベントレポートが載ったSMASH (http://www.smash.org.au/)が今年も開催されるんです。

昨年はタウンホールでの開催だったのですが、今年はダーリンハーバーのコンベンションセンター。会場の規模が大きくなる分、去年よりも内容が濃くなりそうで今から楽しみです。


 


日本のコスプレイベントもダンスパーティがあったり、コスプレ専用のスタジオで撮影会があったりして面白いのですが、写真撮られるのを嫌がる人も多いんです。衣装着てるだけで楽しい・知り合い以外に撮られるのは嫌だっていうのもあるみたいです。




反面、オージーレイヤーはすごくノリノリです。何か別のことをしていても「ひと段落したら撮らせてもらいたいんだけど」と声をかけたら「いいよいいよ! 今とりなよ!」とポーズ決めてくれたり、「ここよりもそっちの階段の方が雰囲気出るでしょ、そっち行こうよ!」と自ら進んで移動してくれたりw イベント内でも「Cosplay」「Comiket」なんて和製英語が普通に使われてます。




もちろん日本のレイヤーさんがみんな気難しいわけでも、オージーがみんなフレンドリーなわけでもないんですが、根底に「オタク趣味はあんまり大ぴらにするものではない」という固定観念みたいなものがある分だけ、日本の方が閉鎖的になってしまうのかなと思います。




いわゆる隠れオタクがオーストラリア人にいなくて、日本人に多いのもそれが理由なんでしょうね。私がこちらで通っていた学校がアート系だったからというのもあるのですが、見た目B-Boyなのに休み時間中教室でナルトやデスノートのアニメ見たり、さわやか系イケメンたちがDS持ち寄ってゲームしたりしてましたし。




ワンピースがブームになったりして、最近は「アニメ見るよーゲームするよー」というのも(話題によっては)カミングアウトしやすくなってきたようですが、日本発のサブカルチャーなので趣味の一つとしてもっとポジティブに受け止められるようになってほしいですね。




たそでした。


    User comments
    Comment1    ※10文字以下
    Comment4    ※8文字以下
    Comment2    ※30文字以下
    ・コメントは全角で500文字まで。
    ・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
    ・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。

    関連記事

    ともか:アートってやつは・・・。

    05/08/2011

    cheers編集部

    またまたペンタブレットをオフィスに忘れまして、 自宅からの手書きイラスト(マッキー使用)で失礼いたします。...

    サブカルチャー

    コスプレの話。

    06/07/2011

    cheers編集部

    予告通り前回のブログ見直して後悔中です 文章書くの苦手ですよ...

    サブカルチャー
    Banner3
    Side 2

    FOLLOW US

    SNSで最新情報をゲット!

    NEWSLETTER

    メールで最新情報をゲット!

    メールを登録する