オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

たこ焼きのポテンシャルとお詫び usk

cheers編集部

31/07/11









今日はいつもお世話になっている友達&「水泳魂」コラムニストの



リョウさんカナちゃんファミリー宅へ遊びに行きました。

 

娘と歳の近いシドニー君とスカイちゃんは、



チアーズ紙面で好評だった変顔コンテストを



次元の違いを見せつけ優勝した実力を持っている双子。



 

この日も生変顔をご披露してくれました。

 

 

 

 

「オシッコして気持ちいいの顔」

 

 


先日も振り返ると両鼻にアーモンドを詰めてどや顔をして、



すでに大人の感情をもてあそぶ



今をときめく3歳娘。 今後要チェックや。

 

 

 

広―いお庭で野球をしたり、サッカーをしたり、バレーをしたり、トランポリンをしたり。

 

子供が汗をかき遊び回る中、大人はビールを飲みながらのんびり語らうという

 

オーストラリアならではの週末を楽しんだわけです。

 

 


 

お昼の時間になり、この日にカナさんがもてなしてくれたのが「たこ焼き」。

 

さすが関西出身のふたり、人生において笑いとタコ焼きに対してのプライオリティが高い。

 

 

目の前で手際よく上手にタコ焼きを作ってくれたのですが、これがま――――――美味しい!

 

マ――――――ジでクオリティ高かったです!!

 

 

 

その魅力に魅せられ、うずうずしてきた僕は





「ちょちょちょちょ、ちょっとだけやらせてください」



 

さっそく人生初のたこ焼きに挑戦させてもらうことに



 

 

これがなかなか難しかったんです。

 

 

 

 

 

 

普段何気なく食べていたこのタコ焼きですが

 

この円形で3Dの鉄板が、、、酔っ払っているせいか





なんかムチャクチャカッコいいと感じました。



 

 

 

普通料理は平べったい鉄板やコンロの上で焼くといったのが主流なのに対し

 

このタコ焼き焼き器?タコ焼き器?は球状の鉄板。

 



3Dの感じがどこか次世代な気分。



 

 

そして、腕を挙げれば上げるほど、きれいな球体に近づくと言う匠(たくみ)感、

 

アートを感じさせる調理方法にどっぷりハマりました。

 

 

 

もっと作りたい

 

 

 

もっと練習したい

 

 

 

挑戦と挫折を繰り返し

 

 

 

それでも練習を重ね



 

 

技を磨き

 

 

 

カナ師匠ほどには至らないけど

結構きれいな球体に仕上がったころ

 

 

 

 



僕は尋常じゃないほどの数のたこ焼きを

 

口に運んでいました、、、(●´ Д`○)ドーン

 

 

 

たこ焼きのように美しい弧を描いたお腹の上に



お土産のたこ焼きのハコを乗せ

 

嫁の運転にコロコロ揺られ



子供とうたた寝をしながら



夕暮れ時を家路に向かうと





何気ない週末を



こうして笑顔で過ごせることだけで

 

実はすごく幸せなことなんだなあと

 

しみじみ感じる一方で













たこ焼き調理を横取りし



そのうえ飲んだくれ



食い倒れ



帰りは嫁の運転で



挙句に寝ると言う



なかなかのダメ亭主だなとも



実感しました。





以後気をつけます。



    User comments
    Comment1    ※10文字以下
    Comment4    ※8文字以下
    Comment2    ※30文字以下
    ・コメントは全角で500文字まで。
    ・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
    ・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。

    関連記事

    たこ焼きのポテンシャルとお詫び usk

    31/07/2011

    cheers編集部

    今日はいつもお世話になっている友達&「水泳魂」コラムニストの...

    料理
    Banner3
    Side girl 20200116
    Side 2

    FOLLOW US

    SNSで最新情報をゲット!

    NEWSLETTER

    メールで最新情報をゲット!

    メールを登録する

    COUPON

    オトクなクーポンをゲット!

    全てのクーポンを表示