オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

Mudgeeワイン・ショーで…!?

ソムリエK隊員

21/09/12





 




今月の一本

Silken Thead 2009 Petit Verdot





 先月はSydney近辺で毎年開催されているNSWはMudgee地方のWine Tasting Showに行ってきました。私も何度か足を運んだイベントで近年はBalmoral BeachやDrummoyneのBirkenheadなどで開催されていましたが、今年は昨年に引き続き「The Pyrmont Festival of Wine Food & Art《イベントと共催でPyrmont Point Parkで5月20日(日)の日中に行われました。ワインばかりでなくMudgee地方の農産物や絵画なども出展された見本市みたいな感じですね。その中で気に入った所を2つほど。





ここはMudgeeに行くといつも私が寄る所のひとつです。これまでも色々と思い出があって、最初に訪れたときは折角Sydneyから3時間半以上かけて車で来たのに朝10時半になっても閉まっていて、がっかりして帰ろうとしたら土埃を上げてトラックで駆け付けてきたのが写真の彼、マネージャーのJamie Hudson氏だったり。また別のときは他の常連客が何か頼んだら、豪州ではない(命吊できない)はずのシャンパンが机の下から出てきてビックリしたり、飼っている黒い犬が一緒に行った仲間の奥さんを特にお気に召したようでベロベロ舐め倒したりとか…。 そんなPetersonsは、白も赤ワインもテイスティングするものすべて標準以上の品質でどれも楽しめますから、現地に行ったら財布の紐をしっかり締めないとまずいことになるかも。(^^;



ここは私もこれまで知らなかった所で、実際最初のワインリリースが2010年だそうです。それも赤しか造っておらず、シラーズとカベルネ・ソーヴィニヨン(CS)、それとプチベルドの3種だけで当日も2010年のCSと2009と2010のプチベルドしかテイスティングできませんでした。ちなみにプチベルドとは仏ボルドー産の葡萄で普通はブレンド物に使われますが、豪州では単品種でも造られます。



こんな新規の小さなファミリー・ワイナリーで価格も$20台の手頃なものばかりでしたが、その味わいはどれも滑らかだけれどもしっかり後味が残る逸品でした。ドライ気味なミドル・ボディでラム肉料理などにもピッタリな3種とも甲乙付け難いのですが熟成度が高かったので2009年のプチベルドが今月の一本! 加えて言えば、Quiltyだけにクオリティが高い…え~、マッジー!?(って永遠の定番オヤジギャグが聞こえてきそうですが…(^^;) 

 



    User comments
    Comment1    ※10文字以下
    Comment4    ※8文字以下
    Comment2    ※30文字以下
    ・コメントは全角で500文字まで。
    ・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
    ・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。

    関連記事

    52杯目 生々試飲会!? (やっぱりお米が大事!)

    19/08/2013

    ソムリエK隊員

    52杯目 生々試飲会!? (やっぱりお米が大事!) ...

    ワイン・お酒

    51杯目 新潟酒事情(魚沼編)

    26/06/2013

    ソムリエK隊員

    51杯目 新潟酒事情(魚沼編) 東北から新潟へ、3月でも雪深い南魚沼の酒蔵をふたつご紹介。...

    ワイン・お酒
    Banner3
    Side 2

    FOLLOW US

    SNSで最新情報をゲット!

    NEWSLETTER

    メールで最新情報をゲット!

    メールを登録する